*

指示待ち社員が自ら考え、チームで力を合わせるようになる経営

IMG_9040

先週、諏訪商工会議所の主催で指示ゼロ経営セミナーをやりました。
定員50名のところ60名以上の方が参加してくれ、すごく盛り上がりました。

改めて自律型組織への関心が高まっているのだと実感しました。

今、非常に多くの社長が社員に自発性を求めています。
それだけ時代が変わった。

生活者が求めるものが高度で多様化している今、創造性が必要になりますが、それは画一的な管理の下では発揮されません。
より自由闊達な組織づくりが求められるのです。

今は、何か正解か誰にも分からない時代

昔、大量生産・大量消費の時代は画一的な管理体制が効果を上げました。
生活者が求めるものが分かりやすく「これが正解」という単一解があった時代です。
その時代に求められる能力は、パズルを解くような能力です。
完成形があり、効率よくピースを埋める作業です。

その時代における能力は「早く、正しく、従順に」
僕とは正反対(笑)

しかし、今は生活の欲求が高度で複雑になってきています。
心の豊かさを求めていると言われますが、それは定量化ができない抽象的な世界です。
生活者も自分が欲しいものがよく分からないのです。

提供した時に「そうそう、こういうのが欲しかったのよ!」って世界です。

こういう時代に求められる力はブロックの「レゴ」を組み立てる能力です。
「これが完成形」という単一解がない。

ものすごく創造性が求められますよね。

そうした能力が発揮されるかどうかは、環境によると考えています。
そして、それが指示ゼロ経営が目指す組織づくりです。

組織が社長の指揮下ではなく自律的に動き出す

指示ゼロ経営の考え方はとてもシンプルです。

「指示・命令をしなくても、社員たちが社長が掲げるビジョンに向かい、自ら考え、力を合わせ行動する環境を整える」

これだけです。

「環境を創る」というのがポイントです。
人は、生来的に積極的で自律的である、そして集団は賢いという信頼のもとチームのダイナミズムが発揮されるような環境を創ります。

って何言ってるか分かりませんよね?(笑)

指示ゼロ経営が定着すると…
社長は社員1人1人を教育することがなくなります。
指示することがなくなりますし、教えることも減ります。
褒めることもなくなりますし、叱ることもなくなります。
報連相もなくなります。
(厳密には事後報告だけが来るようになります)

僕のセミナーに参加された方は分かりますよね?

チームの中に、これまでリーダーがやっていた役割が埋め込まれるのです。
で、自然発生的、自律的に誰かが、都度、役割を担うようになります。

指示命令では発揮されない社員1人1人の個性、才能、創造性が発揮され、互いに学び合い最高のチームワークを形成し、社長も驚くような成果を上げるようになります。

何よりも、社員の個性が歓迎され必要とされる姿、助け合い学び合うチームワークには感動を覚えますよ。

と、なんだか宣伝ぽくなってしまいましたが(笑)今、そしてこれからの時代にマッチした組織形態だと思います。
それでは今週も素敵な日々をお送りください!

 

 

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
勉強熱心は良いことだが、学んだ知識に縛られ発想が乏しくなっていないか?

学ぶことは人生を、ビジネスを豊かにしますが時として学ぶことでバカになる

人は善良で真面目ゆえに会社を機能不全にしてしまう

よく「仕事が終わったら次の仕事を探せ」と言いますよね? 就業中は暇な時

何度言ってもミスをする社員が一緒で変わった「ある情報」とは?

誰にでもケアレスミスはありますが、現場のミスは顧客離れに繋がるので、で

人間関係の摩擦に「上手に折り合いをつけ」成果を出せるのがプロ集団

職場に人間関係の摩擦はつきもので、避けることは難しいと思います。 和気

小学6年生の少年から学ぶ「あえて他人と違う道を選ぶ生き方」

今、そしてこれまでの人生で何かに熱中した経験は誰にもあると思います。