指示ゼロ経営を「指示をしない経営」と捉え、苦しんでいる人に読んで欲しいブログ

僕が「指示ゼロ経営」というネーミングを付けたのは2011年のことです。
20年以上取り組んできた独自の自律型組織に、何かキャッチーな名前を付けたくて考えたのです。
「なかなか刺激的だな」と我ながら満足していたのですが、このネーミングにより、「指示・命令のない会社を目指す」という誤解が生じることになりました。

「指示しちゃいけない。でも、言うべきことは言わなきゃいけない」…そんなジレンマに苦しむ人が出てしまったのです。

指示ゼロ経営は、指示・命令のない会社を目指すわけではありません。
指示・命令をしないと会社が良くなるわけでもありません。

いい会社になると指示・命令がなくなるのです。
社員さんと一緒に「いい会社」をつくっていく過程で、指示命令がなくなるという現象が起きるのです。

では、いい会社とはどんな会社でしょうか?
「これが正解」というものはなく、会社によって違います。

しかし、少なくとも、お客様から預かった車を壊して保険金を受け取るような会社を、いい会社と思う人はいません。
経営陣が、「いい会社=利益が上がる会社」と利益至上主義に陥ると、社員は望まないことをやらされることになります。
それが不正でなくとも、望まないことをやらせるためには、アメとムチの使い分けによるコントロールが必要になります。

そんな状態では、仕事や会社に対する前向きな気持ちは持てず、自分事になりません。

利益ばかり要求されると気持が荒み、人間関係が破壊され、チームワークが悪くなります。
結果、内部から崩壊し、経営陣が望む利益が逃げていくのです。

いい会社とどんな会社なのか?
僕はこれまで、多くの社内研修でこの問いを投げかけるワークを行ってきましたが、どんな会社でも普遍的な意見が出ます。

大きく分けると2つの要件に分けることができます。

1、社内の状態…人間関係、チームワーク、働きがい、成長、働きやすさ、賃金など。
2、顧客からみた状態…お客様に役立ち、喜ばれる仕事がしたいという思い。

当然のことですが、商いはお客様に喜ばれ、役に立つから成り立つわけです。
その喜びをつくるのは働く人たちです。ワクワクと仕事を愉しんでいると、素晴らしい創造性が発揮され、業績が上がり、賃金も増えるのです。

いい会社にする方法は社員さんが知っていています。
それを基に事業計画を立てるのです。

人は、自分が参画した分だけ、物事を自分事にします。
自分が望むことは、指示されずとも自発的に取り組みます。

社員さんと一緒に「いい会社」をつくっていく過程で、「指示命令がなくなる」という現象が起きるとはこういうことなのです。

繰り返しになりますが、指示ゼロ経営は、指示・命令のない会社を目指すわけではありません。

誤解なきように、よろしくお願いします!

指示ゼロ経営を学びたい方へ

23年間に渡る実践と研究知見を様々な形で公開しています。 これまで、企業や教育機関などで1万人以上が学び実践しています。

▼公開セミナーで学ぶ

◉指示ゼロ経営マスタープログラム10期
5月23日(木)開講 全5回コース

指示ゼロ経営の全てを学ぶ唯一の講座
⇒詳細はこちら

 

◉指示ゼロ経営説明会
6月26日(水)開催

指示ゼロ経営の基礎を学ぶことができます。
今回のテーマは「正しい賃上げの実務」です。無策な賃上げは危険です。賃上げムードを企業力向上の追い風にする基礎知見を学びましょう。
⇒詳細はこちら

▼社内研修および期間限定顧問契約

「社内研修」もしくは「期間顧問契約」は現在1社のみ受け付けております

みんなで学び一気に文化を創る。
御社の事情に合わせた独自のプログラムを作成し社内研修を行います。
また、期間顧問契約では、パート社員を1人雇用するくらいの費用で、研修と6月間~12ヶ月間の伴走支援をセットで行います。

⇒詳細はこちら

▼講演会を開催する

事例9連発!自発的に働く愉しさを実感!

新年度のキックオフに
経営計画発表会の後に
業界団体の講演会に人手

⇒詳細はこちら

▼書籍・動画セミナー・ブログで学ぶ

リーダーが何もしないとうまくいく。指示ゼロ経営