業績が良い会社は、打ち上げを上手に活用し人と組織を育てる

プロジェクトの終了時にはセレモニーが必要

2週間連続の打ち上げが終わりました。
って、何の打ち上げかって、息子の大学合格の打ち上げです(笑)
流石に14間連続だと疲れるわ…

ちょっと極端ですが、僕は打ち上げを大切にしています。
その理由は、そうしないと脳の習性上「終わった」と認識できず、ズルズルと引きずってしまうからです。
次のステップへ悪影響が出てしまう。

時代劇でも「これにて一件落着!」って言いますよね?
あのひとことが無いと気持ち悪いでしょ?

仕事でも同じだと思います。
例えば、会議の最後に司会者が「今日は、○○な課題が解決しました!ありがとうございました!」というだけで気持ちが違います。
メンバーが拍手をするとなお良しです。

僕は、このことを「セレモニー」と呼んでいます。
仕事をしたらセレモニーが必要。

特に、長期間のプロジェクトには欠かせません。
期間が長いと疲労も溜まります。プロジェクトが成功するとは限りません。
そんな時に、次への英気を養うためにもリセットが必要だと考えます。

セレモニーは飲み会(打ち上げ)でも良いのですが、どうせなら人と組織が育つように仕掛けたいものです。

それを可能にするためには、セレモニーをプロジェクトの最後に設定する物語です。

プロジェクトを、人とチームが育つ舞台にしてしまう

僕が社長を務めた新聞店で、チームが育つまで8年間ほど取り組んだプログラムをご紹介します。
現在、社内研修でお世話になっている企業さんで、このプログラムを進行中ですが、とても効果が高いです。

1、プロジェクトが成功した時に社員が得るものを確認する

まずはプロジェクトの計画立案の前から物語は始まります。
プロジェクトは会社事ですが、それが実現した時に、社員1人1人がどんなモノ・コトを手にしているかをイメージし、各自に発表してもらいます。
これは「望みの統合」と言い、会社の望みと個人の望みを統合させることで、プロジェクトを自分事と捉える効果があります。

2、全員参加で因果関係図をつくる

指示ゼロ経営では立案の段階から社員さんに参画してもらいます。
プロジェクトを成功するために必要な要件をワイガヤで挙げます。
これを因果図にします。
つまり「これと、これと、これをやったら、絵に描いた餅が食える餅になる」と因果関係が可視化できるわけです。

実際にやると当初描いた因果とは変わってくるものですが、社員さんが参加しているので修正が楽です。
修正をリーダーが1人でやると、部下は「リーダーがまた違うことを言い出した」と不満を持ちます。

3、役割は立候補で決める

因果関係図をつくる作業は、同時に役割を決める作業にもなります。
アイデアを出した人が立候補し担当者になることが多いからです。

4、進捗の見える化

人は手応えを実感できないと飽きたり嫌になってしまいます。
そこで、進捗を可視化します。
簡単な方法としては、描いた因果図に「完了」のスタンプを押していくことです。

5、各人の実践を共有し学び合う

どんな組織も2:6:2で成り立つと言われます。
プロジェクトが始まると、最初にイノベーションが果敢に行動します。
その姿を全員に共有すると、それに続く人が現れ、徐々に増えていきます。
実践者の取り組みの詳細を社内報などで共有すると、他の社員が学べます。
そして、数々の実践がセレモニーで登場するのです。

6、セレモニーでは1人1人の実践にスポットを当てる

セレモニーの役割は次への英気を養うことです。
そのために、プロジェクトが成功してもしなくても、社員1人1人に感謝の言葉を述べます。
これ、実際にやるとすごく難しいんです。
なぜ難しいかと言うと、具体的な感謝の言葉が見つからないのです。
「がんばってくれてあるがとう」くらいしか言えません。
無理もありません。
リーダーがだって全員の具体的な実践を把握しているわけではないから。

そこで、社内報などで共有された実践事例が役立つのです。
具体的な出来事を添えて伝えると、感謝する側も心が動きますし、感謝された人は胸が熱くなるでしょう。

感謝の気持ちは、リーダーから言葉で伝えても良いですし、動画を作って映し出すのも効果的です。
僕は、いつも動画を活用しました。
BGMの上に、全員の実践と僕からの感謝のメッセージが流れます。

いかがでしょうか。
プロジェクトを、人とチームが育つ舞台にしてしまう、そんな事が可能なのです。

それでは今日も素敵な1日をお過ごしください。

【現在受付中のセミナー】
下のバナーをクリックしてね!

【受付中】指示ゼロ経営マスタープログラム第10期

指示ゼロ経営のすべてを学べる唯一の講座です

【終了】指示ゼロ経営式 採用術 オンライン講座

※次回は2024年9月頃を予定ています。

「自発的な人材を多く集める」「採用試験で自発性と成果意識が高い人材を見極める」
「既存の社員も育つ」採用活動を通じ組織の底上げを狙います。

【終了】指示ゼロ経営式 賃金制度構築セミナー

※次回は未定です。

自発性と創造性が高まる。チームワークが良くなる。目標を自分事と捉える
会社も社員さんも儲かる全く新しい賃金制度を楽しいゲームで学びます。
みんなで協働して業績を上げ、賃金がもうらう体験ゲームを通じ、制度と使い方を学びます。


社員に自発性や課題解決力、チームワークが足りない…
そう思った時は、「ビジョンの欠乏」を疑う必要があります。
魅力的なビジョンは、人間が持つ素晴らしい面を顕在化する力を持っています。

❚ワークショップのメリット

このワークショップは、自社のビジョンと、ビジョン実現までのプロセスを
「未来の日付の新聞」の形で表現することで、ビジョンに物語性が吹き込まれ解像度が高まります。
また、作成に社員さんが参画することで、ビジョンを「自分事」にする効果があります。

ビジョンの解像度が鮮明になりリアリティが生まれる。

社員さんがその実現を強く望み、自発性が生まれる。

社員さんが経営計画を自分事と捉えるようになる。

❚プログラムの内容

「全員参加で」会社のビジョンを具体化したイメージを「未来の日付の新聞」に描きます。
経営計画書がある場合、それをもとに作成します。
「新聞に載るような話題性、社会性」という思考軸で
描くことにより、自然と事業ミッションが意識されます。
ビジョンの解像度を高め、社員さんがそれを自分事にするために、以下の登場人物を新聞に登場させます。

【顧客】

商いは、お客様に喜ばれ支持されることで成り立ちますので、お客様の成功イメージは必須です。設定する顧客は、「この人に喜んでもらいたい」と心から思える「実在する人」がお勧めです。

【自分】

社長が望むことを、いくら熱弁したところで、社員が無関心であれば実現は難しいでしょう。会社のビジョンとともに、望みを叶えた社員さん1人1人が登場することで経営計画を自分事にします。

【仲間】

仲間の望みを知ることで、互いに対する共感が生まれます。そして、「1人1人の夢を実現する最も有効な方法は共創・協働である」という機運ができ、上質なチームワークが形成されます。

【自分の大切な人】

家族や友人、恋人など、自分の成功を喜んでくれる大切な人の笑顔を想像することで「この人を笑顔にするため」という強い想いが生まれ、モチベーションに粘り強さが生まれます。

❚開催要項

■所要時間:およそ5時間

■受講人数:50人以内。
※51人以上の場合はご相談ください。

■講演料:385,000円(税込)
※別途、交通費と、宿泊が必要な場合は宿泊費がかかります。

■講師:米澤晋也(株式会社Tao and Knowledge代表)

■お申し込み、お問い合わせは下記フォームよりお願いします。

上記内容でよろしければ、「申込みボタン」をクリックしてください。
(確認画面はありません)
※お申し込み後、すぐにお申込確認のメールが届きます。
届かない場合、迷惑メールフォルダをご確認下さい。
それでもない場合、お手数ですが下記メールに「申し込んだが確認メールが来ない」とご連絡下さい。
kwd.shinya@gmail.com

 

下記フォームよりお申し込みください。

 

上記内容でよろしければ、「参加申込みボタン」をクリックしてください。
下記ボタンをクリックすると申込みが完了します(確認画面はありません)
※お申し込み後、すぐにお申込確認のメールが届きます。
届かない場合、迷惑メールフォルダをご確認下さい。
それでもない場合、お手数ですが下記メールに「申し込んだが確認メールが来ない」とご連絡下さい。
kwd.shinya@gmail.com

組織の自律性自己診断

メールアドレスを入力し、20個の設問に答えるだけで、すぐにメールで診断結果が届きます。

なお、回答内容・診断結果等は、回答者のみが確認でき、弊社では一切知ることができませんので、安心してご利用ください。

※経営者の方が診断する場合「社員だったらどう答えるか?」を想像して回答して下さい。

指示ゼロ経営の実践者から学ぶ

クリックすると詳細がご覧いただけます。

その他、多数の事例がございます。詳しくはこちらからご覧ください。

指示ゼロ経営を学びたい方はこちらをご覧ください。

❚指示ゼロ経営を学びたい方へ

24年間に渡る実践と研究知見を様々な形で公開しています。
これまで、企業や教育機関などで1万人以上が学び実践しています。

指示ゼロ経営を学ぶ、お勧めのステップ

お好みのステップだけお選びいただくこともできます。

まずは指示ゼロ経営をザクッと知りたい方へ!

指示ゼロ経営 オンライン(Zoom)説明会

「画面オフ」にして「聞くだけ参加」も可能です!

指示ゼロ経営の基礎と実践事例をざっくりと学ぶことができます。
毎回、ゲストを迎え下記の内容をお伝えします。

1、指示ゼロ経営のしくみ

自発性やチームワークは社員に求めても実現しない。
「そうなってしまう環境」を整えるべし。

2、指示0リーダーの役割

「リードしない」「1人1人と関わらない」「褒めない」指示ゼロ経営の部下との関わり方。

1、実践事例 3連発

普通の会社の普通の社員が成し遂げた素晴らしい実践事例3連発。

4、ゲストトーク

指示ゼロ経営の実践者や専門家と、指示ゼロ経営について自由に語ります。

5、マンスリーテーマ

毎回、時代に合った特別テーマを決め、米澤とゲストから最新情報をお伝えします。
6月26日(水)のテーマは「頭の痛い賃上げ問題を、企業力向上のチャンスに変える」です。

質疑応答の時間もあります。
聞くだけの参加者もZoomのチャット機能で質問できます。

❚開催日程・ 主な内容・ゲスト紹介

2024年6月26日(水) 「頭の痛い賃上げムードを追い風にする新発想」

指示ゼロ経営の基礎に加え、昨今社会課題となっている「賃上げ」を扱います。賃上げをしないと採用や雇用に悪影響を及ぼす懸念から、業績が伴わない「防衛的賃上げ」を行い倒産した企業が激増しています。正しい賃上げの実務を知るとともに、「賃上げムードを企業力向上の追い風にする」ヒントを得ることができます。

開催要項
■日時:2024年6月26日(水)19時30分〜21時30分
■主催:株式会社Tao and Knowledge
■開催形式:Zoom(お申し込みいただくとZoomのURLをお送りいたします)
■講師:米澤晋也(株式会社Tao and Knowledge)
■ゲスト:大沼恭子さん(クリーロ企業文化研究所代表)プロフィールの詳細はこちら
■参加費:3300円(税込)

ゲスト
クリーロ企業文化研究所代表
大沼恭子氏

❚過去開催の録画アーカイブをご購入いただけます。

指示ゼロ経営の実務に加え
中塚 緑さん(オフィス緑)をゲストに迎え
「PDCAは『P』ではなく『S』から
始め『S』で終わると人材が育つ」
というお話をしていただきました。

指示ゼロ経営の基礎に加え、今回は、
ますます高まる賃上げムードに
どう対応するか?を考察しました。
頭の痛い賃上げムードを組織成長の
追い風にする方法が学べます。

指示ゼロ経営を学びたい方へ

23年間に渡る実践と研究知見を様々な形で公開しています。
これまで、企業や教育機関などで1万人以上が学び実践しています。

▼公開セミナーで学ぶ

◉【残席4】『賃金制度構築セミナー』
    8月24日(土)開催

✓社員さんの賃金と会社の経常利益、双方が増えます。
✓業績に関係なく賃金が上がることがないので、社長の、分配への恐れが軽減します
✓賃上げに必要な業績を社員が理解します。賃上げムードを企業力向上に繋げることができます。
✓社員同士に「共創」「協働」が生まれます。

みんなで知恵を出し協働して業績を上げ、賃金が上がる(下がる事もある)ゲームを体験しながら「制度と使い方」を学びます。

 詳細はこちら

指示ゼロ経営マスタープログラム(全5回コース)
※次回開催の日程は2024年11月頃を予定しています。

・自発的に共創するチームワークの条件
・短時間で豊かなアイデアを出す会議の進め方
・全員参加のプロジェクトの組み立て方
・自律型組織特有の部下との接し方
・自発的、継続的にPDCAを回すための仕組み
自分たちで課題を見つけ協働で解決する組織の絶対条件を学びます。

詳細はこちら

◉『採用術セミナー』
     ※次回開催の日程は2024年9月を予定しています。

✓自発性の高い人材がたくさん集まる
✓面接の時の情熱とヤル気が入社後も続く
✓指示しなくても自ら考え行動する
✓先輩社員が新人の教育に関心を持ち共に育つ

採用を変えると、今ある悩みの多くが解決します。

⇒詳細はこちら

▼社内研修および期間限定顧問契約

「社内研修」もしくは「期間顧問契約」は現在受付ておりません。2024年8月再開予定です。

みんなで学び一気に文化を創る。
御社の事情に合わせた独自のプログラムを作成し社内研修を行います。
また、期間顧問契約では、パート社員を1人雇用するくらいの費用で、研修と6月間~12ヶ月間の伴走支援をセットで行います。

⇒詳細はこちら

▼講演会を開催する

事例9連発!自発的に働く愉しさを実感!
現在2024年8月以降の開催を3社受け付けております。

新年度のキックオフに
経営計画発表会の後に
業界団体の講演会に

⇒詳細はこちら

▼書籍・動画セミナー・ブログで学ぶ

リーダーが何もしないとうまくいく。指示ゼロ経営

▷セミナー、イベント、社内研修のお知らせ

【残席4】8月24日(土)賃金制度構築セミナー
みんなで知恵を出し協働して業績を上げ、賃金が上がる(下がる事もある)ゲームを体験しながら、業績に連動した賃金制度と使い方を学びます。

社内研修、および期間限定顧問契約のご依頼はこちら
みんなで学び一気に指示ゼロ経営の文化を創る。
2024年の受付を開始しました。
現在は受け付けておりません。2024年8月再開予定です。

講演会を開催したい方
所要時間90分。経営計画発表会や新年決起大会の後に!
・自発的に働く意義と愉しさが体感できる。
・事例9連発!「自分たちにもできる」と行動意欲が高まる。
2024年8月以降の予約を受付ております。

新春 未来創造大会2024

2024年2月3日(土)オンライン開催

鮮明な未来のイメージを心にインストールする

脳は「自動目標達成装置」と言われています。あなたが未来をイメージした時に
「実現した」と錯覚するようなワクワクを感じればマインドセットは完了です。
脳が、その未来に向かい活動を開始します。

未来創造大会では、未来のイメーを未来に出される「未来新聞」で描きます。
新聞の形にすることで、物語性が生まれ臨場感が生まれます。
歴史の教科書を読んでも頭に入らないのに、歴史マンガだと、スルスルと入ってくるのと同じ効果もあります。

未来デザインの秘訣

あなたの成功を喜んでくれる、あなたの大好きな人の姿をイメージする

「繁栄の理」に適った未来を描く。今年のテーマは「豊かさの未来」です

2024年のテーマは『未来の豊かさ』です!

豊かさは、時代とともに進化します。例えば、服で言えば…
「寒さを凌げる服が欲しい」→「より着心地の良い服が欲しい」→「ブランドものが欲しい→「自分らしい服が欲しい」
より「心の豊かさ」に移り変わっています。このことは、生活者にも、社員にも言えることです。

現代人は、さらに、もう一段階高い欲求に向かおうとしており、すでに体現している企業もあります。
それは「取引」(ギブ・アンド・テイク)を超えた「贈与し合う」関係…ギブ・アンド・ギブの関係で成り立つ経営です。
次世代の「豊かさ」を知らずして経営政策を立てることはできません。

創造大会では、米澤晋也の最新の研究調査を共有し、それをもとに自分ができることを考えたいと思います。

開催要項

開催日:2024年2月3日(土)
時間:13:00~17:00(開場 12:50)
会場:オンライン( ZOOM
講師:米澤晋也 http://www.shijizero.jp/
参加費:11,000円(税込み)

お申し込みは下記フォームから

上記内容でよろしければ、「参加申込みボタン」をクリックしてください。(確認画面はありません)
※お申し込み後、すぐにお申込確認のメールが届きます。
届かない場合、迷惑メールフォルダをご確認下さい。
それでもない場合、お手数ですが下記メールに「申し込んだが確認メールが来ない」とご連絡下さい。
kwd.shinya@gmail.com

経営計画発表会や決起大会の後に。気持を高め良いスタートを切るために。

指示ゼロ経営講演会

❚講演を聞くことで生まれる意識の変化

◉自分たちで課題を見つけ、知恵を出し合い、役割分担を決め行動し解決する必要性と愉しさが分かる。

◉みんなで話し合い、三人寄れば文殊の知恵を出す効果と愉しさが分かる。

◉チームワークが良いと仕事が早く進み、生産性が向上することが分かる。

◉リアルな事例から学ぶことで「自分たちにもできる」という気持ちになり行動意欲が高まる。

今日からできる実践アイデアを得ることができます。

DSC_5369

❚以下の6項目を90分〜120分間で講演いたします

・自分たちで課題を見つけ協働する「自走する組織」とは?

・自走する組織になると、組織と個人にとってどんなメリットがあるか?

・体験ワーク:チームワークが時間短縮と生産性に与える好影響を体験する。

・グループワーク:みんなで知恵を出すとこんなにも素晴らしいアイデアが出る!

・実践事例9連発!「自分たちにもできる」と希望を持つ。

・今日からできる実践アイデアを考え、仲間と共有する。

※講演の後に「体験ゲーム」を追加することができます。

実際に指示ゼロ経営を体験することで、より深い学びが実現します。
非常に盛り上がり、参加者同士の人間関係が深まります。

ゲームは2種類あり、下記のどちらか1つを追加できます。

②チームワークゲーム(およそ60分間):チームワークを肌で感じるワークです。4人〜6人ほどで取り組みます。1人1人が全体の成果を意識すれば達成できるが「自分だけ良ければいい」という考え方をすると難航するゲームです。

受講された社員さんの感想

あっという間に終わりました。最初に「指示ゼロ経営」と聞いた時には怪しいと思ったが、自分たちで課題を持ち、知恵を出し合い助け合う経営だというう事が分かりました。そんな風に働けるととても成果が出ると思いました。

「自分たちで考え行動する」と聞いた時は、 責任を押し付けられるような印象を持ちましたが、そうではないことがわかりました。最初は身近なことから、みんなの知恵で仕事を改善していきたいと思います。

貴重な講演、ありがとうございました。話を聞き、私のチームでは、すでに指示ゼロ経営になっていると感じました。 今日の話をメンバーと共有して、さらに良いチームにしていきたいと思います。

❚開催要項

■開催形式:対面形式(リアル会場)か、オンライン開催が選べます。
※どちらの場合も講演料は同じです。

■所要時間:120分(基本講演の所要時間、途中休憩を挟みます)
※90分間に短縮できます。その場合も料金は変わりません。
※体験ゲームを追加した場合、60分が追加されます。

■受講人数:人数制限はございません。

■講演料:基本講演で22万円(税込み)
※体験ゲームを追加した場合、11万円(税込み)が加算されます。
※別途、交通費と、宿泊が必要な場合は宿泊費がかかります。

■講師:米澤晋也(株式会社Tao and Knowledge代表)

■お申し込み、お問い合わせは下記フォームよりお願いします。

上記内容でよろしければ、「申込みボタン」をクリックしてください。
(確認画面はありません)
※お申し込み後、すぐにお申込確認のメールが届きます。
届かない場合、迷惑メールフォルダをご確認下さい。
それでもない場合、お手数ですが下記メールに「申し込んだが確認メールが来ない」とご連絡下さい。
kwd.shinya@gmail.com