「サンタはいるの?」と聞かれたら…こういう回答ができる大人になりたい

おはようございます。

明日はクリスマスイブですね。
今日の祝日をロマンチックに過ごしている方も多いと思います。
だから僕もビジネス記事は書きません。
ビジネスで成功することよりも大切なこと、人生が少し豊かになるような記事を書きますね。

以前にYahoo!知恵袋に面白い質問と回答がありました。

小学生からの質問で「サンタはいますか?」というものでした。
「絶対にいると思う。親は絶対に選ばないようなプレゼントをくれるから」

santa

それに対する回答が、ロマンチックで美しくて誠実で気に入りました。
僕もそんな回答ができる人になりたいと思った。

「サンタはいます。ただ昔のように自分でおもちゃを作って自分で配達することができないのです。DSやipodはサンタには作れませんし、配達もしきれない。そして今は、防犯に気を使うので鍵を開けて入ることもできない。そこで、おもちゃメーカー配送業者、親などの力を借りているのです。みんなが少しづつ『サンタさんのかわりにやりますよ』という思いでやっている。そして大切なことは、協力する人たちはみんな『このプレゼントを受け取った人が幸せになるといいな』と思っていることです。」

かっこいいよね。

本当にサンタクロースがいるような気がしてきた。

あ、誰がいないと決めつけたんだっけ。

いつまでもロマンを感じる心を忘れたくない。
ユーモアと誠実さを合わせ持てる大人になりたい。

そう思いました。

それでは素敵なイブのイブをお過ごし下さい。

また明日!

 

 

 

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket