社員さんが協力してくれない原因は、社長の思いが「狭い」からかもしれない

この時代、リーダーが1人で課題を解決するのは不可能に近いと思います。
社員さんに自分の思いを伝え、知恵を借り、最適な道を切り拓いていくのが新時代のリーダーシップだと考えています。

しかしながら、そのためにはリーダーの「思いの質」が重要で、それで社員さんが知恵、力を貸してくれるかが決まると思うのです。

例えば、ある経営者は、劣等感をバネに起業しました。
ところが、常に社員の離職が絶えず、ついに空中分解をしてしまいました。
その原因は、社長の思いが自己中心的だったからです。

社長は、劣等感を埋めるために起業し、社員を雇い、会社を大きくしました。
しかし、社員からすれば「オレたちは社長の劣等感を満たすために働いているわけじゃない」となりますよね?

自発的に協力をしてくれず、社長はそれが不満で衝突が絶えず、「もう付き合いきれない」と辞めてしまったのです。

「思いの質」とは、自分以外の人の幸せを慮る…思いの範囲だと思うのです。

昨年末、指示ゼロ経営の賃金制度セミナーに参加された経営者から制度構築に関する相談を受けました。
話しを聞いているうちに、僕は1つの提案が浮かんできました。

「今の相談を社員さんにしてみてはどうか?」という提案です。

なぜなら、相談内容が「頑張りが報われる会社にしたい」「社員さんの給与を上げたい」「私1人で金持ちになっても価値がない」…社員さんの幸せを願う言葉しか出てこないのです。

なんなら僕が、社長の思いを代弁しても良いとさえ思うほどの思いでした。

そんな思いを持って賃金制度をつくろうと悩んでいるのだから、社員さんが協力してくれないわけがないですよね?

「私は、こんな思いで、こんな制度を考えているんだけど」と素案を出した上で、一緒に考えることができると思うのです。

経営をややこしくしたり、社員と衝突する最大の原因は、望まないことをやらせようとするからだと、僕は考えています。

よく「自分1人だけが悩み頑張っているのに、社員は無関心」という悩みを聞きますが、それは社員さんが悪いのではなく、もしかしたら思いが狭いことが原因かもしれません。

【現在受付中のセミナー】

下のバナーをクリックしてね!

【受付中】指示ゼロ経営式 採用術 オンライン講座

「自発的な人材を多く集める」「採用試験で自発性と成果意識が高い人材を見極める」「既存の社員も育つ」
採用活動を通じ組織の底上げを狙います。

【受付中】指示ゼロ経営マスタープログラム第6期

「ゲームで疑似体験し身体で覚える」→「指示ゼロ経営の成立要件を学ぶ」→「現場での再現方法を考える」
この3段階で安全かつ確実に指示ゼロ経営を職場にインストールします。
不人気業種の新聞店から生まれたプログラムです。
かつて強烈なトップダウン組織を自律型組織に変容させたノウハウが全て詰まっています。

【受付中】指示ゼロ経営式 賃金制度構築セミナー

自発性と創造性が高まる。チームワークが良くなる。目標を100%自分事と捉える
会社も社員さんも儲かる全く新しい賃金制度を楽しいゲームで学びます。
みんなで知恵を出し協働して業績を上げ、賃金が上がるゲームを体験しながら、制度と使い方を学びます。

指示ゼロ経営を知りたい方へ
20年間に渡る実践と研究知見を公開しています

まずは手軽に知りたい方

リーダーが何もしないとうまくいく。指示ゼロ経営amazonで好評発売中。

指示ゼロ有料動画詳しくはこちら

イベントの中に「無料相談」もあります。

さらに深く学びたい方

各種セミナー2022年のセミナーの募集が始まりました。
詳しくはこちらをチェックしてね。

本格的に社内に導入したい方

社内研修現在の空き枠は2022年1月は2社、2月は2社、3月は3社です。
詳しくはこちら