社長が発表した会社の目標を、社員が「我々の目標」と自分事にするにはどうすれば良いのか?

会社都合の経営計画では社員は自分事にならない

新年度を控え、経営計画を発表した企業も多いと思います。
混乱した時期ですが、社長からすれば新年度の初日から良いスタートが切れるように頑張って作成したと思います。
「社長が計画をつくる」→「社員に伝える」→「実行する」
とても簡単なプロセスですが、僕は、このプロセスに変わる新しいものが必要だと考えています。
その理由はこのプロセスだと、どうしても会社都合になり社員さんが自分事と捉えないからです。

その証拠に、多くの場合、社員さんは口には出さないが内心こう思っています。
「社長にはできるだけ低い目標を出して欲しい」と。
僕だったらそう思う。
高い目標を言われると大変になると思うから。

自分事にならない原因は「入り口」が会社都合だからです。
多くの経営計画書は1ページ目から会社のことばかりが書かれています。
終盤に社員の福利厚生などが登場しますが、それはオマケみたいな扱いです。

僕は、入り口を変える必要があると考えています。
僕は自分の会社で入り口を改善し、嘘のようにやりやすくなりました。

入り口とは何か?
それは、社長も社員さんも望むこと…「統合された望み」からスタートすることだと考えています。

その1つが賃金です。
計画が成就した暁に、社員さんの賃金がどうなるかが書かれている計画書は稀だと思います。
「利益は相応に還元する」といったような抽象的な表記も目立ちます。
なぜ書かれないかというと、業績と連動した賃金制度がないから、怖くて書けないのです。
社長だって悪人ではない、儲かったらその分、社員に賞与を支給したいと思っています。
しかし一度、前例をつくるとそれが標準になるから怖くてできないのです。

仕組みを創る、そして仕組みを大いに活用して組織に活力を吹き込むことが大切だと思っています。

会社と社員の望みが統合された目標値を決め共創で実現する

目標に対する望みを統合させるためには、目標値の策定に社員さんに関わってもらうことがベストです。
しかし、「そんな事をしたら低い目標になってしまう」と心配される方もいます。

そんな事はありません。

それは、目標値を立てる際に、「社員さんの賃金総額をいくら増やすか?」から考えるのです。
「社員のヤル気と自発性を高める目標設定はこうして決める」

この記事の事例で言えば、例えば、総額(全員の合計)で500万円増やしたいと考えた場合、会社の売上総利益の目標額は108,333,333円になります。
原価(変動費)を加えれば売上目標が立ちます。

これが晴れて達成された場合、社員さんには希望通り500万円が入りますし、経常利益は330万円になります。
この皮算用で社長も社員さんもOKなら決まりです。
どちらかが「足りない」と言った場合、自動的に目標値が上がります。
利害が一致してるでしょ?
自分事になるとはこういうことです。

ただし、目標値を達成するためには共創・協働が欠かせません。
今は知恵の時代ですので「三人寄れば文殊の知恵」が起きるような環境を整えることが大切。
それを阻害する要因が、社内に勝ち負けが発生する成果主義賃金制度です。
成果主義では、助けたことで仲間の成績が上がると、相対的に自分が下る可能性があります。
全員の望みが分離してしまいます。

それなら「仲間を助けたか」という評価項目を入れれば良いじゃん、となりがちですが、上手くいかなと思います。
上手に「助けたフリ」をする社員が出ますし、そもそも複雑になります。

成功報酬(インセンティブ)も同じような事態に陥る危険性があります。

会社と社員の望みが統合された目標値を決めるだけではダメ、共創でその目標を達成するような運営が求められると考えます。

それでは今日も素敵な1日をお過ごしください。

【4/22に久しぶりに大阪で賃金セミナーを行います】

制度とともに共創が起きる運用をゲームを通じ体験学習することができます!
詳しくは、下のバナーをチェックして下さい。

指示ゼロ経営フルトレーニングセミナー

指示ゼロ経営のすべてを学べる、導入のための必須セミナーです。
理論とともに、4種類の体験ワークで指示ゼロ経営を身体知化します。

指示ゼロ経営「賃金セミナー」

組織の創造性と自律性が高まる賃金制度構築セミナー
賃金が「最高のチームワーク」と「内発的なモチベーション」の柱になる、そんな新しい制度です。
賃金制度が組織に与える影響をゲームで体験します。

共創力セミナー

新人〜中堅社員のための共創力育成研修

「共創・協働をすれば成果が出る。しないと損をする」…これを体験することで職場での行動が変わります。


指示ゼロ経営フルトレーニングセミナー

指示ゼロ経営のすべてを学べる、導入のための必須セミナーです。
理論とともに、4種類の体験ワークで指示ゼロ経営を身体知化します。

指示ゼロ経営「賃金セミナー」

組織の創造性と自律性が高まる賃金制度構築セミナー
賃金が「最高のチームワーク」と「内発的なモチベーション」の柱になる、そんな新しい制度です。
賃金制度が組織に与える影響をゲームで体験します。

共創力セミナー

新人〜中堅社員のための共創力育成研修

「共創・協働をすれば成果が出る。しないと損をする」…これを体験することで職場での行動が変わります。

指示ゼロ経営の全体像を知りたい方へ

指示ゼロ経営の全体について知りたい方は本、または有料動画がオススメです。

著 書

指示ゼロ経営 リーダーが『何もしない』とうまくいく。
amazonで好評発売中。

有料動画

110分で 指示ゼロ経営 の全体像が分かる有料動画。
こちらでお買い求めいただけます。

指示ゼロ有料動画

セミナー

指示ゼロ経営に関するセミナー情報

今後開催のセミナー

指示ゼロ経営(自律型組織)を体感できる体験型セミナーです。
まずはフルトレーニングセミナーで指示ゼロ経営について理解を深めていただくのがオススメですが、
それ以外の「賃金セミナー」や「採用術セミナー」からも受講いただけます。

指示ゼロ経営フルトレーニングセミナー

指示ゼロ経営のすべてを学べる、導入のための必須セミナーです。
理論とともに、4種類の体験ワークで指示ゼロ経営を身体知化します。

指示ゼロ経営「賃金セミナー」

組織の創造性と自律性が高まる賃金制度構築セミナー
賃金が「最高のチームワーク」と「内発的なモチベーション」の柱になる、そんな新しい制度です。
賃金制度が組織に与える影響をゲームで体験します。

共創力セミナー

新人〜中堅社員のための共創力育成研修

「共創・協働をすれば成果が出る。しないと損をする」…これを体験することで職場での行動が変わります。

脱人材不足!自発的な人材が集まる

採用術セミナー

指示ゼロ経営の採用セミナーは、単に人をたくさん集めるものではありません。

「働きがいを求める人材を多く集める」→「採用試験で自発性と成果意識が高い人材を見極める」→「既存の社員も育つ」
この一連のプロセスを通じ組織の底上げを狙います。
セミナーでは僕の長年に渡る試行錯誤の上、研究・実践したノウハウをすべて共有いたします。

小さくて知名度が低い会社でも、夢のあるところには優秀な人が集まる!

自社のビジョン、夢に共感して集まる人は「生き甲斐」「やり甲斐」を求める人です。
そういう人は入社してからがスタートです。自発的なヤル気を最初から備えているので、活躍の場さえあれば何もしなくてもモチベーションが維持されます。

そのためには、求人には現在のことではなく未来を書くことです。
しかも想いのこもったものです。想いがこもった未来が「志」です。
共感者と出会うには、求人にそれを書くことが何よりも大切です。

受講のポイント

採用試験で、自発性、成果意識、コミュニケーション力を見定める

中小企業であっても採用試験は欠かせません。「えいや!」で採ってしまうと後で後悔することになります。
そもそも持っていない能力は「出せ」と言っても出ません。
採用試験ではグループディスカッションを通じ、主体性、成果意識、コミュニケーション力を見定めます。

求人広告には『相手が知りたいことを全部書く』

求人広告が雑すぎるケースが多いと感じています。
「雑」というのは「求職者の気持ちを考えていない、求職者が知りたい事が書かれていない、あるいは、ちゃんとした情報量で書かれていない」ということです。
例えば、よく「社員、随時募集」と掲げている会社をよく目にします。
広告ではなく看板を会社にドーンと出しているところもありますよね?
あれって見た人は何を感じるでしょうか?
「よほど離職率が高いんだろうな〜」って思いますよね?

採用から新人の育成までを、既存社員に関わってもらう

人は自分が関わったことを「自分事」と捉えます。
採用に関わり、自分の言葉で「ウチはこういう人材を求めている」と口にすることで、自らがそういう人材に成長します。
作用活動を通じ、組織の底上げを図ることが出来ます。

こんな方にオススメします

  • 人手不足に陥っている
  • 欲しい人材が集まらない
  • 面接で人を見抜けない
  • せっかく採用しても古参社員(古くからいる社員)の影響を受けてしまう

体験を通じ、こんな変化が生まれます。

説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文

セミナーの内容

1、
2、
3、
3、
4、
5、
6、

是非、社員さん(部下)と一緒にご参加ください。

「採用から新人の育成までを、既存社員に関わってもらう」という趣旨があります。
採用活動を通じ、全員参加でチーム力を上げることを狙いますので、是非社員さんご同伴でご参加ください。
勿論、社長様お一人でのご参加も大歓迎です。

受講者の声

 

 

参加してよかった!

参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声。

 

 

参加してよかった!

参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声。

 

 

参加してよかった!

参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声。

セミナー会場:場所

開催日  2000年00月00日(??)
時 間  00:00〜00:00(開場 00:00)
会 場  会場名・住所
講 師  米澤晋也 http://www.shijizero.jp/
定 員  00名
参加費  00,000円(税別)

会場へのアクセス
?????????

お申し込みはこちら

※フォームの変更に注意※

上記内容でよろしければ、「参加申込みボタン」をクリックしてください。
下記ボタンをクリックすると申込みが完了します(確認画面はありません)

組織の自律性と創造性を高める

賃金・賞与の決め方セミナー

大好評につき、再び開催です。

経営者だけでなくスタッフさんと参加されると効果的です。
なぜなら、社員さんにとっても魅力的な制度なので、制度導入の推進力になってくれるからです。

※お申込みは記事、一番下のフォームよりお願いします!

指示ゼロ経営式・賃金制度の特徴とは

■儲かったらその分、賃金に反映される…しかも、それが制度化されていてみんなが納得するオープンな制度である
■社員の賃金が増えるだけでなく会社も儲かる
■制度を活用して「いくら欲しいか?」から業績を決め、社員も会社も潤う制度をベースに、みんなで力を合わせ仕事をたくらみ成果を手にする。
■社員同士に「競争」ではなく「共創」「協働」が生まれるもの…共有された目的・目標に向かい自分たちで自発的に考え判断し行動する指示ゼロ的チームワークが生まれるもの。

「制度が集団を育てる」…今の時代に合った制度構築が必要だと考えます。
賃金制度は組織の自律性と創造性を支える柱です。

どんな賃金制度が理想なのか?

小さな会社では賃金制度自体がないケースもあります。
よく「儲かったらその分、社員に還元する」という社長がいますが、どれだけ儲かったらどれだけ還元されるか?が分からないのは気持ち悪いと思います。
社長の胸三寸で初任給や賞与、昇給が決まる…そんな状態では社員は納得して働けず、自発性も創造性も出ません。
ところが次の2つ目の状態よりはマシだと考えています。

これまでずっと、多くの企業がアメとムチの使い分けで社員をコントロールしてきました。
「やったらあげる、やらないヤツは減らす、あるいはあまり増やさいないぞ」というもの。
しかし、それは単純作業には有効でしたが、創造性の要る仕事には逆効果であることが分かっています。
活動量が成果に直結する時代の遺産なのです。
また、この場合、売上や利益目標を社長が決め、下に割り振るスタイルになるので社員からすれば「できるだけ低い目標」を歓迎するようになります。

20年ほど前、「勝ち組、負け組」という言葉が流行った時期に、弊社では成果主義型の賃金体系を導入し大失敗した経験があります。
限られた原資(パイ)をやった人とそうでない人で差をつけ分配すれば競争原理が働き社員が頑張ると思ったのです。
しかし結果は、惨たんたるものでした。
創造のために必要なチームワークは破壊され、1人1人は頑張っているのに全体の成果は出ないし、社員の中に評価の公平性に対する不満が噴出しました。
昨年からマイクロソフト社も個別評価をチーム単位での評価に変えましたが同じ狙いだと思います。

社員さんが社長とともに目標賃金総額(いくら増やしたいか)を決め、そこから「最低目標」と「最高目標」(売上総利益)が自動計算される方法が、弊社が提唱する自律型賃金制度です。
社員さんが獲得のために経営者と同じ意識で取り組むことで、実現可能性が高まります。
社員さんの賃金が増えるだけでなく、会社の経常利益も増える仕組みになっています。

こんな方にオススメします

  • 説明文
  • 説明文
  • 説明文
  • 説明文
  • 説明文

もし、次のようなやり方をしていたら改善が必要です。

◆賞与や昇給額を決めるのに何度も考えやり直している
◆社員さんが給与と賞与の算出根拠を知らない
◆基本給の他に「◯◯手当」といった成功報酬型の手当がついている
◆業績に関係なく賞与が支給されている
◆社長が社員1人1人を個別評価して、それを賞与、昇給に反映させる成果主義をとっている
◆初任給が30万、25万と大雑把な数字になっている
◆新入社員が入るたびに初任給が変わる

セミナーの内容

1、アメとムチの使い分けは社員の自発性と創造性を破壊する
2、指示ゼロ経営を支える賃金制度
3、給与と賞与の算出根拠を明らかにする
4、等級別、号別の「本給月額表」
5、賞与の原資(パイ)を最適に分配する「賞与分配計算シート」
6、社員がたくらむ賃金制度とは?
7、仕事の評価をどのように行うべきか?

以上の内容を、ゲームを通じ、賃金をもらう心境を体感しながら学んでいきます。
体感を通じ学ぶ理由は、自律型賃金制度がチームワークを高めることを肌で感じていただきたいからです。制度だけを学んでも自律型組織にはなりません。
目指すのは制度の導入ではなく、燃える集団を実現することです。

参加特典

参加特典を2つ用意しました。

1、初任給と昇給の根拠となる「本給月額表」(エクセルデータ)

2、賞与の分配をスムーズに行う「賞与分配計算シート」(エクセルデータ)

受講者の声

 

 

参加してよかった!

参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声。

 

 

参加してよかった!

参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声。

 

 

参加してよかった!

参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声。

セミナー会場:場所

開催日  2020年1月8日(水)
時 間  13:00〜18:30(開場 12:30)
会 場  スワロースポーツ様 会議室 〒176-0001 東京都練馬区練馬4-15-11城南内田ビル5F
講 師  米澤晋也 http://www.shijizero.jp/
定 員  18名
参加費  35,200円(税別)※事前のお振込をお願いしております(振込先は下記に記載)。

会場へのアクセス
遊園地としまえん前 豊島園駅から徒歩1分

振込先
口座は、八十二銀行 辰野支店 普通 535075
株式会社Tao and Knowledge(タオ アンド ナレッジ)

キャンセルについて
キャンセル料は特にかかりません。

お申込方法
下記申し込みフォームよりお願いします。
お申し込み後、すぐに返信メールが行きます。メールが届かない場合お手数ですが下記メールアドレスまでご連絡下さい。
kwd.shinya@gmail.com

お申し込みはこちら

上記内容でよろしければ、「参加申込みボタン」をクリックしてください。
下記ボタンをクリックすると申込みが完了します(確認画面はありません)

サブ見出しサブ見出しサブ見出しサブ見出し

セミナータイトルセミナータイトル

コピーコピーコピーコピーコピーコピーコピーコピー

説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文
説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文

コピーコピーコピーコピーコピーコピー

説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文

受講のポイント

説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文

説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文

説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文

こんな方にオススメします

  • 説明文
  • 説明文
  • 説明文
  • 説明文
  • 説明文

体験を通じ、こんな変化が生まれます。

説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文

セミナーの内容

1、
2、
3、
3、
4、
5、
6、

受講者には上司、社長にセミナーでの気付きを報告していただきます。

研修効果は、研修前の上司の関わりで大きく変わります。
研修前に上司(社長)から「行ってらっしゃいカード」を受講者に渡していただきます。
応援や期待の気持ちを伝えることで、本人の受講意欲と学習効果が高まりまり行動変容に繋がります。
受講者は当日、共創の職場にするために自分にできる具体的な行動をリストアップします。研修終了後に、それを上司に報告していただきます。

受講者の声

 

 

参加してよかった!

参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声。

 

 

参加してよかった!

参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声。

 

 

参加してよかった!

参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声。

セミナー会場:場所

開催日  2000年00月00日(??)
時 間  00:00〜00:00(開場 00:00)
会 場  会場名・住所
講 師  米澤晋也 http://www.shijizero.jp/
定 員  00名
参加費  00,000円(税別)

会場へのアクセス
?????????

お申し込みはこちら

※フォームの変更に注意※

上記内容でよろしければ、「参加申込みボタン」をクリックしてください。
下記ボタンをクリックすると申込みが完了します(確認画面はありません)

新人〜中堅社員のための

共創力育成セミナー

12月16日(月)大阪開催

「共創・協働すれば成果が出る、しないと損をする」

これをゲームで体験し、共創ができる職場にするために「自分は何をするか?」を考えるセミナーです。
これまで商工会議所などで開催し、非常に好評をいただいている研修です。

時代は「競争」から「共創」へ

共創すれば三人寄れば文殊の知恵が生まれますし、協働すれば仕事がスムーズに流れ残業も減ります。
何よりも仕事が楽しくなりますし、結果的に離職率が減ります。しかし、これまでの習慣から競争思考が抜けきれていないと感じています。
それもそのはずで、社会が成長期にあった時は活動量を最大化することで成長でき、競争原理が有効でした。でも、今は知恵の時代です。働き方のOSを入れ替える必要があります。

受講のポイント

説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文

説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文

説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文

こんな方にオススメします

  • 単なる馴れ合いではない真の共創をつくりたい
  • 指示ゼロ経営の基礎づくりとして、新人〜中堅社員に “共創を身に付けて” 欲しい
  • 困っている仲間を “1人も見捨てないチームワーク” で成果を上げたい
  • 自分とは違う考え方を持った人たちと対話を重ね、時に衝突を乗り越えて共創ができるチームを育てたい
  • 良好な関係づくりに “主体的に取り組める部下”  を育てたい

体験を通じ、こんな変化が生まれます。

×自分のことしか考えない→◎チーム全体を考えるようになる
×困っている人がいても助けない→◎惜しみない支援をするようになる
×自分1人で抱え込む→◎仲間に支援を求める
×同僚、上司、取引先、お客様を無意識のうちに敵視してしまう→共に繁栄する同志という意識が芽生える
×誰かが段取りをしてくれるのを待つばかり→◎自分から進んで段取りに加わるようになる

セミナーの内容

1、自分は会社から何を期待されているか?を考える
2、自ら仕事を創造する「仕事の主」について考える
3、真の共創の在り方を知る
3、体験ワーク1 〜1人1人が全体を観ることで成果が上がる、そうでないと損をする〜
4、体験ワーク2 〜PDCAを集団で行うと成果が出るし仕事が愉しくなる〜
5、体験ワーク3 〜三方良しで大きな成果を創るか? 一方良しで大損をするか?〜
6、共創の職場を自分が主体になって創る

特典:社員さんの学習意欲を高める「行ってらっしゃいカード」

受講者には上司、社長にセミナーでの気付きを報告していただきます。
研修効果は、研修前の上司の関わりで大きく変わります。
研修前に上司(社長)から「行ってらっしゃいカード」を受講者に渡していただきます。
応援や期待の気持ちを伝えることで、本人の受講意欲と学習効果が高まりまり行動変容に繋がります。
受講者は当日、共創の職場にするために自分にできる具体的な行動をリストアップします。研修終了後に、それを上司に報告していただきます。

受講者の声

参加してよかった!

参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声。

参加してよかった!

参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声。

参加してよかった!

参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声参加者の声。

セミナー会場:大阪・肥後橋

開催日  2019年12月16日(月)
時 間  13:00〜18:00(開場 12:30)
会 場  たくらみ屋 大阪市西区江戸堀1丁目10-11 マルイト江戸堀ビル201号
講 師  米澤晋也 http://www.shijizero.jp/
定 員  18名
参加費  18,000円(税別)

たくらみ屋へのアクセス
地下鉄四つ橋線 7番出口 徒歩1分
https://takuramiya.com/hideaway/

お申し込みはこちら

上記内容でよろしければ、「参加申込みボタン」をクリックしてください。
下記ボタンをクリックすると申込みが完了します(確認画面はありません)

指示ゼロ経営のポイントを
読者限定で無料動画をお届けします!

読者限定
5分間の無料動画を配信

指示ゼロ経営を実践するためのポイントや、朝礼で使える簡単なワークなど動画でお届けします。

最新記事が
お知らせとして届く

米澤が投稿したブログの最新記事をメールでお知らせいたします。

セミナー情報が
受け取れる

セミナーの情報をいち早くお届けします。ブログ読者特典内容もあり。

動画サンプル

読者登録方法

配信ご希望の方はメールアドレスをご登録ください。

登録フォームはこのページ上部に登録フォームがあります。

STEP1. メールアドレスをご登録ください(メルマガ読者登録済みの方は登録不要です)

STEP2.  登録確認メールが届きますので、メールをご確認ください

STEP3.  メールをご確認後指定のアドレスをクリックして登録完了です。


 

セミナー・研修・イベント

指示ゼロ経営に関するセミナー・社内研修・イベントを行っております。

指示ゼロ経営は、5種類の研修プログラムがあります。

指示ゼロ経営は、5種類の研修プログラムがあります。

望む組織のあり方や状態に合わせてステップアップでの受講がおすすめです。

セミナーにご参加いただくか、社内研修をご依頼ください。

指示ゼロ経営の「環境づくり3点セット」

どれを受講したら良いか迷われた方は、上記3種類の研修プログラムの受講をオススメします。

イベントのお知らせ

現在はイベントの予定がありません