あなたの会社に合った指示ゼロ経営スタイルは、この3つのどれか?

よく「ウチは指示ゼロ経営になっているでしょうか?」という質問を受けます。
スーパーサイヤ人と違って、なったかどうか?が判別しづらいんですよね 笑
僕は、社員さんが自由かつ純粋に仕事を愉しんで、仲間と協働していればOKだと考えています。
上司の目やノルマ、組織内で勝ち上がるといったエゴではなくね。

同時に、ひとことに指示ゼロ経営と言っても、その形は1つではありません。
おおよそ3種類あります。
リーダーやメンバーの個性によって最適なものになるのですが、今日はその種類を確認したいと思います。
ただ、形にとらわれないのが指示ゼロ経営なので、あくまで「そんなものなのか」程度に読んでいただきたいです。

オルフェウス管弦楽団型

まずはオルフェウス管弦楽団タイプです。
アメリカにある小編成のオーケストラですが、指揮者がいないことが最大の特徴です。
グラミー賞も獲っており、生で聴くと鳥肌が立つそうです。

You Tubeに辻井伸行さんとの共演がありますので、是非、ご覧ください。

さて、指揮者がいない指示ゼロ状態で、どうやって調和させるのかと言うと、綿密な打ち合わせをするそうです。
全員が「最高の演奏をする」という合意のもと、全員が主体者となり喧々諤々の議論を重ねます。

これを指示ゼロ経営で説明します。
指示ゼロ経営では…
1、集団が自分たちで課題を見つけます
2、課題解決のアイデアを出し合います
3、役割を決め実行→新たな課題が見つかるので1に戻る…このサイクルを自分たちで回します。

オルフェウス型の組織では、2のアイデア出しを綿密に行うわけです。

全員が参画するので主体意識が生まれる一方で、急な変化への対応に時間がかかるデメリットがあると考えています。

サーヴァント型

やることが明確になっていて、スタッフ1人1人の能力が高い場合、リーダーの役割は「邪魔をしないこと」になります。
すると、必然的にリーダーはサポートに徹するようになります。
(サーヴァントとは召使いを意味します)

このスタイルをとるリーダーが最も多いと感じています。

事業計画をつくる力に長けていて、外部環境の影響が少ない場合、このスタイルは非常に有効だと思います。
ただし、計画通りにいかないと機能しない可能性があります。

ジャムセッション型

1、集団が自分たちで課題を見つけます
2、課題解決のアイデアを出し合います
3、役割を決め実行

この2番を省略する組織です。
JAZZのジャムセッションは、大まかなコード進行だけ決め、後はぶっつけ本番です。
「やりながら直す」というスタイルで、変化への対応が抜群です。
何が生まれ落ちるか分からない不安がある一方で、革新を起こす可能性があります。

しかし、一方でメンバー間の思いの共有と、互いへの信頼がないと、単なるバラバラ組織に陥る危険性もあります。

以上、3つの形をご紹介しましたが、カッチリとしたものではありません。
例えば、僕が経営してきた会社では、オルフェウス型が3割、ジャムセッション型が7割でしたが、企業の個性でスタイルが醸成されると思います。

あまり考えずに「なったものが自分たちのスタイル」と受け入れることが大切だと考えています。

それでは今日も素敵な1日をお過ごしください。

【現在受付中のセミナー】

下のバナーをクリックしてね!

【受付中】指示ゼロ経営式 採用術 オンライン講座

「自発的な人材を多く集める」「採用試験で自発性と成果意識が高い人材を見極める」「既存の社員も育つ」
採用活動を通じ組織の底上げを狙います。

【受付中】指示ゼロ経営マスタープログラム第6期

「ゲームで疑似体験し身体で覚える」→「指示ゼロ経営の成立要件を学ぶ」→「現場での再現方法を考える」
この3段階で安全かつ確実に指示ゼロ経営を職場にインストールします。
不人気業種の新聞店から生まれたプログラムです。
かつて強烈なトップダウン組織を自律型組織に変容させたノウハウが全て詰まっています。

【受付中】指示ゼロ経営式 賃金制度構築セミナー

自発性と創造性が高まる。チームワークが良くなる。目標を100%自分事と捉える
会社も社員さんも儲かる全く新しい賃金制度を楽しいゲームで学びます。
みんなで知恵を出し協働して業績を上げ、賃金が上がるゲームを体験しながら、制度と使い方を学びます。

指示ゼロ経営を知りたい方へ
20年間に渡る実践と研究知見を公開しています

まずは手軽に知りたい方

リーダーが何もしないとうまくいく。指示ゼロ経営amazonで好評発売中。

指示ゼロ有料動画詳しくはこちら

イベントの中に「無料相談」もあります。

さらに深く学びたい方

各種セミナー2022年のセミナーの募集が始まりました。
詳しくはこちらをチェックしてね。

本格的に社内に導入したい方

社内研修現在の空き枠は2022年1月は2社、2月は2社、3月は3社です。
詳しくはこちら