真に人間を信頼する者の言葉は、こうも人を勇気づける

人材育成の真髄は、「人間をどう観るか?」だと思います。
人は自らを成長させる意思がなく、仕事にやりがいを求めることなく、管理をしないとサボると観ていれば、当然、管理・監視が強くなります。
すると、相手は「私、信頼されていない」と感じ、成長意欲が削がれてしまいます。

人はそもそも善良で自律的、積極的だと観れば、かける言葉に信頼の気持ちがこもるし、任せることができるから成長します。

こうした人間観はこれまでの人生で心に染み込ませた観念だから変えるのは大変ですが、書き換えは可能だと思います。
解釈を変えてみる。
信頼を基にしている人と接する。

そうすることでリフレーミング…今までとは違った見方に転換することができるはずです。

僕は幸運でした。
一番、近くにいる家族が溢れんばかりの人間愛、信頼を持っていたからです。
特に、おばあちゃん。

おばあちゃんは僕は20歳くらいの時に亡くなってしまいましたが、明治生まれの豪傑でした。

一番左がおばあちゃん、子どもは僕です(笑)

太平洋戦争中、地元の婦人会で皇居のお掃除の奉仕に行く時も、「行っている間に空襲でも受けたら誰が子どもたちを守るんだ」と言い、1人だけ行かなかったそうです。

左翼思想の持ち主じゃないよ 笑
周りに流されない芯の強い女性なのです。

おばあちゃんの人間観を物語るエピソードがあり、子孫に受け継がれています。

僕の父親が子どものころの話です。
朝、登校する時は晴れていた、しかし下校時には雨が降ることってありますよね?
そんな時、当時の女性は専業主婦が多く、学校まで傘を持って迎えに来る母親が多かったそうです。

ウチは商売屋なのでそんなことはできません。

父は、抗議したそうです。
「なんでウチは…」と。

その時の返答が豪傑。
普通だったら「ウチは商売をやっているから無理なんだよ」と言いますよね?

おばあちゃんこう言いました。

「大丈夫。雨ごときで溶けてしまう身体に生んでいないから」

もう抗議する気が失せるほどに気持ちが前向きになります。

テクニックじゃない。これが人間観の成せる技なのだと思いました。

信頼の人間観を持つ者は周りを勇気づけます。
一緒にいる時間が長いと、なんだか根拠のない自信を持つようになります。

そんな存在に、自分がなりたい…おばあちゃんの遺影を見ながら、80年前に起きたらしいエピソードを思い出したのです。

 

【年内のセミナーの日程が決まりました】

下のバナーをクリックしてね!

【残席5】指示ゼロ経営式 採用術 オンライン講座

「自発的な人材を多く集める」「採用試験で自発性と成果意識が高い人材を見極める」「既存の社員も育つ」
採用活動を通じ組織の底上げを狙います。

【残席5】組織の創造性と自律性が高まる賃金制度構築セミナー

賃金が「最高のチームワーク」と「内発的なモチベーション」の柱になる、そんな新しい制度です。

賃金制度が組織に与える影響をゲームで体験します。

【特別企画】実践の物語から学ぶ自律型組織の実務

森の生態系のように、メンバーが自立して全体が調和する

組織のつくり方を物語と体感ワークで学ぶ(リアル&オンライン同時開催)

指示ゼロ経営マスタープログラム

ゲームで指示ゼロ経営を体験し、対話で深い学びに変え、職場で再現する方法を考える
指示ゼロ経営をマスターすることを狙います

指示ゼロ経営の全体像を知りたい方へ

指示ゼロ経営の全体について知りたい方は本、または有料動画がオススメです。

著 書

指示ゼロ経営 リーダーが『何もしない』とうまくいく。
amazonで好評発売中。

有料動画

110分で 指示ゼロ経営 の全体像が分かる有料動画。
こちらでお買い求めいただけます。

指示ゼロ有料動画