人と組織を伸ばすリーダーがいつも自然体でいる理由

責任感が強い社長ほど、「自分がしっかりせねば」と思い、社長らしい振る舞いをするようになります。
自然なことだと思いますが、自由闊達な組織を阻害する要因にもなります。
振る舞えば振る舞うほど、上限関係を強化するからです。

「もっと自然体で」と口で言うのは簡単ですが、社長といういち役割を持ったいちメンバーというくらいのイメージで良いんじゃないかな?
社長に限らずすべてのマネージャーに言えることだと思います。

そんな力が抜けたリーダーの振る舞いと、チームに与える影響とはどういうものか?
なんてことを今日の記事で考えたいと思います。

1人で悩むリーダー、みんなに相談するリーダー

僕は仕事柄、経営者・マネージャーの方から相談を受けます。
相談のほとんどに対し、僕がお伝えするのは「それは僕ではなくメンバーに相談してください」ということ。
これの意味が分かると指示ゼロ経営の初段だと思っています。

相談者は組織の長として責任感を持っており、ゆえに深く悩むわけですが、指示ゼロ経営の基本は1人で悩まずに三人寄れば文殊の知恵に頼ることです。

しかし、「メンバーに相談すると余計な心配や仕事を増やしてしまう」という方がいます。
それは間違いで、それを共有しないとメンバーは「自分には関係ない」と他人事になり組織の課題解決力が下がってしまうのです。

指示ゼロ経営には「手の内を明かす」という考え方がありますが、リーダーの考えていること、悩みなどをオープンにすることを大切にしています。

偉そうに評価するリーダー、一緒に喜ぶリーダー

リーダーらしい振る舞いの中に「偉そうに評価をする」というものがあります。
メンバーの行動に対し、池上彰さんのように 笑、何が素晴らしいのか?を評価するのです。
しかしながら、これをすればするほど上下関係を強化し、メンバーはリーダーに評価されるかどうか?で自分の行動を決めるようになります。
つまり内発的な動機を失ってしまうのです。

力が抜けたリーダーはそんなことはしません。
ただ喜ぶだけです。
岩手県一関市にある京屋染物店の蜂谷悠介社長は、社員さんの活動に対し「はひふへほ」を伝えます。
「は〜」(感嘆)
「ひ〜」(驚き)
「ふ〜」(感嘆)
「へ〜」(驚き)
「ほ〜」(驚き)

つまり驚いているか感心しているかなのです。

こうしたリアクションは上下関係を生みません。
組織の中の上の立場の人が言っても、下の立場が言っても違和感がない…上下関係とは無縁なコミュニケーションなのです。

とは言っても、上級者は相手をコントロールする意図でやることはありません。
本当に感心しているだけなのです。

というわけでリーダーの仮面を外し自然体でいるケースを2つご紹介しました。
振る舞いの仕方ではなく、その背景にあるマインドをつかみ取っていただければ幸いです。

【採用セミナー 今週土曜日です】

残席5名です。下のバナーをクリックしてね!

【受付中】指示ゼロ経営式 採用術 オンライン講座

「自発的な人材を多く集める」「採用試験で自発性と成果意識が高い人材を見極める」「既存の社員も育つ」
採用活動を通じ組織の底上げを狙います。

【受付中】指示ゼロ経営マスタープログラム第6期

「ゲームで疑似体験し身体で覚える」→「指示ゼロ経営の成立要件を学ぶ」→「現場での再現方法を考える」
この3段階で安全かつ確実に指示ゼロ経営を職場にインストールします。
不人気業種の新聞店から生まれたプログラムです。
かつて強烈なトップダウン組織を自律型組織に変容させたノウハウが全て詰まっています。

【受付中】指示ゼロ経営式 賃金制度構築セミナー

自発性と創造性が高まる。チームワークが良くなる。目標を100%自分事と捉える
会社も社員さんも儲かる全く新しい賃金制度を楽しいゲームで学びます。
みんなで知恵を出し協働して業績を上げ、賃金が上がるゲームを体験しながら、制度と使い方を学びます。

指示ゼロ経営を知りたい方へ
20年間に渡る実践と研究知見を公開しています

まずは手軽に知りたい方

リーダーが何もしないとうまくいく。指示ゼロ経営amazonで好評発売中。

指示ゼロ有料動画詳しくはこちら

イベントの中に「無料相談」もあります。

さらに深く学びたい方

各種セミナー2022年のセミナーの募集が始まりました。
詳しくはこちらをチェックしてね。

本格的に社内に導入したい方

社内研修現在の空き枠は2022年1月は2社、2月は2社、3月は3社です。
詳しくはこちら