人材育成の効果を高めたければ、学ぶ前に「悩む」時間をつくること

社員に成長してほしいと思ったら、できるだけ不親切な学びを用意することが大切だと考えています。
禅問答のように、考えても考えても正解にたどり着かないような学びです。

人は、正解か分からず、もがき悩んだ時に最も成長するからです。

このような学びは「一次的な学び」の中にあります。

学びには、「一次的な学び」と「二次的な学び」があります。
一次的な学びとは、自分で課題を持ち、自分の手足を動かし調べ、掴んだ学びです。
例えば、子どもが、「カエルにへそってあるのかな?」と疑問を持ち、田んぼに行ってカエルを捕まえて調べるようなケースです。

田んぼに行くのも、カエルを捕まえるのも、へそを探すのも、苦労が伴い時間もかかりますが、学習効果は非常に高くなります。

二次的な学びは、親や先生に聞いたり、インターネットで調べたりする学びで、誰かが学んだことを学ぶという学び方です。
悩まずに学ぶことができますが、深い学びからは遠ざかります。

理想は、一次的学習、二次的学習、両方のハイブリッドです。

カエルにへそがあるか関心を持ち、田んぼに行き、自分なりに調べた後に、カエル博士が目の前に現れたら夢中になって話しを聞くでしょう。

そのためには、子どもが「カエルにへそってあるのかな?」と関心を持つのと同じ状況をつくる必要があります。

具体的には、仕事のプランを自分(たち)で決めることです。
人は参画した分だけ、物事を自分事にし関心を持ちます。
プランを遂行する時に、「どうやったらできるのか?」といった疑問を持ち、自分なりに考えます。
この一次的な学びの後に研修などをやると、文字通り、「砂が水を吸うように」学習します。

当社では、新聞業界が衰退期に入ったことで、新聞以外の商品を販売する必要に迫られた時期がありました。
切実な問題です。
社員が、その切実さに気付いたのは、決算書を公開した時でした。

年々、業績が落ちていくのを見て、「まじ!?ウチ、このままじゃヤバいじゃんよ…」となったのです。

しかし、それまでは、「新聞はとって当たり前」という風潮の中での商売だったので、ものの売り方なんて勉強したことはありませんでした。
そこで、自分たちなりに販売が上手な会社の真似をしました。

そんな時に、友人から、チラシの作り方のビデオ教材を紹介され、社内勉強会をしました。
その時は、自社史上最高の学習効果を発揮しました。

もし、僕が一方的に、「これを学んで」とビデオを紹介したら、こんなにも真剣に学ばなかったと思います。

「人は参画した分だけ、物事を自分事にする」…プランに参画し、悩むことが、一次的な学習の意欲を高める秘訣だと考えます。
その後に研修などをやるという手順が、学習の費用対効果を高めるというわけです。

というわけで今日も素敵な1日をお過ごしください。

指示ゼロ経営を学びたい方へ

23年間に渡る実践と研究知見を様々な形で公開しています。 これまで、企業や教育機関などで1万人以上が学び実践しています。

▼公開セミナーで学ぶ

◉指示ゼロ経営マスタープログラム10期
5月23日(木)開講 全5回コース

指示ゼロ経営の全てを学ぶ唯一の講座
⇒詳細はこちら

 

◉指示ゼロ経営説明会
6月26日(水)開催

指示ゼロ経営の基礎を学ぶことができます。
今回のテーマは「正しい賃上げの実務」です。無策な賃上げは危険です。賃上げムードを企業力向上の追い風にする基礎知見を学びましょう。
⇒詳細はこちら

▼社内研修および期間限定顧問契約

「社内研修」もしくは「期間顧問契約」は現在1社のみ受け付けております

みんなで学び一気に文化を創る。
御社の事情に合わせた独自のプログラムを作成し社内研修を行います。
また、期間顧問契約では、パート社員を1人雇用するくらいの費用で、研修と6月間~12ヶ月間の伴走支援をセットで行います。

⇒詳細はこちら

▼講演会を開催する

事例9連発!自発的に働く愉しさを実感!

新年度のキックオフに
経営計画発表会の後に
業界団体の講演会に人手

⇒詳細はこちら

▼書籍・動画セミナー・ブログで学ぶ

リーダーが何もしないとうまくいく。指示ゼロ経営