ヤンキーが立派な職業人に成長した過程から人材育成の要諦を学ぶ

部下を人として成長したいなら、リーダーには「ゆっくりと見守る」という姿勢が求められると思います。
部下はリーダーの思い通りには育たないし、育つとしたら自分で気づいた時です。

今のステージを真剣に生きた者だけが次のステージに行く

例えば、リーダーは部下に働く意義を持って欲しいと願います。
「食うためではなく自己実現を目指して欲しい」「社会に役立つという意識を持って欲しい」…高度なことを要求することがあります。

僕も、以前は「ライスワーク(食うための仕事)ではなくライフワーク(天職)を生きて欲しい」なんて言っていました。
でも、自分の生活で精一杯の人には響きません。

僕は自分の経験から、本人のステージがあると知りました。
自分の生活で精一杯の人は、まずはそこに真剣になること、それがやがて次のステージに向かうと思うのです。

例えば、昔、僕が経営してきた会社にヤンキーあがりのスタッフがいました。
彼の原動力は「昔、自分を馬鹿にしたヤツらをギャフンと言わせたい」です。
どうやってギャフンと言わせるかというと、高級外車に乗るそうです。
(当時は中古の軽自動車)

僕は、彼に成長の要諦を学びました。

高級外車より価値あるものを知ってしまった

ギャフンの原動力は凄まじいものでした。
彼は新聞配達員だったのですが、1日に300軒も配達していました。
休むこともない。
配り間違いもほぼゼロです。

彼に転機が訪れたのは、チームで仕事に取り組むようになったことでした。
新聞配達は個で完結した仕事…朝来て自分が配る新聞をバイクに積んで配るだけなので、チームワークは必要ありませんでした。
しかし、ミスが多い人と少ない人の差が大きく、仲間同士で正確な新聞配達を学び合うようにしたのです。

彼は学び合いの中で素晴らしいお手本を示しました。
その経験を積む中で、彼は自分が仲間の役に立つ喜びを味わいました。
新人が入社すると率先して指導をしてくれました。

数年経って…
僕は、ふと、ギャフンの件を思い出しました。
そして彼に聞きました。

「まだ外車を買わないの?」と。

もう、相当に稼いだし独身なので出費も少ないはずです。

すると、こう言いました。

「もう、あの話はどうでもいいです」

そう、彼はステージが遥かに上がったのです。
仲間と協働する中で自分が他者の役に立つことを知った、自分だけの居場所を見つけたのです。
その気持ち良さは高級外車でもギャフンでも味わうことができないものだと思います。

さて、彼を成長させたのは誰だったのでしょうか?
決して僕ではありません。
協働という環境と、仲間の存在です。

部下はリーダーの思い通りには育たないし、育つとしたら自分で気づいた時。
だとしたらリーダーの役割とはどんなものなのでしょうか?

今日も素敵な1日をお過ごしください。

【現在受付中のセミナー】

下のバナーをクリックしてね!

【残席5】指示ゼロ経営式 採用術 オンライン講座

「自発的な人材を多く集める」「採用試験で自発性と成果意識が高い人材を見極める」「既存の社員も育つ」
採用活動を通じ組織の底上げを狙います。

【残席5】組織の創造性と自律性が高まる賃金制度構築セミナー

賃金が「最高のチームワーク」と「内発的なモチベーション」の柱になる、そんな新しい制度です。

賃金制度が組織に与える影響をゲームで体験します。

【特別企画】実践の物語から学ぶ自律型組織の実務

森の生態系のように、メンバーが自立して全体が調和する

組織のつくり方を物語と体感ワークで学ぶ(リアル&オンライン同時開催)

指示ゼロ経営マスタープログラム

ゲームで指示ゼロ経営を体験し、対話で深い学びに変え、職場で再現する方法を考える
指示ゼロ経営をマスターすることを狙います

指示ゼロ経営の全体像を知りたい方へ

指示ゼロ経営の全体について知りたい方は本、または有料動画がオススメです。

著 書

指示ゼロ経営 リーダーが『何もしない』とうまくいく。
amazonで好評発売中。

有料動画

110分で 指示ゼロ経営 の全体像が分かる有料動画。
こちらでお買い求めいただけます。

指示ゼロ有料動画