「その人」の姿が鮮明になると、あなたの組織は動き出す

メディアの調査によると、国民の半数ほどが五輪開催に反対しています。
この状況下では当然のことと思いますが、僕が関心を持っているのは、僕の周りの反対派の多くのもう1つの考え方です。

それは、「そうは言っても、頑張ってきた選手の事を思うと複雑な気持ちになる」というものです。
僕もすごく共感します。
しかも、テレビなどで選手が頑張るシーン、特に病気を克服した池江璃花子選手の姿を見たときには本当に複雑な思いでした。

「その人のことを思うと」…これが今日の記事のキーワードです。
経営が上手な人は「その人」の鮮明なイメージを持っていて、それを仲間と共有しています。

例えば、僕が住む街の中学校には絆の強い同窓会組織があります。
各町内会から役員が選出され、2ヶ月に1回、会議をしています。
さらに、OB、OGに関わりなく学区内に住んでいる人に寄付金を募っています。
しかも、町内会の役員が1軒1軒集金に行くのです。

すごいでしょ?

で、毎年、新役員になると問題が起きるのです。

「集金に行きたくないんです。きっとすごく嫌な顔をされると思う」「塩をまかれる勢いで追い出される」

中には「なんでウチらが集金しなきゃいけないんだ」と抗議する人もいます。

しかし、ここ数年は非常に上手くいっているのです。

「その人」のことを思うから。

その人とは、中学生です。
集めた寄付金のおかげで部活の横断幕が買えたり、子どもたちが読みたい本が図書館に置かれたり、そんな子どもたちの喜ぶリアルを伝えているのです。

最初はつり上がった目をしていた役員も、その話を聞くと、やがてほんわかした表情になり集金に合意してくれるのです。

こんなケースもあります。

僕が経営してきた会社(新聞店)で新聞の配り間違いによるクレームが時々あります。
ある日、強烈なクレームをいただきました。
受けたのは女性事務員さんです。

「新聞代、返せ」「謝るならお前が明日から配れ」「お前が配るのかどうか返事をしろ」

電話をとった事務員はショックで、その日、仕事ができませんでした。
そして、辛い気持ちを配達現場の主任に伝えました。

主任は、その事を配達員全員に文書で伝えました。
「その事」とはお客様のことではありません。
事務員さんの辛い気持ちです。

その人のことを思うと…
配達員にとっての「その人」は身近な仲間、事務員さんなのです。
その事務員さんが悲しい思いをした、その事実を1枚の紙に記し、書き出し部分に手書きで「必ず読んでください」、最後に同じく手書きで「各自考えてみてください」と添えました。

それからクレームが激減しました。

あなたの仕事を取り巻く「その人」は誰でしょうか?
その人に喜ばれたい、悲しい思いをさせたくない…そんな素直な思いが関わる人の心を動かし行動を変えるのだと思います。

【お見逃しなく!年内のセミナーが出揃いました】

下のバナーをクリックしてね!

【受付中】指示ゼロ経営マスタープログラム

ゲームで指示ゼロ経営を体験し、対話で深い学びに変え、職場で再現する方法を考える
指示ゼロ経営をマスターすることを狙います

【特別企画】実践の物語から学ぶ自律型組織の実務

森の生態系のように、メンバーが自立して全体が調和する

組織のつくり方を物語と体感ワークで学ぶ(リアル&オンライン同時開催)

【終了】指示ゼロ経営式 採用術 オンライン講座

「自発的な人材を多く集める」「採用試験で自発性と成果意識が高い人材を見極める」「既存の社員も育つ」
採用活動を通じ組織の底上げを狙います。

【満員御礼】組織の創造性と自律性が高まる賃金制度構築セミナー

賃金が「最高のチームワーク」と「内発的なモチベーション」の柱になる、そんな新しい制度です。

賃金制度が組織に与える影響をゲームで体験します。

指示ゼロ経営を知りたい方へ
20年間に渡る実践と研究知見を公開しています

まずは手軽に知りたい方

リーダーが何もしないとうまくいく。指示ゼロ経営amazonで好評発売中。

指示ゼロ有料動画詳しくはこちら

イベントの中に「無料相談」もあります。

さらに深く学びたい方

各種セミナー年内のセミナーが出揃いました。
詳しくはこちらをチェックしてね。

本格的に社内に導入したい方

社内研修現在の空き枠は10月1社、11月1社
12月2社です。詳しくはこちら