「経営はスピードが命」と言うが、スピードを決めるのは組織の構造

意思決定に時間がかかる原因は組織構造にある

「経営はスピードが命」と言いますが、本当にその通りだと思います。
スピーディーな会社、例えば、僕のブログで度々紹介する京屋染物店さんは、「今日の京屋は昨日の京屋ではない」を合言葉に、毎日、何かが変わります。
この積み重ねは大きい。
1年後には、自分たちでも驚くような成長を遂げています。

一方で、遅い会社もあります。

例えば…
僕は数々の企業の社内研修をやってきましたが、研修の依頼から実施までの時間に、企業によって差があることに気付きました。

一番早かったのは、問い合わせから1週間後に研修を実施した企業があります。
一番遅かった企業では、問い合わせから実施まで8ヶ月もかかりました。

その差は何か?
後者は、担当者と僕の打ち合わせ内容を、直属の上司に報告します。
すると上司から「これはどういう事なの?」と聞かれ、それを僕に相談する…そんなやり取りの繰り返しで時間がかかったのです。
「時間がかかるので、その上司の方も交えて打ち合わせをしましょう」と提案(文句)すると、「組織のルールとしてそれができない」と言う。

実は、これが功を奏しました。
図らずとも、やり取りの中で自社の根本問題が浮き彫りになったからです。

常に「集団」というラジカルな状態を保つ

根本問題とは「カッチリと作り込んだ組織」です。

組織はキッチリと作り込まない方が良い、本当にそう思っています。
社長は、組織が階層的にしっかりしていると安心するし、何だか一人前の企業になったような気がするものですが、今の時代には合わないと考えています。

組織は何かを遂行するために結成されるものです。
やることが変われば、それに合わせ組織も変えなきゃいけませんが、カッチリと作ると柔軟に変化できません。
今のような変化が激しい時代には向いていないと考えるのです。

変化は常に現場の人間がキャッチします。
ピラミッド型の組織では、その情報を上にあげて、上が判断し下に降ろしていきます。
しかし、現場の生々しい感性は伝達すると色あせてしまいます。

現場発でアイデアが生まれ、自律的にチームを結成し、ノビノビと行動できるあり方が求められると考えています。

そういう意味で、僕は「集団」という表現を使うのです。
常に、変化に合わせ形を変えることができる、何にでもなることができる…そんな意味を含んでいます。

とは言っても、既存組織を壊すわけにはいきませんよね?
日々のルーチンワークができなくなってしまいます。

その場合は、新しいことに取り組む際に既存の組織は関係なく、プロジェクトチームを作る方法が有効です。

僕が経営してきた新聞店にも組織はありますが、新しい事業を立ち上げる際には、「この指とまれ」方式で部署関係なく公募してきました。
そこで生まれた事業が開花したら、全員に集まってもらい説明し、対話を通じて理解してもらいます。

組織はカッチリと作り込まない。
ラジカルな部分を常に持つことが大切だと思います。

【現在受付中のセミナー一覧】

下のバナーをクリックしてね!

【受付中】指示ゼロ経営式 採用術 オンライン講座

「自発的な人材を多く集める」「採用試験で自発性と成果意識が高い人材を見極める」「既存の社員も育つ」
採用活動を通じ組織の底上げを狙います。

【受付中】指示ゼロ経営マスタープログラム第6期

「ゲームで疑似体験し身体で覚える」→「指示ゼロ経営の成立要件を学ぶ」→「現場での再現方法を考える」
この3段階で安全かつ確実に指示ゼロ経営を職場にインストールします。
不人気業種の新聞店から生まれたプログラムです。
かつて強烈なトップダウン組織を自律型組織に変容させたノウハウが全て詰まっています。

【受付中】指示ゼロ経営式 賃金制度構築セミナー

自発性と創造性が高まる。チームワークが良くなる。目標を100%自分事と捉える
会社も社員さんも儲かる全く新しい賃金制度を楽しいゲームで学びます。
みんなで知恵を出し協働して業績を上げ、賃金が上がるゲームを体験しながら、制度と使い方を学びます。

指示ゼロ経営を知りたい方へ
20年間に渡る実践と研究知見を公開しています

まずは手軽に知りたい方

リーダーが何もしないとうまくいく。指示ゼロ経営amazonで好評発売中。

指示ゼロ有料動画詳しくはこちら

イベントの中に「無料相談」もあります。

さらに深く学びたい方

各種セミナー2022年のセミナーの募集が始まりました。
詳しくはこちらをチェックしてね。

本格的に社内に導入したい方

社内研修現在の空き枠は2022年1月は2社、2月は2社、3月は3社です。
詳しくはこちら