リーダーにとって最も重要な仕事は、部下の邪魔をしないこと

リーダーが無自覚なだけで、結構、部下の邪魔をしている

リーダーにとって最も重要な任務の1つが「邪魔をしない」ことだと思います。
リーダー本人に邪魔をしている自覚はなくても、部下は邪魔をされたと感じることが多い。
特に自発性の高いメンバーほどそう感じます。

僕も、何度も邪魔をしてきたと思います。
例えば、部下が自分で考えたアイデアに対し、「こうしたらもっと良くなるよ」とアドバイスをよくしました。
僕に言われれば無視することもできません。
気を遣うという余計な仕事が増えるだけです。

他にも「アレ、どうなってる?」と聞くことも邪魔です。
部下は自分の計画でやっているのに、僕が聞いたために仕事の順番を変えたこともあります。

こうした邪魔は、僕の寂しさから起こるものです。
部下に自発性が育つと、上司との報連相が最小限になりますから。

見守る覚悟が必要だと痛感したのです。

では、邪魔をしない代わりに、リーダーは何をするのが良いでしょうか?
状況やリーダーの性格によって変わりますので正解はありませんが、いくつかのパターンがあると考えています。

邪魔をしない代わりにリーダーがすべきこと

サーヴァント…支援するリーダー

先日、「任せるマネジメント」の著者、住田昌治先生と対談イベントを行いました。
住田先生も「リーダーは邪魔をしないこと」とおっしゃっていました。
その代わり、支援をします。
と言っても、部下が相談に来た時だけです。
その時は「問い」を投げかけ自分で考えることを促します。
また、そのためには、相談しやすい雰囲気が欠かせませんので、人間関係にはすごく気を遣っていることも分かりました。
また、暇そうにしていることが大切だとおっしゃっていました(笑)

学び合いを促すリーダー

僕は、会社にいない事が多かったのでメンバー同士の学び合いを促すスタイルを取りました。
部下から相談を受けた時は、「仲間に相談した?」とチームに帰してしまうのです。
その理由は、学び合うことで皆んなが賢くなるからです。
ただし、この方法は「チーム単位で課題に取り組んでいること」が前提になります。
リーダーが個々に仕事を割り振ると、部下の責任は「自分の仕事を」完遂することになり、学び合いや助け合いは起こりづらいのです。

このようにタイプは様々ですが、共通する大事があります。
それは「君たちならできる」と信頼し、言葉で伝えることです。
失敗することも多いと思いますが、それでも「そこから学び成長する」と信頼することだと。
これなくして人もチームも育たないと思うのです。

さて、こうして育っていくと、リーダーにとって重要なもう1つの任務が待っています。
それは「自慢話を聴くこと」

先ほども書きましたが、育つほどに報連相が少なくなり、事後報告が増えます。
ある時に気づいたのですが、部下が事後報告をする時って、すごく嬉しそうなんです。
「社長、聞いて下さい!」と。
その様子を見て、「ああ、自慢話したいんだな」と思ったのです。

僕にとっては嬉しい時間でしたし、自慢によってスタッフがより育ったと実感しています。

リーダーにとって最も重要な任務の1つは邪魔をしないこと、その意味をお分かりいただけたでしょうか。

それでは今日も邪魔なき1日をお過ごしください!

【現在受付中のセミナー】

下のバナーをクリックしてね!

指示ゼロ経営マスタープログラム

ゲームで指示ゼロ経営を体験し、対話で深い学びに変え、職場で再現する方法を考える
指示ゼロ経営をマスターすることを狙います

指示ゼロ経営 one dayセミナー in 一関市

指示ゼロ経営の基礎を学び、自律型組織を体験できるセミナーを一関市で行います。
会場参加+オンライン参加のハイブリットで開催します。

指示ゼロ経営式 採用術 オンライン講座

「自発的な人材を多く集める」「採用試験で自発性と成果意識が高い人材を見極める」「既存の社員も育つ」
採用活動を通じ組織の底上げを狙います。

組織の創造性と自律性が高まる賃金制度構築セミナー

賃金が「最高のチームワーク」と「内発的なモチベーション」の柱になる、そんな新しい制度です。

賃金制度が組織に与える影響をゲームで体験します。

指示ゼロ経営の全体像を知りたい方へ

指示ゼロ経営の全体について知りたい方は本、または有料動画がオススメです。

著 書

指示ゼロ経営 リーダーが『何もしない』とうまくいく。
amazonで好評発売中。

有料動画

110分で 指示ゼロ経営 の全体像が分かる有料動画。
こちらでお買い求めいただけます。

指示ゼロ有料動画