モヤモヤ、退屈は未来を切り拓く宝の山

よく、「やる気のない自分が嫌になる」と言う人がいますよね。
これ、すごく面白い言葉だと思っています。
なぜなら、やる気のない自分を嫌がっているもう1人の自分がいるという構図になっているからです。

この2人の自分のうち、どちらかが真の自分かと言えば、「嫌がっている自分」だと考えています。
もっと充実した毎日を送りたい、輝きたい…そう思っている素晴らしい自分がすでにいるということ。

だから、僕はモヤモヤや苛立ち、退屈などの感情は成長の源だと考えています。
真の自分がサインを送っている、ノックと叩いているのだと。

こういう時に大切なことはモヤモヤ、イライラ、退屈をごまかさない事だと思う。
ゲームや飲酒などでごまかさない(反省)
仕事でごまかしてしまうこともあります。
どういう事かというと、「働き蜂は憂いを知らず」という言葉通り、あくせく忙しくしていると悩む暇がないわけですが、同時にノックに耳を塞いでしまうことになると思うのです。

通常時ならOKだと思いますが、自分が次のステージに上がる時には自分と対話する時間をつくることが大切だと思います。
目の前のことから逃げてばかりの人が感じる憂いと、やり切った人の憂いは違うのです。

僕は、23年間新聞販売店の社長をやってきましたが、最後の3年間はずっとモヤモヤしていました。

「自分の生命が何かに向かって動き出している」「何者かになりたがっている」…そんな感覚があり、自分と対話しました。

自分の人生で格別の喜びを感じたこと。
「あの人、かっこいいな」という憧れ。
「これだけは絶対にやりたくない」と感じること。

徹底的に考え、感じ抜いた結果、僕は社長を引退して指示ゼロ経営と夢新聞に集中することにしたのです。

これが正解か?なんて分かりませんし、正解も不正解もないと思います。
この時点での、自分だけの選択をしただけです。

僕がこれまで出会った、生き方を変え、冒険した人のほとんどは、決断するまでに長いモヤモヤ、退屈、疑問を感じていました。

ここで言う「冒険」とは、なにも転職するとか職業を変えるとか、新しい商売を始めるといったものだけではありません。
今いる会社、今のポジションで新たなスタイルを確立した人もいます。

モヤモヤ、イライラ、退屈は、あなたの生命が何者かになりたがっているサインかもしれません。

それでは今日も素敵な1日を!

【現在受付中のセミナー一覧】

下のバナーをクリックしてね!

【残席5】指示ゼロ経営式 採用術 オンライン講座

「自発的な人材を多く集める」「採用試験で自発性と成果意識が高い人材を見極める」「既存の社員も育つ」
採用活動を通じ組織の底上げを狙います。

【残席5】組織の創造性と自律性が高まる賃金制度構築セミナー

賃金が「最高のチームワーク」と「内発的なモチベーション」の柱になる、そんな新しい制度です。

賃金制度が組織に与える影響をゲームで体験します。

【特別企画】実践の物語から学ぶ自律型組織の実務

森の生態系のように、メンバーが自立して全体が調和する

組織のつくり方を物語と体感ワークで学ぶ(リアル&オンライン同時開催)

指示ゼロ経営マスタープログラム

ゲームで指示ゼロ経営を体験し、対話で深い学びに変え、職場で再現する方法を考える
指示ゼロ経営をマスターすることを狙います

指示ゼロ経営の全体像を知りたい方へ

指示ゼロ経営の全体について知りたい方は本、または有料動画がオススメです。

著 書

指示ゼロ経営 リーダーが『何もしない』とうまくいく。
amazonで好評発売中。

有料動画

110分で 指示ゼロ経営 の全体像が分かる有料動画。
こちらでお買い求めいただけます。

指示ゼロ有料動画