ヤル気の高い社員が辞めたら、経営を根本から見直す時期かもしれません

「ウチはホワイト企業なのに、若手が辞めてしまうんです」

昨年、とある企業で行った講演会を行いました。講演後の懇親会で経営層の方から冒頭の言葉が出たのです。
しかも、「ヤル気が高い社員ほど、積極的に辞めていく」ということです。
その会社は一部上場企業で、平均年収は600万円以上、休日は多く、残業は少なく、福利厚生も充実しているホワイト企業です。

それなのに辞めていくというのです。
経営陣の方は、「このままウチにいても希望が持てないと感じているのではないか?」とおっしゃっていました。

最近、この手の退職が増えているそうです。

厚生労働省の「転職者実態調査の概況」(2023年版)によると、転職者が前職を辞めた理由の、男性の回答のトップは「会社の将来に不安を感じたから」でした。
その理由は、社会が時代の曲がり角に差し掛かっているのに、その準備すらできていない企業が多いからだと推測されています。

戦後の復興期から経済成長期を経て、成熟期に入りました。

成熟期を過ぎると衰退期に入りますから、その前に新たな「種」を蒔き、育てる必要があります。
その種まきをしていない企業で、ヤル気がある社員から辞めていくというわけです。

再イノベーションが必要な時期に、イノベーティブな人材ほど辞めていくわけですから、事は深刻です。

成熟期の種まきは本当に大変です。
まったくゼロからの挑戦と違い、のれん(既存事業)を守りながらの変革が求められるわけですから、非常に難しいのです。

再イノベーションを起こすために参考になるのが、マッキンゼーの「ホッケースティック戦略」です。
「21世紀に入ってから、同じ市場に留まってシェアを伸ばして成長した会社は存在しない」と言います。成長してる企業は、今ある資源を成長市場で活用したという考察です。

これが、のれんを守りながら変革する確実な方法だと思います。

すごく簡単に解釈すれば、今あるものを活用し、新しい価値を作るということ。
新聞屋さんが、新聞以外のものを配るとか、そういうことです。

私の知り合いに、弁護士、司法書士、税理士などと提携して、円満な相続対策サービスを提供している企業があります。
その資源をベースに、「より豊かな余生を送る」というコンセプトでイノベーションに挑戦しています。
旅行会社と提携して「会いたい人に会いに行く旅」や、自叙伝の作成サービスなど、様々なアイデアが出ました。

若手が辞めていく、賃金が上がらない、後継者がいない…今、起きている症状の原因は、ビジネスモデルの賞味期限切れの可能性が高いと思います。

再イノベーションの道を模索しても良いのではないでしょうか?

それでは今日も素敵な1日をお過ごしください。

指示ゼロ経営を学びたい方へ

23年間に渡る実践と研究知見を様々な形で公開しています。 これまで、企業や教育機関などで1万人以上が学び実践しています。

▼公開セミナーで学ぶ

◉指示ゼロ経営マスタープログラム10期
5月23日(木)開講 全5回コース

指示ゼロ経営の全てを学ぶ唯一の講座
⇒詳細はこちら

 

◉指示ゼロ経営説明会
6月26日(水)開催

指示ゼロ経営の基礎を学ぶことができます。
今回のテーマは「正しい賃上げの実務」です。無策な賃上げは危険です。賃上げムードを企業力向上の追い風にする基礎知見を学びましょう。
⇒詳細はこちら

▼社内研修および期間限定顧問契約

「社内研修」もしくは「期間顧問契約」は現在1社のみ受け付けております

みんなで学び一気に文化を創る。
御社の事情に合わせた独自のプログラムを作成し社内研修を行います。
また、期間顧問契約では、パート社員を1人雇用するくらいの費用で、研修と6月間~12ヶ月間の伴走支援をセットで行います。

⇒詳細はこちら

▼講演会を開催する

事例9連発!自発的に働く愉しさを実感!

新年度のキックオフに
経営計画発表会の後に
業界団体の講演会に人手

⇒詳細はこちら

▼書籍・動画セミナー・ブログで学ぶ

リーダーが何もしないとうまくいく。指示ゼロ経営