仲間同士の実践を教材にし自律的に成長するための ”5つの問い”

人には、自分の手柄を他人に話したいという性質があります。この性質を人材育成に活かさない手はないと思っています。
リーダーが、部下の手柄を嬉しそうに聴くだだけで育成効果はありますが、次の5つの問いを投げかけると、効果は飛躍的に高まります。

1、何をやったのか?
2、それは何を狙った実践なのか?
3、やった結果どうだったか?
4、その体験から、上手くいくポイントは何か?
5、次の実践アイデアは?

自慢をしているわけなので、1と3は話すでしょうから、残り3つを加えるのです。

僕のセミナーの参加者の実例で説明しますね。
その方は小売業の社員さんで、「店頭POPを書いたが反応がなかった」というものです。「全然自慢話じゃないじゃん」と思うかもしれませんが、「実践をしたこと」が自慢なのです。
リーダーの中には「それじゃ物足りない」と思う方もいるかもしれませんが、そもそも社員が自発的な実践をしてくれない会社もあるわけで、そういう会社からしたら羨ましい話だと思います。

ちなみに、結果を褒めると人は育ちません。理由は、確実に結果が出ることしか挑戦しなくなるからです。自分より実力が下の人しか見なくなりますし、結果を捏造することすらあります。
褒めるならプロセス、挑戦を褒めることが大切です。

「何を狙った実践なのか?」の問いに、「商品を売るため」と答えました。そのPOPはとても良くできていて、見た人を惹きつける力がありました。それなのに売れなかったのです。
ここで上司が「どうしてだろう?じゃあ、今一度、このPOPを見た人が感じたことをイメージしてみようか?」と問いを深めました。
部下はイメージができず、答えられなかったため、上司は「仲間に相談してみな」とアドバイスしました。

その日のうちに、部下は報告に来ました。
「POPを見て欲しくなったが、5万円もする商品なので、試しに使ってみないと買えない」という推測を、仲間の知恵を借り導き出したのです。

上司が「次の実践は?」と問うたところ、間髪入れず「POPには『店員に”試しに使ってみたい”とお伝え下さい』と書きます」と答えました。

その後の話を聞いていませんので、結果がどうなったかは知りませんが、素晴らしいコミュニケーションだと思います。

このケースのポイントは、最初は上司‐部下の1対1で行われていた対話を、仲間同士の学び合いに広げたことです。

・職場が学びの宝庫となる。
・実践意欲が刺激される
・仲間に対する感謝、尊敬の気持ちが生まれる。

リーダーは「自慢話をしたくなる相手」になること。
5つの問いを投げかけること。
1対1から集団の学び合いへ移行すること。

この繰り返しで、きっと自律的に学習し続ける組織に進化するでしょう。


▷セミナー、イベント、社内研修のお知らせ

5月23日(木)開講 指示ゼロ経営マスタープログラム10期
・自発的に共創するチームワークの条件 ・短時間で豊かなアイデアを出す会議の進め方
・全員参加のプロジェクトの組み立て方 ・自律型組織特有の部下との接し方
・自発的、継続的にPDCAを回すための仕組み
自分たちで課題を見つけ協働で解決する組織の絶対条件を学びます。

6月26日(水)指示ゼロ経営説明会
指示ゼロ経営の基礎と実践事例をざっくりと学ぶことができます。
今回のテーマは「正しい賃上げの実務」です。無策な賃上げは危険です。賃上げムードを企業力向上の追い風にする基礎知見を学びます。

社内研修、および期間限定顧問契約のご依頼はこちら
みんなで学び一気に指示ゼロ経営の文化を創る。
2024年の受付を開始しました。
現在2社受け付けております。

講演会を開催したい方
所要時間90分。経営計画発表会や新年決起大会の後に!
・自発的に働く意義と愉しさが体感できる。
・事例9連発!「自分たちにもできる」と行動意欲が高まる。
2024年4月以降の予約を受付ております。