「結果を出せ」のひとことが結果を出せない原因になる

ビジネスの世界には、どう見ても相反する考え方が飛び交っています。
例えば、物事はロジカルに考えよ!という声もあれば、直感を大切にせよ!という人もいます。
ゴールを設定し、そこへの最短の道のりを描けという人もいれば、自然の流れに身を委ねろという人もいます。

どっちなん?と迷いますが、状況や段階によって最適なものは変わるのだと思います。

僕を悩ませた相反する考え方があります。
それは、「常に数値(結果)を意識せよ」と「結果よりも目の前のお客様を大切にせよ」というものです。
結果を意識しないと仕事がゆるくなります。一方で、目がギラギラした人からは買いたくありません。

どっちなん?
この悩みに答えてくれたのがトップアスリートのメンタルトレーニングをしている方です。
アスリートの時間は大きく「練習」と「試合」に分けられます。
練習が95%、試合は5%ほどでしょうか。

練習は非常に辛いので目標(勝利)を意識しないと耐えられないと言います。
一方で、試合をしている時は、勝ち負けや他人の評価が一切気にならない、今ここに深く集中している「フロー」の状態が求められる。

メンタルトレーナーは、これがビジネスにも当てはまると言いました。
スポーツと逆で、ビジネスでは練習が5%、試合(本番)は95%です。
練習とは計画立案や研修などの時間、試合は直接的な業務に携わる時間ね。

これを使い分けることが大切だと思います。
特にリーダー。
試合(業務)中に「目標を意識しろよ」とか言わないこと。
「成果を上げれば賞与が増えるぞ」とニンジンをぶら下げないこと。

「今ここ」から意識を反らす言葉、アメとムチの使い分けは創造性を破壊します。
これに関しては心理学者による実証実験で明らかになっています。
↓詳しくはこの記事をお読みください。
「頑張っても成果が出ない、愉しんだ時に成果が出る」

実証実験からは、単純作業であればアメとムチの使い分けでも成果が出ますが、知恵の要る仕事の場合は逆効果で、創造性を破壊することが分かっています。

今は、あらゆる現場で創造性が求められる時代になりました。
以前はマニュアル通りに動いていれば良かった人にも、おもてなしなんて高度な事が求められる時代になりました。

練習と試合の使い分け、特にリーダー、マネージャーは現場の調子を乱さないように中止が必要だと思います。

【お見逃しなく!年内のセミナーが出揃いました】

下のバナーをクリックしてね!

【受付中】指示ゼロ経営マスタープログラム

ゲームで指示ゼロ経営を体験し、対話で深い学びに変え、職場で再現する方法を考える
指示ゼロ経営をマスターすることを狙います

【特別企画】実践の物語から学ぶ自律型組織の実務

森の生態系のように、メンバーが自立して全体が調和する

組織のつくり方を物語と体感ワークで学ぶ(リアル&オンライン同時開催)

【終了】指示ゼロ経営式 採用術 オンライン講座

「自発的な人材を多く集める」「採用試験で自発性と成果意識が高い人材を見極める」「既存の社員も育つ」
採用活動を通じ組織の底上げを狙います。

【満員御礼】組織の創造性と自律性が高まる賃金制度構築セミナー

賃金が「最高のチームワーク」と「内発的なモチベーション」の柱になる、そんな新しい制度です。

賃金制度が組織に与える影響をゲームで体験します。

指示ゼロ経営を知りたい方へ
20年間に渡る実践と研究知見を公開しています

まずは手軽に知りたい方

リーダーが何もしないとうまくいく。指示ゼロ経営amazonで好評発売中。

指示ゼロ有料動画詳しくはこちら

イベントの中に「無料相談」もあります。

さらに深く学びたい方

各種セミナー年内のセミナーが出揃いました。
詳しくはこちらをチェックしてね。

本格的に社内に導入したい方

社内研修現在の空き枠は10月1社、11月1社
12月2社です。詳しくはこちら