組織づくりでは「ガンを発見し治す」という発想をやめる

私たちは、社内で何か問題が起きた時に「問題の原因となっている人」を発見する思考に陥りがちです。

「会議が盛り上がらないのは、発言しない◯◯さんが原因だ」
「独りよがりで喋りまくっている◯◯さんが原因だ」

人と組織を育てるリーダーは、常に「全体を観る」視点で組織を観察します。
人は自分の言動を、周囲とのバランスで決めるからです。
普段、よく喋る人も、自分より喋る人がいると静かになります。
よく喋る人は、自分が喋らないと周りが喋らないからかもしれません。

チーム内に、やたらとイケイケでポジティブな人がいると、周囲の人は引いてしまうことがあります。
でも、当人に聞くと、「だって、みんなが大人しいから私が…」と言うことが多いのです。

凡ミスをする「うっかり八兵衛」は、重箱の隅をつつく人がいる場で発生します。
でも、重箱の隅をつつく人に言わせれば、「私がしっかりしなきゃ」と責任感を持っていることが多いのです。

リーダーには、起きている現象=症状を単発的に観ずに、全体視点で観る視点が求められます。

東洋医学のような観方だと思います。
西洋医学では原因の箇所を見つけ手を打ちますが、東洋医学では全体の最適化を目指します。

その時、その場、その状況下、集団バランスで、メンバーは自然な言動をします。
その様子は、森の生態系のようです。


チームが上手く行っていない時とは、全体のバランスが崩れている時です。
人体で言えば、自律神経が不調を起こしているような時。

組織が不調に陥った場合、まずはチームをリラックスさせる必要があります。
方法はシンプルで、「みんなちょっと緊張しているよね」と、みんなが感じている気分を言葉にすることです。
この役割はリーダーがやっても良いし、こういう事が得意なメンバーがやっても良いでしょう。

不調を起こす時は、エネルギーが一部の人に偏ります。
やたらと興奮して喋ったり、独りよがりになったりと。
一方で静かになる人が出ます。

そこで、「交通整理」という役割が必要です。
「喋っていない人の意見も聞いてみましょうよ」と発言を整理する役割です。

衝突が起きそうになったり、実際に起きた時に、「まあまあ、落ち着こう」と衝突を緩和する役割も大切です。

このような役割を、リーダー以外の誰かがやるようになったら自律型組織というわけです。

チームの不調を整えるのは、他ならぬ自分たちです。
リーダー1人で調整するのは、非常に難しいのです。

今日の記事は、ぜひ社員さんと共有してください。
そして、「みんなで良いチームを作る」という認識をつくってください。

というわけで、今日も素敵な1日をお過ごしください!

指示ゼロ経営を学びたい方へ

23年間に渡る実践と研究知見を様々な形で公開しています。 これまで、企業や教育機関などで1万人以上が学び実践しています。

▼公開セミナーで学ぶ

◉指示ゼロ経営マスタープログラム10期
5月23日(木)開講 全5回コース

指示ゼロ経営の全てを学ぶ唯一の講座
⇒詳細はこちら

 

◉指示ゼロ経営説明会
6月26日(水)開催

指示ゼロ経営の基礎を学ぶことができます。
今回のテーマは「正しい賃上げの実務」です。無策な賃上げは危険です。賃上げムードを企業力向上の追い風にする基礎知見を学びましょう。
⇒詳細はこちら

▼社内研修および期間限定顧問契約

「社内研修」もしくは「期間顧問契約」は現在1社のみ受け付けております

みんなで学び一気に文化を創る。
御社の事情に合わせた独自のプログラムを作成し社内研修を行います。
また、期間顧問契約では、パート社員を1人雇用するくらいの費用で、研修と6月間~12ヶ月間の伴走支援をセットで行います。

⇒詳細はこちら

▼講演会を開催する

事例9連発!自発的に働く愉しさを実感!

新年度のキックオフに
経営計画発表会の後に
業界団体の講演会に人手

⇒詳細はこちら

▼書籍・動画セミナー・ブログで学ぶ

リーダーが何もしないとうまくいく。指示ゼロ経営