「あなたたち」を 「私たち」と呼べるその時に、企業はステージを上げる

今日は最初にお知らせです。
組織の自律性を無料診断するサービスを始めました。メールアドレスを入れ、20個の設問に答えるだけです。回答終了後、すぐにメールで診断結果が届きます。
料金はかかりません。ぜひ組織の健康診断にご活用ください!
詳細はこちらから!


さて、今日の記事です。
僕は、元ちとせさんの「虹の麓」という曲の歌詞が好きです。

「あなたたちを 私たちと呼べる そのとき長い長い夜は明け 抱きあえるとき同じ想いを抱き 慈しみあうとき 同じ痛みを抱き 慰めあうとき物語はきっと待っている」

人間関係の最高峰のあり方だと思います。

チームワークが素晴らしい会社に行くと、社員さんが「私たち」という言葉をよく使います。
気持ちが1つになっていることが分かります。

一方で、まだ気持ちが1つになれていない組織では、「わたし」と「あなた」、あるいは「私たち」と「あなたたち」の間の溝があります。

その溝が埋まり「私たち」になるにはどうすれば良いのでしょうか?

どんな事業も、最初はたった1人から始まります。
たった1人の「私」です。
やがて、規模が大きくなったり、1人の能力では対応ができなくなり、人を雇うようになります。
採用した当初は、互いに「私」と「あなた」の関係です。
この関係がずっと変わらず続く企業と、「私たち」に進化する企業があります。

後者には、「望みの統合」があります。
リーダーが目指す世界を、社員さんが共感し、実現を望んでいるという状態です。
統合される過程には必ず対話があります。
リーダーの思いを一方的に伝えるのではなく、対等な立場で対話を重ねるのです。
参画した分だけ自分事になるので、最初は、「リーダーの思い」だったものが、やがて「私たちの思い」に昇華します。

対話を重ねるうちに、互いの価値感や夢などを知ると、「互いに豊かなになろう、幸せになろう」という気持ちが生まれます。
これも望みの統合です。

対話が進むと、思いを実現させる方法に話が進みます。方法が書かれたものがいわゆる計画書です。
望みが統合されていると、計画づくりにも社員さんが参画してくれるようになります。
こうなると実現可能性はグッと高まります。

リーダーの思いが独りよがりでは統合は起きません。
顧客や社会にとって素晴らしい価値を提供するから共感が生まれ、望みの統合が起きるわけです。
という事は、その思いを顧客に伝えると、顧客も自分事にして、味方になってくれる可能性が高いのです。
実際に、伝えてみたら、味方になってくれたというケースは多くあります。

望んでいる人は、自らの意思で動くから、アメとムチの使い分けで相手をコントロールするは必要がなくなります。
社員さんは指示命令しなくても仕事をします。
顧客は囲い込みなどしなくても顧客でいてくれるのです。

リーダーも社員さんも顧客も、みんなが主体者になる…「私」が「私たち」になり、その範囲が広がることを繁栄と呼ぶのだと思います。

言い換えると、これが「平和」というものだと思います。

「あなたたちを 私たちと呼べる」その時を信じて、今日も思いを磨き、対話を重ねましょう。


▷セミナー、イベント、社内研修のお知らせ

4月24日(水)開催 指示ゼロ経営の基礎中の基礎を学ぶ「説明会」
指示ゼロ経営の基礎中の基礎を知ることができます。

5月23日(木)開講 指示ゼロ経営マスタープログラム10期
・自発的に共創するチームワークの条件 ・短時間で豊かなアイデアを出す会議の進め方
・全員参加のプロジェクトの組み立て方 ・自律型組織特有の部下との接し方
・自発的、継続的にPDCAを回すための仕組み
自分たちで課題を見つけ協働で解決する組織の絶対条件を学びます。

社内研修、および期間限定顧問契約のご依頼はこちら
みんなで学び一気に指示ゼロ経営の文化を創る。
2024年の受付を開始しました。
現在2社受け付けております。

講演会を開催したい方
所要時間90分。経営計画発表会や新年決起大会の後に!
・自発的に働く意義と愉しさが体感できる。
・事例9連発!「自分たちにもできる」と行動意欲が高まる。
2024年4月以降の予約を受付ております。