「外部の人に聞かせられない話」が会議で増えた時、企業はおかしくなる

今から20年前、当社は、社屋の建て替えを行いました。
従来の社屋は狭く、作業場と事務スペースが同じ部屋にあり、全スタッフが同じフロアで仕事をしていたのです。
社長室も応接室もありません。

新築した社屋は、従来の3倍の敷地面積があり、部門別に部屋を設けることができました。
応接室も作りました。

その結果、引っ越してわずか3か月後に部門間に壁ができ、チームワークが悪くなったのです。
僕と社員との関係にも溝が生じるようになりました。

その原因は、情報の閉鎖性にあります。

旧社屋では、同じフロアに一同が会すので、誰に聞かれても大丈夫な話しかしません。
その会話は、必然的に「全員にとって良い話」になります。

ところが、新社屋では、閉鎖的な空間で会話をしたことで、「自分たち都合」の話が増えました。
そういう話はオープンにできません。
部門を超えた全体会議を行い、情報共有を行うと、何かを隠している匂いがしてしまうのです。

そこで、会議中はドアをフルオープンにすることにしました。
たったこれだけで、会話の内容が自分たち都合から、全体都合に変わりました。

結局、部屋の作りが招く、「自分たち都合」の会話が問題だということが分かったのです。

会話の内容で企業の繁栄が決まると言っても過言ではないと僕は考えています。
今している会話は、他の部署に聞かせられるか? 顧客に聞かせられるか?
もちろん、社外には100%をオープンにすることはできませんが、聞かれて困る話が多いと企業は繁栄しないと考えるのです。

例えば、ある業界団体の会議に出席した時に展開されていた話は次の通りでした。

・訪問販売を強化するための方策
・お客様のお宅に伺った時にドアを開けさせる方法
・新規顧客を獲得するコストを増やすために、既存客へのサービスを減らす

とてもお客様に聞かせられませんね 笑

指示ゼロ経営では、「望みの統合」という概念を大切にします。
(統一ではなく「統合」)
社長が望むことを、社員が同じように望んでいれば、指示・命令がなくても自発的に動いてくれます。
自社の望みとお客様の望みが同じであれば、囲い込みなどしなくてもお客様で居続けてくれますし、お友だちを紹介してくれたりします。

望みが統合されていると、力学が非常に合理になるのです。

統合が起きる時というのは、誰に対してもオープンにできる会議をしている時です。
だから、会議の内容で企業の繁栄が決まると言っても過言ではないと考えるのです。

今度、会議をする時に、「そこにいない人」をイメージして行ってみてはいかがでしょうか?
違和感を感じたら、根本的な改善が必要かもしれません。

指示ゼロ経営を学びたい方へ

23年間に渡る実践と研究知見を様々な形で公開しています。 これまで、企業や教育機関などで1万人以上が学び実践しています。

▼公開セミナーで学ぶ

◉指示ゼロ経営説明会
6月26日(水)開催

指示ゼロ経営の基礎を学ぶことができます。
今回のテーマは「正しい賃上げの実務」です。無策な賃上げは危険です。賃上げムードを企業力向上の追い風にする基礎知見を学びましょう。
⇒詳細はこちら

▼社内研修および期間限定顧問契約

「社内研修」もしくは「期間顧問契約」は現在受付ておりません。2024年8月再開予定です。

みんなで学び一気に文化を創る。
御社の事情に合わせた独自のプログラムを作成し社内研修を行います。
また、期間顧問契約では、パート社員を1人雇用するくらいの費用で、研修と6月間~12ヶ月間の伴走支援をセットで行います。

⇒詳細はこちら

▼講演会を開催する

事例9連発!自発的に働く愉しさを実感!
現在2024年8月以降の開催を3社受け付けております。

新年度のキックオフに
経営計画発表会の後に
業界団体の講演会に

⇒詳細はこちら

▼書籍・動画セミナー・ブログで学ぶ

リーダーが何もしないとうまくいく。指示ゼロ経営