*

お客様があなたを選ぶ「意外な理由」

おはようございます。
今日と明日は、夢新聞協会「一般社団法人ドリーム・ペーパー・コミュニケーションズ」の認定講座があります。
僕が講師を務めます。
ちょっと緊張しています。

さて、先日、腹が減って冷蔵庫を開けたらすごく懐かしいものが出てきました。
「プッチンプリン」
今でも普通にスーパーやコンビニに売っていますが、食べないから目に入らないんだよね。
それが冷蔵庫を開けて、突然目に飛び込んできたものだから、急に昔の記憶がグラッシュバックされました。

IMG_5910

土曜日の半日授業が終わって、家に帰ってきて冷蔵庫を開けてプッチンプリンとお皿を用意する。
つまみを折ってぷりんと落ちたプリンが皿の上で震えている。
まさに「プリン」という語感にふさわしい佇まいを見ながら、明日の日曜日の計画を立てる。
一番幸せな土曜日の午後です。

プッチンプリンを開発した人は天才だと思う。
容器に入ったプリンよりも、お皿に盛った状態の方が美味しく感じますよね。
多分そこにこだわって、あのポキっと折る「つまみ」が開発されたのだと思います。

でも、僕は少し違う視点を持っています。
子どもたちは、単にプリンを食べたいのではなく、一連の儀式を体験したくて選んでいるのではないか?と。
だってワクワクするじゃん。
ポキっと折ってぷりんと落ちる、あの瞬間って。
味で言えば、もっとい美味しいプリンもありますが、プッチンだけが圧倒的ロングセラーなのは、その体験にあるのでは?と考えています。

選ばれる理由は、何も合理的なものとは限りません。
もっと感性の領域で、お客様はあなたのお店の「意外な部分」を気に入っているかもしれません。

「感覚的に気持ちいい」

何かありそうですよね?

さて、これから会場セッティングに行ってきます!

また明日。

 

 

 

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
部下から「上司のおかげです」と言われたら育成に失敗したと考える

人は認められたい生き物です。他人からの承認は大切ですが、だからといって

創造性は身に付けようと思った瞬間に遠ざかる

「創造性の時代」だと言われて久しいです。 正解がない時代に正解を出す、

ヤル気ゼロのあの人がハイモチベーションになったのはなぜか?

人は自らつくり出した変化によってモチベートされるモチベーションが低

開始時間には厳しいのに終了時間にはルーズな会社は成長しない

制限時間を設定すると時間内に終わらせてしまうものいつも定時に仕事が

朝令暮改に対応できる組織づくりはどのようにすればできるのか?

他人に振り回されると人は仕事が嫌いになる事業計画を立てている会社は