当たり前過ぎて疑いもしないものにこそブレークスルーの可能性が潜む

地球平面説という面白い言説があります。
トンデモ論だとは思いますが、僕はこういう発想は嫌いじゃありません。
その昔、地動説を説いたコペルニクスも、証明ができるまでは同じように扱われていたのだと思います。

今、私たちの生活に当たり前にあり、疑うことなく受け入れているものがあります。
例えば、学校、会社、お金、経営の仕組み…多岐にわたります。
当たり前にありすぎて、有史以前からあったかのように錯覚していまいますが、そうではないし決して普遍的なものではないかもしれません。

それらに疑問を投げかけることがとても大切だと思うのです。

僕の大親友に、多田啓二くんがいます。
僕が主宰する夢新聞を単なるワークショップから、全国組織の一般社団法人に成長させた立役者です。

彼は3人のお子さんがいますが、全員、不登校です。
しかも、ここ3年間ほど夫婦揃って無職だった。
子どもたちと関わるためです。

お子さんが不登校なのは、辛抱が足りないとか弱いといったものではなく、本質的に学校が合わないのです。

しかし、彼は悩みました。
「今の時代、学歴がなくて食っていけるのだろうか?」

悩みに悩み、もう思考が止まるほど悩んだ時に、真理に到達しました。
それは、自分がいかに「経済の奴隷」になっていたかということです。
心配の種がすべて経済的なものだったのです。

そもそも、今の教育制度はたかだか150年前にできたものです。
それまでは大工の息子は大工になるというのが慣例でしたが、職業の多様化に伴い、とりあえず基本的な読み書きそろばんができ、どんな職業にも就ける「平均的な人材」が求められ学校が作られました。

当時の経済的な理由なんです。
そのおかげで大量生産・大量消費の経済が実現したわけですが、もう時代は次のフェーズに突入しています。
しかし、教育は変わっていません。

合理的に考えると、時代背景も技術も別世界というほどに変わった今、当時の制度がそのまま当てはまるわけがありません。
読み書きそろばんはマシンがやってくれますし、知識は脳内に収めなくても「外部の脳」(スマホなど)で済みます。

「いや、それじゃ集団行動が…」「基礎的な脳力が…」という人もいますが、学校以外でも習得することができます。

多田くんの息子さんは、制度に収まらず、はみ出た存在…ニュータイプなのです。
だからニュータイプに相応しい教育を自分で開発して、自宅にいながらオンラインを活用した独自の教育を実現しました。

さて、企業に目を向けてみましょう。

組織はピラミッド型じゃなきゃいけないのか?
役職者は必ずいなきゃいけないのか?
8時間働かなくちゃいけないのか?
上司が部下を評価しなきゃちゃいけないのか?
分業制が最善の方法なのか?
売上高は毎年、上がり続けなきゃいけないのか?

およそ100年前に提唱され、今も経営の骨組みになっている「科学的管理法」の名残で、今の時代に合わないのに、「そういうものだ」と疑うことなく続けているものがあるはずです。

それに疑いの目を向ければ、今の時代に合う方法が浮かぶと思います。
ブレークスルーの原点になるかもしれません。

それでは今日も素敵な1日をお過ごしください。

 

【残席わずか 年内のセミナーが出揃いました】

下のバナーをクリックしてね!

【受付中】指示ゼロ経営式 採用術 オンライン講座

「自発的な人材を多く集める」「採用試験で自発性と成果意識が高い人材を見極める」「既存の社員も育つ」
採用活動を通じ組織の底上げを狙います。

【受付中】指示ゼロ経営マスタープログラム第6期

「ゲームで疑似体験し身体で覚える」→「指示ゼロ経営の成立要件を学ぶ」→「現場での再現方法を考える」
この3段階で安全かつ確実に指示ゼロ経営を職場にインストールします。
不人気業種の新聞店から生まれたプログラムです。
かつて強烈なトップダウン組織を自律型組織に変容させたノウハウが全て詰まっています。

【受付中】指示ゼロ経営式 賃金制度構築セミナー

自発性と創造性が高まる。チームワークが良くなる。目標を100%自分事と捉える
会社も社員さんも儲かる全く新しい賃金制度を楽しいゲームで学びます。
みんなで知恵を出し協働して業績を上げ、賃金が上がるゲームを体験しながら、制度と使い方を学びます。

指示ゼロ経営を知りたい方へ
20年間に渡る実践と研究知見を公開しています

まずは手軽に知りたい方

リーダーが何もしないとうまくいく。指示ゼロ経営amazonで好評発売中。

指示ゼロ有料動画詳しくはこちら

イベントの中に「無料相談」もあります。

さらに深く学びたい方

各種セミナー2022年のセミナーの募集が始まりました。
詳しくはこちらをチェックしてね。

本格的に社内に導入したい方

社内研修現在の空き枠は2022年1月は2社、2月は2社、3月は3社です。
詳しくはこちら