社長の考えに共感してくれる社員は2割いればOK

社長は新年会、忘年会、経営計画発表会など、社員の前で話をする機会が多いと思います。
そんな時、僕もそうでしたが、ちゃんと聞いていない人が気になるものです。
あるいは、ちゃんと理解してくれているのか不安になります。
その原因は、社員の反応が薄いからです。

表情を変えずに、頷きもせず、社長を見ずに手元ばかり見ている…
マネキンにたいになっているケースって多くないですか?
なんだか拒絶されているような気がしてノビノビと喋れませんよね。

僕が以前に研修お邪魔した会社では、社員さんの9割がそんな態度で、なんだか社長が可愛そうになりました。
「聞く姿勢」ってすごく大切です。

一方で伝える側にも心得が必要。
それは「2割に伝わればいい」ということ。
ついマネキンに意識が奪われますが、逆で、聞いている人に意識を向けることだと。

それは喋りやすくなるからという理由ではありません。
2割の人が理解し、その後、行動してくれれば全体が変わるからです。

集団はいきなり変わりません。
例えば、今や持っていない人を探すのが大変なスマホも、最初は少数派のアイテムでした。
iPhoneが日本に上陸した当初、新しもの好きかアップルの熱狂的なファンが使い始めました。

このグラフはスマホの普及率ですが、20%を過ぎた頃、急成長をしていますよね。


(株式会社 MM総研*2)

商品の違いで急成長のポイントは変わりますが、経験則から15%〜20%が臨界点だということが分かっています。

社内が変わるのも同じです。

そしてスマホの普及は組織の育成に大きな教訓を与えてくれます。
それは、スマホって人前で使うから伝染しやすいのです。
僕も、親友がiPhoneを使っているのを見て、「おお!これが噂のiPhoneってやつか」と知ったのです。

社内にいる2割の共感者の行動を、社内報などで全体に伝えることで伝播が進むのです。

リーダーは組織の全体に目が行きますが、それ故に理解してくれない人、賛同してくれない人に目が行きがちですが、大切なことは、「その時点」ではなく「その後」の変化を観ることだと考えています。
8割の人たちは共感していないのではなく確信が持てていないだけの人がほとんどです。

【現在受付中のセミナー一覧】

下のバナーをクリックしてね!

【受付中】指示ゼロ経営式 採用術 オンライン講座

「自発的な人材を多く集める」「採用試験で自発性と成果意識が高い人材を見極める」「既存の社員も育つ」
採用活動を通じ組織の底上げを狙います。

【受付中】指示ゼロ経営マスタープログラム第6期

「ゲームで疑似体験し身体で覚える」→「指示ゼロ経営の成立要件を学ぶ」→「現場での再現方法を考える」
この3段階で安全かつ確実に指示ゼロ経営を職場にインストールします。
不人気業種の新聞店から生まれたプログラムです。
かつて強烈なトップダウン組織を自律型組織に変容させたノウハウが全て詰まっています。

【受付中】指示ゼロ経営式 賃金制度構築セミナー

自発性と創造性が高まる。チームワークが良くなる。目標を100%自分事と捉える
会社も社員さんも儲かる全く新しい賃金制度を楽しいゲームで学びます。
みんなで知恵を出し協働して業績を上げ、賃金が上がるゲームを体験しながら、制度と使い方を学びます。

指示ゼロ経営を知りたい方へ
20年間に渡る実践と研究知見を公開しています

まずは手軽に知りたい方

リーダーが何もしないとうまくいく。指示ゼロ経営amazonで好評発売中。

指示ゼロ有料動画詳しくはこちら

イベントの中に「無料相談」もあります。

さらに深く学びたい方

各種セミナー2022年のセミナーの募集が始まりました。
詳しくはこちらをチェックしてね。

本格的に社内に導入したい方

社内研修現在の空き枠は2022年1月は2社、2月は2社、3月は3社です。
詳しくはこちら