人材育成の達人は「自分の力で相手を育てる」という意識を持っていない

優秀な人材を育てるリーダー、教師、講師には謙虚な人が多いと感じています。
人材が育ったのは、自分の手柄ではなく、社員さんの力によるものだと言う人が多いのです。
「実るほど頭を垂れる稲穂かな」という言葉がピッタリだと思いました。

しかし、僕は、そんなリーダーと長くお付き合いをしてきて、謙虚というわけではないことが分かりました。
事実を事実として捉えているだけなのです。

自分の力で育てているのではなく、本来、人間に備わっている成長エネルギーが発揮されるようにサポートをしているのです。(そう捉えられる人のことを謙虚な人、と言うのですがね)

以前に、講演会で、心療内科の医師が同じようなことを言っていました。
「病気を治すのは医者や薬ではなく、患者だ」という趣旨の言葉でした。
心療内科には、心が病んだ人が次々と来て、「先生、もうダメだ。死にたい」と絶望の言葉を吐くそうです。
それを聞いていると、医者の方が心を病んでしまうと言います。

「もう、これ以上医者を続けられない」というところまで追い詰められたある日、患者が吐く言葉が違って聞こえたそうです。

口から出る言葉では、「死にたい」と言っているが、心の叫びは「生きたい」と言っているのだと。

本当に死にたいと思っている人は心療内科に来ません。

患者から発せられる生命力を感じた時に、自分が治すわけじゃないと気付いたと言います。
そう気付いた時に、ふっと心が軽くなったと言っていました。

僕は、この話を聞いた時に、非常に衝撃を受け、その後の社員教育が根本から変わりました。
手法は何1つ変わっていませんが、人間に対する見方が変わっただけで、これまでよりも人が良く育つようになりました。
とても不思議な体験です。

講師業、コンサルタントは最も注意が必要です。
「自分の指導でこんなにも良くなった」と強調する人が多くいますが、良くしたのは本人たちです。

この話を農家の方に話したら、「そんなの当たり前じゃん。」と言われました。
作物を相手にしている農家には当然の感覚だそうです。

人には生来的に成長意欲と自律性が備わっています。
目には見えない、それらを観る目がリーダー、親、講師、教師には求められると思うのです。

というわけで今日も素敵な1日をお過ごしください!

 

指示ゼロ経営を学びたい方へ

23年間に渡る実践と研究知見を様々な形で公開しています。 これまで、企業や教育機関などで1万人以上が学び実践しています。

▼公開セミナーで学ぶ

◉指示ゼロ経営説明会
6月26日(水)開催

指示ゼロ経営の基礎を学ぶことができます。
今回のテーマは「正しい賃上げの実務」です。無策な賃上げは危険です。賃上げムードを企業力向上の追い風にする基礎知見を学びましょう。
⇒詳細はこちら

▼社内研修および期間限定顧問契約

「社内研修」もしくは「期間顧問契約」は現在受付ておりません。2024年8月再開予定です。

みんなで学び一気に文化を創る。
御社の事情に合わせた独自のプログラムを作成し社内研修を行います。
また、期間顧問契約では、パート社員を1人雇用するくらいの費用で、研修と6月間~12ヶ月間の伴走支援をセットで行います。

⇒詳細はこちら

▼講演会を開催する

事例9連発!自発的に働く愉しさを実感!
現在2024年8月以降の開催を3社受け付けております。

新年度のキックオフに
経営計画発表会の後に
業界団体の講演会に

⇒詳細はこちら

▼書籍・動画セミナー・ブログで学ぶ

リーダーが何もしないとうまくいく。指示ゼロ経営