*

UFOの目撃情報が広がる仕組みを商売に活かす

先日、僕はUFO騒動を起こしてしまいました。
FBでご存知の方もいると思いますが、今日は、今回の騒動で気づいたことを書きます。

人は、他人が知らないこと事を話したい

お客様からの一報でUFOの飛来(?)を知ったんですが、電話をくれた方もそうだし、僕もそうだし、集まった人たちもそうなんですが、みんな「誰かに教えたい」という純粋な思いがあり、騒動が広がったわけです。

IMG_7799
集まった近所の人たち

12032650_889222017830978_2110455510274108561_o
地元の1面を飾ってしまった(笑)

あ、正体は10キロほど離れた町でやっていた「よさこい」のサーチライトでした(笑)

「他人が知らないことを話したい」…この気持は、企業を活性化させる1つのポイントだと考えています。
社員が、お客様に、お客様が友人に、思わず教えてあげたくなる「何か」が必要だと考えます。
そして、それは何も、お店にグレイがいたってネタじゃなくてもいい(笑)

「意図を持って仕掛ける企画」だという話です。
小さなものでいいから、お客様が思わず期待に胸を高鳴らせる仕掛けをする企業は、まずもって社員がお客様に喋る、そしてお客様が友人に喋ります。

例えば、アップルって新機種が出る前に「リーク」がありますよね?
狙ってやってんじゃないの?って思いますが、リークがあっても不思議ではないですよね?

だって、お客様がものすごく期待しているし、新機能が刺激的だから。
つい喋りたくなる。

僕のお気に入りの書籍に「ぼくがジョブズに教えたこと」があります。
ジョブズが師と仰ぐノーラン・ブッシュネル氏の著書です。

その中に、「社内に秘密があると組織は活性化する」というコーナーがあります。
秘密というのは、まだ公表できない、お客様がビックリする仕掛けのこと。

仕掛けた瞬間に、色んな人を通じて、あっという間に広がるネタです。

これは小さな会社でも実行可能だと考えています。

自分たちが「これ、お客様に教えたい」と思える活動をすること

僕が尊敬する友人に、新潟の田舎町でスーパーを経営する鈴木紀夫さんがいます。
スーパーは、いかにも町のスーパーって感じで、お世辞にも洗練されている感じではないのですが(すみません…)、非常に業績が良い。
いわゆる、地域の冷蔵庫の役割…つまり日用食品もありますが、そうではない商品が増えていて、その売上比率が大きくなっています。

それは鈴木さんが発掘してきた商品たちです。

先日、彼と3日間を過ごしました。
その間、ランチにディナーに、お土産にと色んなものを食べたのですが、美味しいものに出会うと、必ずこう言うんです。

「これ、お客様に紹介したい!!」

UFOを見て電話をする時の心境と同じで、教えたくて興奮しているんですね。

IMG_7642

手を挙げている人が鈴木さん

彼は全国から商品を探しては自店発行のニューズレターで紹介していますので、お客様の期待が高まる。
スタッフも「早く売りたい」と思う。

それが広がりのエネルギー源になっていると感じました。
この仕組みは、SNSが発達した今の時代にマッチしていますしね。

まずは、自分たちが「これ、お客様に教えたい」と思える活動をすることから始まると考えています。

セールス、マーケティングの概念が根底から変わる時代、そんな事を感じています。

それでは今日も素敵な1日を!

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
上司が教えなくても自分で勝手に答えを見つける質問術

「大切なことは何度も言う」「口酸っぱく伝える」…社長、上司が一生懸命な

「実現したい!」と思う経営計画書にしたければ物語を盛り込むべし

組織が活性化しない原因は、社員が悪いわけでも人材育成のやり方に問題があ

社員は心から職場を「安全な場」と思って働いているか?

人間は恐怖を感じると自分の身を守ることに集中しますよね? 本能だから当

任せるから育つのか? 育ったから任せることができるのか?

「早く社員に任せたいが、まだ社員に自発性が育っていないから任せられない

社員1人1人が自己実現できる舞台が会社だと思う

僕は夢を持つことはとても大切だと思っていますが「夢は追わない方が良い」