問題ある部下の行動を直すには、本人よりも周りの人間の行動を変える方が効果的がある

リーダーは部下に対し、「もっと、こうあって欲しい」という願いがあると思います。
例えば、もっと積極的になって欲しい、1人でいないで輪に入って欲しい、馴れ合っていないで自分の軸を持って欲しい…

そして、面談などでそれを伝えることもあると思います。
でも、なかなか人の性質って変わらないですよね。

僕はまったく違うアプローチをした方が良いと考えています。
それは「本人ではなく周りの人の行動を変える」というものです。

人の行動は、その人ではなく他人との関係性で決まります。
普段よく喋る積極的な人でも、自分よりよく喋る人がいるとおとなしくなりますよね。
相互の関係性で行動が決まるのです。

この視点でチームを見ると、問題が明らかになります。
実は周りの人が解決の鍵を握っていることが多い。

例えば、リーダシップは上手くいっているチームと、そうでないチームがありました。
すると、すぐに上手くいっていないチームでは、リーダーに問題があると考えてしまいます。
でも、それは早合点。

実は、よく調べてみると、上手くいっているチームにはリーダーをフォローする人がいたのです。
逆に上手くいっていないチームにはフォロワーがいなくて、リーダーが1人で悪戦苦闘していたというわけ。

つまり、リーダーシップではなくフォロワーシップの問題だったのです。

また、こんな事例もあります。
リーダーが独りよがりでメンバーが「やってられない」と無関心になっていました。
ところが、メンバーが変わった途端に問題が解決しました。
その要因は、入れ替わったメンバーの中にリーダーに屈せず、自分の意見を言う人がいたのです。

この様に、これまでリーダーに問題があると思い込み、リーダーを何とか変えようとしてきたが、実は周りの人の行動に決め手があるということは多いのです。

他にも、いくつか事例をご紹介しますね。

メンバーみんなが積極的に発言をするチームと、一部の人だけが発言しているチームがありました。
その違いは、前者には「◯◯さん、意見はないですか?」とメンバーに聞く人がいたのです。

学校で起きるイジメがなくなるかどうか?の鍵を握るのは、イジメている当人ではなく傍観者だという研究があります。
傍観者が多いとなくならない。
イジメに反対する人の割合が一定を超えると(傍観者が少なくなる)学級からイジメがなくなるのです。

この事を知っている先生は、当人だけでなく周り子どもたちに働きかけをします。

いかがでしょうか?
チーム内で起きている問題を解決するには、実はまったく違うアプローチが必要なのかもしれません。
相互の関係性を観る視点が大切だと考えています。

それでは今日も素敵な1日をお過ごしください。

【現在受付中のセミナー一覧】

下のバナーをクリックしてね!

失敗から学ぶ自律型組織の実践

森の生態系のように、メンバーが自立して全体が調和する

組織のつくり方を物語と体感ワークで学ぶ(リアル&オンライン同時開催)

指示ゼロ経営マスタープログラム

ゲームで指示ゼロ経営を体験し、対話で深い学びに変え、職場で再現する方法を考える
指示ゼロ経営をマスターすることを狙います

【満員御礼】指示ゼロ経営 one dayセミナー in 一関市

指示ゼロ経営の基礎を学び、自律型組織を体験できるセミナーを一関市で行います。
会場参加+オンライン参加のハイブリットで開催します。

指示ゼロ経営式 採用術 オンライン講座

「自発的な人材を多く集める」「採用試験で自発性と成果意識が高い人材を見極める」「既存の社員も育つ」
採用活動を通じ組織の底上げを狙います。

組織の創造性と自律性が高まる賃金制度構築セミナー

賃金が「最高のチームワーク」と「内発的なモチベーション」の柱になる、そんな新しい制度です。

賃金制度が組織に与える影響をゲームで体験します。

指示ゼロ経営の全体像を知りたい方へ

指示ゼロ経営の全体について知りたい方は本、または有料動画がオススメです。

著 書

指示ゼロ経営 リーダーが『何もしない』とうまくいく。
amazonで好評発売中。

有料動画

110分で 指示ゼロ経営 の全体像が分かる有料動画。
こちらでお買い求めいただけます。

指示ゼロ有料動画