自分の影響力を薄くし、自分たちの力で自走できるチームを育てる

良いリーダーとはどんなリーダーなのでしょうか?
会社の状態や置かれている環境によって様々なリーダー像があると思いますが、僕は「自分がいなくなっても大丈夫なチームをつくれる人」だと考えています。
つまり自走できるチームを育てられる人だと。

この事を、僕は友人から教えてもらいました。
友人は大手メーカーに勤めています。
若い頃、素晴らしい上司のもとで働いた経験があります。

決断力、部下のヤル気を引き出す力、部下の課題をコーチングで解決に導く力…友人にとって憧れの存在で、自分も将来、ああなりたいと思っていたそうです。

ところがその上司が異動になった途端にチームは力を失ったと言います。
リーダーの力で動いていたチームだったのです。

友人は、今、管理職で活躍しています。
マネジメントスタイルは、かつて憧れた上司の「根本」だけを受け継ぎ、まったく違う路線…「自走できるチーム」を選びました。

そんな友人にも悩みがあります。
それは自分が移動した後に、支配型の上司が来ると部下が苦しむということです。
自走すると仕事にやり甲斐を感じられますが、一度味わった愉しさを奪われる苦痛は相当なものだと思います。

そこで「手柄は上司に」という作戦を立てました。
自分が異動する時に、部下に、仕事の成果で成果が出た時は『部長のお陰です』と言うように指導したのです。
したたかですね〜

さて、友人が取り組んだチームづくりは次の通りです。

1、ゴールと現在地の明確化
2、ゴールの状態、イメージを全員と対話し確認する
3、ゴールまでの道のりをみんなで考える
4、進捗を全員で共有し、課題はみんなの知恵で解決する

自分の影響力を薄くし、自分たちの力で自走できるチームに育て上げたのです。

さて、友人がかつての上司から受け継いだ「根本」とは何だったのでしょうか?
それは「部下の成長の可能性を信じる心」だそうです。
これがなければ任せて育てることは出来ないと言っていました。

信頼し、チームでの仕事の進め方を教え、やらせてみて、共に悩むが答えは教えず、そして成果が出た時には一緒に喜ぶ…まるで伴走者のような存在ですよね。

さて、冒頭の問い…良いリーダーとは?ですが、以前にNHKの「プロフェッショナル」という番組でユニクロや無印良品などの立て直しを行った、大久保 恒夫さんがこんな風に言っていました。

「部下を楽しく仕事に挑戦させ、仕事を通じ部下を成長させられる人」

部下が主体の考え方ですね。

あなたはどうお考えでしょうか?

【現在受付中のセミナー】

下のバナーをクリックしてね!

指示ゼロ経営 one dayセミナー in 一関市

指示ゼロ経営の基礎を学び、自律型組織を体験できるセミナーを一関市で行います。
会場参加+オンライン参加のハイブリットで開催します。

指示ゼロ経営マスタープログラム

ゲームで指示ゼロ経営を体験し、深い対話で学び変え、職場で再現する方法を考える
指示ゼロ経営をマスターすることを狙います

指示ゼロ経営式 採用術 オンライン講座

「自発的な人材を多く集める」「採用試験で自発性と成果意識が高い人材を見極める」「既存の社員も育つ」
採用活動を通じ組織の底上げを狙います。

【満員御礼】「任せる」住田昌治と「指示ゼロ」米澤晋也が応え合う! ~学びの場、働く場を自律の空気で満たす組織改革の柱の作り方~

2021年は益々、変化の時代に突入します
変化に即適応し最適解を出せるチームづくりの要諦を2人が語る特別イベントです

組織の創造性と自律性が高まる賃金制度構築セミナー

賃金が「最高のチームワーク」と「内発的なモチベーション」の柱になる、そんな新しい制度です。

賃金制度が組織に与える影響をゲームで体験します。

指示ゼロ経営の全体像を知りたい方へ

指示ゼロ経営の全体について知りたい方は本、または有料動画がオススメです。

著 書

指示ゼロ経営 リーダーが『何もしない』とうまくいく。
amazonで好評発売中。

有料動画

110分で 指示ゼロ経営 の全体像が分かる有料動画。
こちらでお買い求めいただけます。

指示ゼロ有料動画