あなたの会社を実在する有名人で例えると目指す姿が鮮明になる

自社を人間で例えると、そんな人間か?
組織体質、健全性を判断するのに、とても便利なやり方だと思います。

先日、ある企業さんに訪問した時に、幹部社員さんが自社をミュージシャンに例えて説明していたのが凄く分かりやすかった。

「以前のウチはやりたい音楽をやっていた。今は、売れる音楽にとらわれている感じがする」

僕は、このひとことで同社の状態を理解することが出来たのです。
僕は、あるROCKアーティストが浮かびました。
メジャーデビューをして売れるようになったら、以前のようなエッジが消えてしまったのです。
大人の事情に忖度するようになった、そんな印象です。

一方で、幹部の方が目指したいアーティストも浮かびました。
僕の勝手なイメージですが、ニルヴァーナやドアーズのように、世間に媚びず、自分たちが創り出す音で世界を魅了するアーティストです。
カート・コバーンもジム・モリソンも早死したのが気になりますが…笑

自社を人間に例えると、今の状態と目指す姿の解像度が上がると思ったのです。

ちなみに、僕が経営してきた会社は江頭2:50です 笑
なんというか、落ち着きがなく多動、そして突拍子もないことをするからです。
でも、人間としてはええやつなのです。

国会に招致され「◯◯と記憶しています」「一般論で言えば…」「ご意見として承っていきます」なんて無難なことしか言わない官僚がいますが、そんな会社もありますよね。
以前に、そんな風土の会社を継いだ後継社長が「当たり障りがないことしか言わない風土は嫌だ」と言っていました。
いっそ、麻生太郎のようになりたいとも 笑

風土や個性といったものは目に見えない故に、目指す姿を社員と共有するのが難しいものですが、実在する人間に例えると共有しやすいと思います。

現在の問題点も観えてくるし、目指すイメージも鮮明になります。

あなたの会社は「誰」でしょうか?

それでは今日も素敵な土曜日をお過ごしください。

【現在受付中のセミナー一覧】

下のバナーをクリックしてね!

【受付中】指示ゼロ経営式 採用術 オンライン講座

「自発的な人材を多く集める」「採用試験で自発性と成果意識が高い人材を見極める」「既存の社員も育つ」
採用活動を通じ組織の底上げを狙います。

【受付中】指示ゼロ経営マスタープログラム第6期

「ゲームで疑似体験し身体で覚える」→「指示ゼロ経営の成立要件を学ぶ」→「現場での再現方法を考える」
この3段階で安全かつ確実に指示ゼロ経営を職場にインストールします。
不人気業種の新聞店から生まれたプログラムです。
かつて強烈なトップダウン組織を自律型組織に変容させたノウハウが全て詰まっています。

【受付中】指示ゼロ経営式 賃金制度構築セミナー

自発性と創造性が高まる。チームワークが良くなる。目標を100%自分事と捉える
会社も社員さんも儲かる全く新しい賃金制度を楽しいゲームで学びます。
みんなで知恵を出し協働して業績を上げ、賃金が上がるゲームを体験しながら、制度と使い方を学びます。

指示ゼロ経営を知りたい方へ
20年間に渡る実践と研究知見を公開しています

まずは手軽に知りたい方

リーダーが何もしないとうまくいく。指示ゼロ経営amazonで好評発売中。

指示ゼロ有料動画詳しくはこちら

イベントの中に「無料相談」もあります。

さらに深く学びたい方

各種セミナー2022年のセミナーの募集が始まりました。
詳しくはこちらをチェックしてね。

本格的に社内に導入したい方

社内研修現在の空き枠は2022年1月は2社、2月は2社、3月は3社です。
詳しくはこちら