人材育成の秘訣は相手に喋らせること、成長を待つこと

人材育成の秘訣を一行で表現するならば「相手に喋らせること、成長を待つこと」だと考えています。

その理由は、人は自分が喋るなり書くなり、アウトプットをした時に学習するから、そしてすぐには成長しないからです。
これができるようになると、人の成長は持続的かつ加速度的になると思う。

でも、多くの企業で逆のこと…悪循環が起きていると感じています。
悪循環とは?
好循環とは?
どのように変えるのか?
今日はそんなことを考えてみました。

リーダーが一方的に喋ってばかりだから人が育たない

まずは悪循環の事例から。
あるあるだと思いますよ〜
とある企業の社長は非常に責任感が強く勉強家です。
ある時、社員に「働く意義」を熱く伝えました。
社長は「仕事は自己実現のためにある」という考えをお持ちで、食うためだったり単なる金儲けといった動機を嫌う人でした。

社員に熱く語っても、社員は「ふ〜ん」と関心がない顔をするだけで、社長はそれが不満でした。
その原因は社員さんの意識の低さではなく、取りも直さずインプットオンリーだからです。

その無関心な様子を見た社長が不機嫌になり、職場の雰囲気が悪くなります。
そこで、再び社員を説教するという悪循環に陥りました。
どんどんと社長の理想とする働き方から遠ざかっていくのです。

まとめると…
リーダーが一方的に喋る→育たない→口を出してしまう→育たない、そんな悪循環です。
ヤバいよね?

相手に喋らせることで成長の好循環が生まれる

一方、好循環の波に乗っている企業もあります。
「仕事の目的は?」というテーマで学び合いをしている企業があります。
学び合いの進行役はローテーションで変わります。
基本的に社長は喋りません。

各々がふせんに自分なりに考えた仕事の目的を書き出し、発表をします。
たったこれだけのことですが、定期的にやると社員さんの中に意識の変容が起きる人が出ます。
その多くは、困難を乗り越えた時だったり、努力が実った時、お客様に喜ばれた時などに起こります。

これが効くのです。
学び合っている身近な仲間の成長ほど、人に刺激を与えるものはありません。

この学び合いの秘訣は…
□リーダーはお口にチャック、参加する社員さんが喋り交流する
□リーダーの偉そうな評価がない
□成長を待つ
□仲間の成長した姿から刺激と学びをもらう

すごく良く成長するから、リーダーも安心して任せることができ、任せられるから育つという好循環が生まれるわけです。

相手に喋らせること、そして成長を待つこと。
これが人と組織が育つ原則だと考えています。

それでは今日も素敵な1日をお過ごしください!

【お見逃しなく!年内のセミナーが出揃いました】

下のバナーをクリックしてね!

【受付中】指示ゼロ経営式 採用術 オンライン講座

「自発的な人材を多く集める」「採用試験で自発性と成果意識が高い人材を見極める」「既存の社員も育つ」
採用活動を通じ組織の底上げを狙います。

【受付中】指示ゼロ経営マスタープログラム第6期

「ゲームで疑似体験し身体で覚える」→「指示ゼロ経営の成立要件を学ぶ」→「現場での再現方法を考える」
この3段階で安全かつ確実に指示ゼロ経営を職場にインストールします。
不人気業種の新聞店から生まれたプログラムです。
かつて強烈なトップダウン組織を自律型組織に変容させたノウハウが全て詰まっています。

【受付中】指示ゼロ経営式 賃金制度構築セミナー

自発性と創造性が高まる。チームワークが良くなる。目標を100%自分事と捉える
会社も社員さんも儲かる全く新しい賃金制度を楽しいゲームで学びます。
みんなで知恵を出し協働して業績を上げ、賃金が上がるゲームを体験しながら、制度と使い方を学びます。

指示ゼロ経営を知りたい方へ
20年間に渡る実践と研究知見を公開しています

まずは手軽に知りたい方

リーダーが何もしないとうまくいく。指示ゼロ経営amazonで好評発売中。

指示ゼロ有料動画詳しくはこちら

イベントの中に「無料相談」もあります。

さらに深く学びたい方

各種セミナー2022年のセミナーの募集が始まりました。
詳しくはこちらをチェックしてね。

本格的に社内に導入したい方

社内研修現在の空き枠は2022年1月は2社、2月は2社、3月は3社です。
詳しくはこちら