自社にチームワークは必要なのか? 必要なければ求めない

「我社にはチームワークは要らない」と言った経営者がいます。
また極端なことを…と思ったのですが、理由を聞くと納得しました。
その会社は、基本、受注事業(下請け)で、仕事も決められたルーチンワークなのです。
各人に割り当てられた仕事を1人で黙々とこなせば良いというのです。

確かに、こういう会社ではチームワークは要らないのかもしれません。
自発性も要らない。

それよりも大切なことは元請け会社との関係性だと言っていました。

この社長は、要らないものは求めないという潔い考え方なのです。
とても大切なことだと思いました。
世の中、CS(顧客満足)が大事、ES(従業員満足)も大事、自発性、ヤル気、チームワーク、マーケティングなどなど、それぞれの専門家が「これが一番大事」と説きますが、自社にとって取捨選択する目が必要だと思います。

そして、この社長の言葉からは、チームワークを求める人にとって大きな学びがあると思いました。

「ルーチンワークだけなのでチームワークは要らない」…ということは、そうでない創造的、挑戦的な仕事の場合は必要ということ。
そして、同時に、創造的、挑戦的な仕事をしないとチームワークは形成されないということ。

ここ、すごく大事。
卵が先か鶏が先かという感じですが、「創造的、挑戦的な仕事をしないとチームワークは形成されない」僕はそう確信を持っています。

共創・協働はみんなで力を合わせないと解決できない課題に直面した時に、必然的に起きるものです。

僕は、チームワークや自律性に関して悩みを持つ社長の話を聞く中で、このことを痛感しています。
チームワークや自発性・自律性が育たないのは、社員に問題があるのではなく、そもそも育たない環境になっていると。

さらに、悩みを聞く時に、「チームワークや自律性がないことで何か困っていますか?」と聞くようにしています。
すると、特に困っていないこともあるのです。
困ってはいない、でも漠然と必要だと感じているというケースです。

必要なければ不要。
今、必要なくても将来的に必要になるなら、今から準備する必要があると考えるのです。

将来的に必要になるということは、今の状態では実現できない未来があるということで、その未来を社員さんと一緒に話し合うことが大切だと考えます。
しっかり対話する中で、社員さんが「そりゃ、今よりもチームワーク、自発性が必要になるな」と気付いてくれます。

この時点でとても自発的ですよね?

チームワークや自発性、自律性に関しては、社員教育よりも、まずは環境を整えることの方が先決です。

【現在受付中のセミナー一覧】

下のバナーをクリックしてね!

失敗から学ぶ自律型組織の実践

森の生態系のように、メンバーが自立して全体が調和する

組織のつくり方を物語と体感ワークで学ぶ(リアル&オンライン同時開催)

指示ゼロ経営マスタープログラム

ゲームで指示ゼロ経営を体験し、対話で深い学びに変え、職場で再現する方法を考える
指示ゼロ経営をマスターすることを狙います

【満員御礼】指示ゼロ経営 one dayセミナー in 一関市

指示ゼロ経営の基礎を学び、自律型組織を体験できるセミナーを一関市で行います。
会場参加+オンライン参加のハイブリットで開催します。

指示ゼロ経営式 採用術 オンライン講座

「自発的な人材を多く集める」「採用試験で自発性と成果意識が高い人材を見極める」「既存の社員も育つ」
採用活動を通じ組織の底上げを狙います。

組織の創造性と自律性が高まる賃金制度構築セミナー

賃金が「最高のチームワーク」と「内発的なモチベーション」の柱になる、そんな新しい制度です。

賃金制度が組織に与える影響をゲームで体験します。

指示ゼロ経営の全体像を知りたい方へ

指示ゼロ経営の全体について知りたい方は本、または有料動画がオススメです。

著 書

指示ゼロ経営 リーダーが『何もしない』とうまくいく。
amazonで好評発売中。

有料動画

110分で 指示ゼロ経営 の全体像が分かる有料動画。
こちらでお買い求めいただけます。

指示ゼロ有料動画