スタッフの教育よりもまず、自発的なヤル気が生まれる仕事に変える

今の仕事はヤル気の好循環を生み出しているか?

改めて、「お客様に喜ばれることをする」という商売の基本の大切さを考えています。
人は喜ばれることするのが大好きな生き物です。
喜ばれる仕事をしている会社はスタッフの自発性が高いです。

また大切にされたお客様は、その事を友人や家族に伝えるので広告費ゼロの販促ができる。
よく「神対応」という言葉をSNS上で見ますが、今って商品・サービスに大差がないから、人的な価値に注目が集まるのだと思います。

こうしてお客様がお客様を呼ぶことで、スタッフはさらに仕事に誇りが持て、次のヤル気が引き出されます。
好循環です。

逆をしている会社もあります。

最近、夜になると不動産会社から営業電話がかかってきます。
どこで電話番号を調べたか分かりませんが、一家団らん中の営業電話は迷惑ですよね。
売り込みと分かると相手の説明を聞かず「要りませんので」と伝えますが、その時の相手の申し訳なさそうな声に心が痛みます。

会社の方針でやっていることだと思いますが、本当はそんな営業はしなくないと思うのです。

やりたくない事をするためには高い報酬が必要になります。
金をかけて営業すればするほどに営業がしづらい状況をつくり出すのだから、繁栄なんてあり得ませんよね。
悪循環です。

スタッフの教育も大切ですが、自発的なヤル気が生まれる仕事に変えることの方が優先だと考えるのです。

自然と湧き上がる、喜びをエネルギー源で会社を動かす

先日、僕も神対応を体験しました。
僕のセミナーに参加してくださっている、イラストレーターの大畑哲也さんの対応です。

まさに好循環、しかも持続可能な循環ができています。
彼は、心の傷に貼る言葉の絆創膏「ことばんそうこう」なるものを制作、販売しています。
NHKの全国放送で取り上げられたほど意義ある企画です。

この商品は、大切な人に贈るギフトの意味合いが濃いのです。
例えば、あるお客様は受験生の子どもにプレゼントしました。

自分のために買っても嬉しいのですが、第三者を介することで喜びが増幅されますよね。
受け取った人は次に、友人などに贈るかもしれません。

さて、僕が受けた神対応の話です。
1ヶ月ほど前に、久しぶりに大畑さんに会いました。
雑談の中で、たくらみ屋が提唱する「P理論」が話題に登りました。
P=ポンコツで、人はそもそもポンコツなのだから力を合わせて生きていこうという考え方です。
特に、リーダーがガチガチの鎧をまとい強さをアピールしますが、スタッフの力を貸して欲しいのなら鎧を脱ぎ「助けて欲しい」と言った方が良いと考えるのです。

さて、その日から3週間後、彼からプレゼントが届きました。

P理論のことばんそうこう!!!

僕は嬉しくて嬉しくて、すぐにSNSに投稿しました。
すると、すぐに友人たちからコメントが入りました。

欲しいという声が続出です。。

最高の好循環です。

大畑くんも、僕も、投稿にコメントした人も、誰1人「やらされ」はいません。
自然と湧き上がる、喜びをエネルギー源とした自発的な行動です。

こうしたエネルギーで動く会社にすれば、スタッフに無理強いしなくても、お客様に無理な売り込みをしなくても商売は広がります。

「スタッフは、やりたくてやっているのだろうか?」…そんな視点でスタッフさんを見てはいかがでしょうか?

【現在受付中のセミナー】

下のバナーをクリックしてね!

【受付中】指示ゼロ経営式 採用術 オンライン講座

「自発的な人材を多く集める」「採用試験で自発性と成果意識が高い人材を見極める」「既存の社員も育つ」
採用活動を通じ組織の底上げを狙います。

【受付中】指示ゼロ経営マスタープログラム第6期

「ゲームで疑似体験し身体で覚える」→「指示ゼロ経営の成立要件を学ぶ」→「現場での再現方法を考える」
この3段階で安全かつ確実に指示ゼロ経営を職場にインストールします。
不人気業種の新聞店から生まれたプログラムです。
かつて強烈なトップダウン組織を自律型組織に変容させたノウハウが全て詰まっています。

【受付中】指示ゼロ経営式 賃金制度構築セミナー

自発性と創造性が高まる。チームワークが良くなる。目標を100%自分事と捉える
会社も社員さんも儲かる全く新しい賃金制度を楽しいゲームで学びます。
みんなで知恵を出し協働して業績を上げ、賃金が上がるゲームを体験しながら、制度と使い方を学びます。

指示ゼロ経営を知りたい方へ
20年間に渡る実践と研究知見を公開しています

まずは手軽に知りたい方

リーダーが何もしないとうまくいく。指示ゼロ経営amazonで好評発売中。

指示ゼロ有料動画詳しくはこちら

イベントの中に「無料相談」もあります。

さらに深く学びたい方

各種セミナー2022年のセミナーの募集が始まりました。
詳しくはこちらをチェックしてね。

本格的に社内に導入したい方

社内研修現在の空き枠は2022年1月は2社、2月は2社、3月は3社です。
詳しくはこちら