*

【終了】離職率は下げる前に一度上げろ!燃えるチームの創り方

離職率の高さに悩む中小企業経営者は多いと思います。
でも、定着率が高いことが必ずしも良いとは限りません。
何の変化も起きない組織では、まったりと定着率が高まる傾向にあります。
果たしてそれが良いのか?…疑問ですよね?

もちろん労働環境や人間関係が劣悪で離職率が高いのは改善が必要ですが、挑戦しないことで起きる「まったり定着」は企業の成長力を奪います。

挑戦をすれば一定の社員は辞めていきます。
それは悪いことではなく「好転反応」だと考えます。


方針を明確にすると辞める社員が出るのは当然のこと

人材の新陳代謝を繰り返しチームのレベルは上がっていきます。

その時に、リーダーはどう考え、どう手を打てば良いのか?
事例を紹介しながら、みんなで考え学ぶショートセミナーを行います。

【こんな方に最適です】

◆先代から引き継ぎ、これから自分の組織を創ろうと考えている方
◆変化が必要だと分かっていても、社員がついて来れるか不安な方
◆労働環境を改善し、良い人材の流出を防ぎたい方

【セミナー内容】

◆企業に変化を起こす「社長のビジョン創造力」
◆全員が共感してくれなくてい。2割の共感を集めろ
◆やらない社員ではなく、やっている社員に目を向けろ
◆やっている社員の行動を他に伝播させろ
◆社員が辞めた時に、取るべき行動、やってはいけない行動
◆人員を増やさなくても残業は減らせる
◆仕事の手順を変えるだけで時間は短縮できる
◆チーム全体で最適な状態を創り出せ

【開催要項】

■日時:2018年2月26日(月)13:00~17:00(開場:12:30)
※セミナー終了後、懇親会を行います。
■場所:たくらみベース(株式会社たくらみ屋 大阪本社)
550-0002 大阪市西区江戸堀1丁目10-11 マルイト江戸堀ビル201号
地下鉄四つ橋線 肥後橋駅7番出口より徒歩1分
https://takuramiya.com/hideaway/

■主催:株式会社たくらみ屋
■講師:森本繁生(たくらみ屋)&米澤晋也(たくらみ屋)
■定員:20名
■参加費:10,000円(税込み)
■お申込み方法:下記フォームよりお申し込みください
■お支払い方法:2月23日(金)までに下記口座へお振り込み下さい。
※手数料はご負担下さいませ。

お振込先:りそな銀行 泉北支店
(銀行コード0010  店番号227)
普通 0363902 カ)タクラミヤ
(株式会社たくらみ屋)

お名前
会社名
TEL
メールアドレス
メールアドレス(確認)
参加人数
懇親会
懇親会参加人数
お問い合わせなど

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
社員がワクワクと仕事に取り組む一番手っ取り早い方法

社員の自発性とヤル気を高めるには、社員を教育して変えようとするのではな

チームワークは社長の為でもなく会社の為でもなく、自分のために必要

「そもそもチームワークはなぜ大切なのか?」…僕は、昔そんなことを真剣に

目標管理で成功するための基本と3つのステップ

目標の設定の仕方は細心の注意が必要だと思います。 社員の自発性や創造性

過去の成功体験に縛られずイノベーションを起こすにはどうすれば良いのか?

イノベーションには「創造的破壊」が必要だと言われます。 本当にその通り

自分で考えずに成功している事例を参考にするとロクなことにならない

今は正解のない時代だと言われています。 それは自社だけの解、自分だけの