創造性の高い組織のリーダーは決してメンバーを下に見ない

「人は、自分が扱った通りになる」…そんな法則があると思います。
例えば、社員を手足として扱うと、本当に手足のような仕事ぶりになります。
言われたことしかしない、自分で考えなくなります。

一方、パートナーと捉えるとクリエイティブな仕事をしてくれます。
自ら考え判断し行動します。

この差は、相手をどう観るか?の違いで、優れた組織のリーダーはメンバーを下に見ません。
言い方を変えると自分を偉いと思わないのです。

僕の師匠、小阪裕司先生は「顧客の達人」です。
そんな達人がいるのか?という感じですが本当にそうなのです。

一緒に食事に行くと分かります。
「これはどんな料理なのか?」「料理に合うワインは?」「あなたのオススメは?」… 店員さんに尋ねることが多いのです。
そして店員さんの提案に真摯に耳を傾けます。

小阪先生は、相手を自分が知らないことを知っているプロとして尊重するのです。
だから、店員さんは「この人のために」と思い最高のサービスを提供するのです。

顧客の未熟者は「金を払っているのだから最高のサービスをするのは当然」という傲慢な態度で店員さんに接します。
金を払っているのだから当然、それは一理ありますが相手も人間です。
贔屓をするのです。

さて「金を払っているのだから」という態度、どこかで見た覚えはありませんか?

そう、社員に対し、「給料を払っているのだから働いて当然」と言う経営者です。
僕の経験ですが、こういう経営者ってお客になった時の態度も同じなんですよね。
それがカッコいいと思っているのかしら?

もしかしたら、社員さんが自立しない、やらされ、創造的な仕事をしない…そんな状態になっているとしたら、それは相手を下に見ているからかもしれません。

そうだとしたら社員さんをトレーニングする前に、関係性を変えなきゃいけないと思います。
顧客の達人に習い、リーダーの達人になる必要があるのではないでしょうか?

それでは今日も素敵な1日をお過ごしください!

【残席わずか 年内のセミナーが出揃いました!】

下のバナーをクリックしてね!

【残席5】指示ゼロ経営式 採用術 オンライン講座

「自発的な人材を多く集める」「採用試験で自発性と成果意識が高い人材を見極める」「既存の社員も育つ」
採用活動を通じ組織の底上げを狙います。

【残席5】組織の創造性と自律性が高まる賃金制度構築セミナー

賃金が「最高のチームワーク」と「内発的なモチベーション」の柱になる、そんな新しい制度です。

賃金制度が組織に与える影響をゲームで体験します。

【特別企画】実践の物語から学ぶ自律型組織の実務

森の生態系のように、メンバーが自立して全体が調和する

組織のつくり方を物語と体感ワークで学ぶ(リアル&オンライン同時開催)

指示ゼロ経営マスタープログラム

ゲームで指示ゼロ経営を体験し、対話で深い学びに変え、職場で再現する方法を考える
指示ゼロ経営をマスターすることを狙います

指示ゼロ経営の全体像を知りたい方へ

指示ゼロ経営の全体について知りたい方は本、または有料動画がオススメです。

著 書

指示ゼロ経営 リーダーが『何もしない』とうまくいく。
amazonで好評発売中。

有料動画

110分で 指示ゼロ経営 の全体像が分かる有料動画。
こちらでお買い求めいただけます。

指示ゼロ有料動画