サムライジャパンから学ぶ「抽象度の高い視点で世界を観る」という大事

昨年、花巻に出張した時に、現地の方が大谷翔平選手の母校を案内してくれました。その方は、花巻東高校を、「非常に礼節を重んじる学校」と僕に教えてくれました。
例えば、横断歩道で止まってくれた車の運転手に対し、一礼をするそうです。

WBCでインタビューを受ける大谷選手の様子から、そのように育った片鱗を感じました。特に、僕が感銘を受けたのは、「抽象度の高い視点で世界を観ている」ということです。

抽象度は、自分が一番低く、家族、地域、国家、世界といった順に高くなっていきます。

これは、人間的な成熟度を測るモノサシだと僕は思っています。
抽象度が低い人は、自分を中心に物事を考えますが、高くなると、より多くの人の幸せを考えます。
近江商人の「三方よし」は抽象度が高い視点だと言えます。

サムライジャパンが優勝した後に、様々なテレビ番組が特集を組みました。
この手の特集は、実際以上に美談化するものですが、選手本人の言葉だけは真実を物語っていると思います。

どの選手も、「みんなの力で勝ち取った勝利」と言っていました。
これは、インタビュー用の言葉ではなく、真意なのだと思います。逆に言うと、そういう意識を持った選手が集まったから、「みんなの力」が生まれたのだと思います。

大谷選手の言葉で印象的だったのは、高校時代の敗北の言です。
涙ながらに「応援してくれた岩手県のみなさんに申し訳ない」と語っていました。
高校生にして岩手県を背負っていたんですね。

WBCのインタビューでも印象に残る言葉がありました。
インタビュアーが、「日本野球の存在感を示しましたね」と聞くと、大谷選手は、「日本だけでなく、アジア全体にいい影響が出ると良い」と答えていました。

だから、多くの人に応援されるのだと思ったのです。

商いも同じだと思います。
商いの抽象度が高くなると、「応援してくれる味方が増える」という現象が起こります。
顧客が味方になると、お友だちを紹介してくれます。
地域が味方になると、行政などが応援してくれるようになります。

「我が国の誇り」と言われる企業もあります。
「人類の誇り」なんて言われるすごい企業もある。

こうした企業は、抽象度が高い=幸せになる人の範囲が大きいのです。

普段は野球を見ない僕が、ミーハー精神でWBCに釘付けになって良かったと思いました。
やっぱ、世界を観ると素晴らしい人がいますね!

僕も、今よりも大きな範囲で物事を捉えるようにしよう!

というわけで今日も素敵な1日をお過ごしください。

指示ゼロ経営を学びたい方へ

23年間に渡る実践と研究知見を様々な形で公開しています。 これまで、企業や教育機関などで1万人以上が学び実践しています。

▼公開セミナーで学ぶ

◉指示ゼロ経営マスタープログラム10期
5月23日(木)開講 全5回コース

指示ゼロ経営の全てを学ぶ唯一の講座
⇒詳細はこちら

 

◉指示ゼロ経営説明会
6月26日(水)開催

指示ゼロ経営の基礎を学ぶことができます。
今回のテーマは「正しい賃上げの実務」です。無策な賃上げは危険です。賃上げムードを企業力向上の追い風にする基礎知見を学びましょう。
⇒詳細はこちら

▼社内研修および期間限定顧問契約

「社内研修」もしくは「期間顧問契約」は現在1社のみ受け付けております

みんなで学び一気に文化を創る。
御社の事情に合わせた独自のプログラムを作成し社内研修を行います。
また、期間顧問契約では、パート社員を1人雇用するくらいの費用で、研修と6月間~12ヶ月間の伴走支援をセットで行います。

⇒詳細はこちら

▼講演会を開催する

事例9連発!自発的に働く愉しさを実感!

新年度のキックオフに
経営計画発表会の後に
業界団体の講演会に人手

⇒詳細はこちら

▼書籍・動画セミナー・ブログで学ぶ

リーダーが何もしないとうまくいく。指示ゼロ経営