組織は「ある時」を境に急に変わる。その時までにやるべき2つの事

新しいことに挑戦する時、必ずと言ってほど組織内で反対する人が出ます。
特に、安定成長を続けてきた組織ではなおさらです。

人はなかなか変われない生き物ですが、これが組織になると、もっとややこしくなります。
リーダーの「変わらなくちゃ」という危機感、あるいは「こうしたい」という希望を、どうすれば受け入れてくれるのでしょうか?

正確でタイムリーな情報公開が健全な危機感を生む

行動経済学には「人は損をしたくない」という原則があります。
例えば、当たりとハズレが半々のクジがあったとします。
当たりを引けば1万円がもらえるが、ハズレを引いたら5000円を払わなければいけないというルールです。
辞退するという選択肢もある。

確率は50%、当たった時の報酬は倍なのですから条件の良いクジですが、辞退する人が多いそうです。
さからに、辞退しても3000円もらえるという条件をつけると、さらに挑戦者は減ります。

これを現実の経営に当てはめると、こうなります。
挑戦すれば一攫千金の可能性がある。
でも、失敗すれば損失を被る。
挑戦しなくても、しばらくは給料は減らない。

こりゃ、挑戦できないわけだわ…
しかし、対策はあります。
損をしたくないという性質を活かした方法です。

例えば、星野リゾートではコロナ禍で「自社の倒産確率」を社員に公開しするようにしました。
2020年6月の段階で40.1%の数値が共有されたそうですが、それから社員が自律的に動き出し、8月には18.3%にまで回復したそうです。

正確でタイムリーな情報公開が欠かせないと考えます。

一気に変わる「その時」のためにプロトタイプをつくる

これは僕の憶測ですが、同社がわずか2ヶ月で立て直したのには、ある背景があると考えています。
それは、すでにプロトタイプがあったということです。

どういうことか?
昔から「組織は2:6:2」と言いますよね。
最初の2割は、例のクジを引くタイプです。
真ん中の6割は安全が確認されてから動くタイプと言われています。
最後の2割は意地でも動かない人たち…いまだにガラケーを使っている人たちね 笑

ちなみに、僕のセミナーに参加される方には「最初の2割」が多いですが、その方たちには特有の悩みがあります。
「周りが理解してくれない」というものです。

しかし、情報公開さえなされていたら時間の問題だと考えています。
危機が迫るのが分かるから。
情報公開により危機をリアルに感じた時に、真ん中の6割が動こうとします。
彼らの動機は安全ですので、最初の2割がある程度の実績(プロトタイプ)を作っておけば、一気に伝播するからです。

だから「その時」が来るまで実績を作りましょうという話になるわけです。

新しいことに挑戦する時、最後の2割は反対しますし、真ん中の6割は怖がります。
だから、最初から「やるぞー!」とはならないのが自然だと思います。

でも、腐っちゃいけません。
ドラマはここからはじまるのですから。

情報公開とプロトタイプづくり、この2つを整えることだと考えます。

それでは今日も素敵な1日をお過ごしください。

【現在受付中のセミナー】

下のバナーをクリックしてね!

【受付中】指示ゼロ経営式 採用術 オンライン講座

「自発的な人材を多く集める」「採用試験で自発性と成果意識が高い人材を見極める」「既存の社員も育つ」
採用活動を通じ組織の底上げを狙います。

【受付中】指示ゼロ経営マスタープログラム第6期

「ゲームで疑似体験し身体で覚える」→「指示ゼロ経営の成立要件を学ぶ」→「現場での再現方法を考える」
この3段階で安全かつ確実に指示ゼロ経営を職場にインストールします。
不人気業種の新聞店から生まれたプログラムです。
かつて強烈なトップダウン組織を自律型組織に変容させたノウハウが全て詰まっています。

【受付中】指示ゼロ経営式 賃金制度構築セミナー

自発性と創造性が高まる。チームワークが良くなる。目標を100%自分事と捉える
会社も社員さんも儲かる全く新しい賃金制度を楽しいゲームで学びます。
みんなで知恵を出し協働して業績を上げ、賃金が上がるゲームを体験しながら、制度と使い方を学びます。

指示ゼロ経営を知りたい方へ
20年間に渡る実践と研究知見を公開しています

まずは手軽に知りたい方

リーダーが何もしないとうまくいく。指示ゼロ経営amazonで好評発売中。

指示ゼロ有料動画詳しくはこちら

イベントの中に「無料相談」もあります。

さらに深く学びたい方

各種セミナー2022年のセミナーの募集が始まりました。
詳しくはこちらをチェックしてね。

本格的に社内に導入したい方

社内研修現在の空き枠は2022年1月は2社、2月は2社、3月は3社です。
詳しくはこちら