生きる力とは「可愛がられる力」と「自分の不得手を伝える力」

つい、手を貸したくなる人っていませんか?
困っていたらアドバイスをあげたくなるとか、「大丈夫?」と声をかけたくなるような人です。
一見すると弱者に見えるかもしれませんが、もしかしたら「生きる力」がある人なのかもしれません。

僕の人生には、価値観を変えるような出来事がいくつかあります。
その中で、ある教員の教え方は人生観を変えました。
特別支援学級の子どもたちが社会に出てから、逞しく幸せに生きることを真剣に願い、考えた結果、彼らにとって最も重要な能力は、「可愛がられる力」と「自分の不得手を相手に伝える力」と言うのです。
この力があれば、誰かが助けてくれ、組織内に自分の居場所ができるというのです。
同時に、助けてくれた人も、自分の好きな人の役に立ったという充実感を得られるのです。
みんながハッピーになれるのです。

ダニエル・キムの「成功循環モデル」によると「関係性の質」は「思考の質」と「行動の質」を高め、結果的に「成果の質」に繋がり、再び「関係性の質」に接続され循環します。

「可愛がられる力」と「自分の不得手を相手に伝える力」を持った人が組織に1人いるだけで、助け合いが活性化し、成功の循環に入る可能性が高まります。

可愛がられるには人間力が要ります。
ただ、ヘコヘコと媚びているようなヤツは可愛がられません。
正直、素直、ひたむき、ポンコツ、夢がある…そんな人だと思います。

教員から、この話を聞いた後に職場を見た時に、「特別支援学級の子どもたちに限ったことではない」という気付きを得ました。

いわゆる障害というものは医学的なお墨付きがあるものですが、それがないだけで、みんな、何らかの「障害」を持っています。

どんな人でも、「どうして、あの人はああなんだろう?」と思うようなポンコツ箇所がありますよね。
そんな私たちが社会で生きていくためには、「可愛がられ、自分の不得手を相手に伝える力」が必要だと思うのです。

これは社長やマネージャーも例外ではありません。
そもそも、人材を採用する理由は、社長が1人ではできないからです。
できない理由には2種類あります。1つは、仕事の量が多くて物理的に不可能という理由、もう1つは、能力的に不可能という理由です。
今の時代は後者は切実です。

要するにポンコツなのだから、採用した社員さんに可愛がられ、自分の苦手を伝える力が必要だと思うのです。

今日の話は職場だけでなく、学校でも家庭でも、どんな組織でも言えることだと思います。

是非、今日の記事をメンバーと共有してください。


▷セミナー、イベント、社内研修のお知らせ

4月24日(水)開催 指示ゼロ経営の基礎中の基礎を学ぶ「説明会」
指示ゼロ経営の基礎中の基礎を知ることができます。

5月23日(木)開講 指示ゼロ経営マスタープログラム10期
・自発的に共創するチームワークの条件 ・短時間で豊かなアイデアを出す会議の進め方
・全員参加のプロジェクトの組み立て方 ・自律型組織特有の部下との接し方
・自発的、継続的にPDCAを回すための仕組み
自分たちで課題を見つけ協働で解決する組織の絶対条件を学びます。

社内研修、および期間限定顧問契約のご依頼はこちら
みんなで学び一気に指示ゼロ経営の文化を創る。
2024年の受付を開始しました。
現在2社受け付けております。

講演会を開催したい方
所要時間90分。経営計画発表会や新年決起大会の後に!
・自発的に働く意義と愉しさが体感できる。
・事例9連発!「自分たちにもできる」と行動意欲が高まる。
2024年4月以降の予約を受付ております。