*

部署で小じんまりと固まらずに、部署を超えたたくらみができる会社にしよう

企業には組織があります。
組織図で表すことができる、キッチリとした体系がありますよね?
それは、仕事の流れが効率化されるという利点とともに、環境変化に弱いという弱点があります。
「組織が邪魔をして新しいことができない」…そんな悩みを抱える人は多いと思います。
 
今は、変化が激しい時代。
だから、柔軟に組織の形が変わる、まるでアメーバのような体系が良いと考えています。

最初に組織はつくらない。アイデアに人が集う組織化が理想

キッチリとした組織で起こる弊害の典型に、製造部と営業部の対立があります。
今は良いスペックの製品を作っても売れるとは限らない時代です。
製造部は「良い製品を作ったのに売れないのは営業が悪い」と言う。
営業部は「オレたちがこんなに頑張っても売れないのは製品が悪いから」と言う。
よく聞く話ですよね?
これ、両者の言い分が正しいと思います。
それぞれが頑張っているもん。
売れない原因は「たくらみ」を一緒にやらないからだと思います。
 
合同たくらみを実際にやっている企業もあります。
商品を開発する段階で、色んな部署の人間が集い、「誰にとって、どんな良いことがある商品なのか?」を話し合い、それが実現できる商品を作る。
営業は「誰」が明確になっていると活動がしやすいでしょ?
 
「企画ごとに、その都度組織される」…そんな柔軟性が必要だと考えます。
 
そもそも組織は何かをやるために結成されるものです。
「アイデアがあって初めて組織ができる」それが順序だと考えます。
 
この構図だと、そのアイデアの実現に関心が高い人が自発的に集まることができます。
 
一方で、硬直化した組織には「最初に組織して、やることを決める」という特徴があります。
商工会でも、各種会議所でも、PTAでも、そして企業でも、そんな構図が見られます。
これだと関心が低いから自発的な集団にならないのです。
 
アイデアに人が集い勝手に組織化される…そんな柔軟性が求められると考えます。

自由にアイデアを出せる環境が必須

柔軟性の高い組織をつくるためには、常に社内にアイデアが溢れている状態が必要です。
でも、これがなかなかできていない。
振り返っていただきたいのですが、この1週間、社員さから新しいアイデアは出たでしょうか?多くの企業が「NO」だと思います。
 
それは社員さんが悪いわけではなく、そういう環境になっていないからです。
「アイデアを出しても聞いてくれない」
「バカにされそう、否定されそう」
「そもそも、アイデアが必要だと伝えていない」
そんな環境ではアイデアが出ない、というより出そうともしないと思います。
 
数年前に岐阜の未来工業さんにお邪魔した時に、社内のいたるところにこんな札が掲げてありました。
 
IMG_0856
 
さらに、いつでもアイデアを表明できるように「提案箱」が設置してありました。
どんな些細なものでもOKという優しさがあります。
 
IMG_0857
 
さらに出したアイデアがどうなったのか?成果もちゃんと張り出されいます。
 
IMG_0852
 
出たアイデアを実現させる、それ専用の少人数のチームが必要になります。
新たに組織ができるというわけ。
別に新しい社員を雇うわけではなく、今いる社員さんの中から選抜チームをつくる必要があります。
 
基本的な組織としては製造部も営業部も総務部もある。
でも、一方でその縛りを超えたチームが自然発生的に生まれる。
とても柔軟で変化に強い集団だと思います。
 
「アイデアが先、組織は後」…アメーバのように自然発生的する組織が理想だと思います。
 
それでは今日も素敵な1日を!
The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
商売を「喜びの循環」の視点で観るとやるべき事が見えてくる

商売は利益ばかり追っていると儲からない、人の喜びを追求すると永く繁栄す

これからはキッチリとしたカタチのない「フローな経営」が上手くいく

これからの時代の経営は「できるだけカタチをつくらない方が上手くいく」と

共に和を創る会社を目指そう

世の中には様々なノウハウがありますが、それを取り入れ成功する会社とそう

僕が高校生にアドバイスした、強烈な管理下で自由を手にする思考

僕のブログは経営者、経営幹部に向けた記事が中心ですが、結構、社員さんが

賃金に「◯◯手当」といった成果報酬をつけない方が良い理由

社員の賃金に「◯◯手当」といったインセンティブ(成果報酬)をつけている