*

タウンページのカテゴリーに収まらない新しい職業をつくってしまおう!

もう既存の職業カテゴリーが通用しない!?

タウンページって便利なようで不便だと感じています。
同じようにグルメサイトも。
 
例えばね、最近自宅のWi-Fiが調子悪いんです。
ルーターに問題があるのか?PCに問題があるのか?…素人の僕には分かりません。
そこで業者を調べるんですが、どこに聞けば良いか分からないんです。
で、結局、いつもお世話になっているゼロックスに電話をして、いつも3時間以内解決してくれて助かっています。
 
こういう時に相談される存在って強いですよね?
ゼロックスって、タウンページを開くと「プリンター業者」のカテゴリーに載っているんですが、実際は「ビジネス支援業」です。
モノじゃなくコトと言いますが、まさに地で行っていると思います。
 
グルメサイトも行きたいお店を見つけるのに苦労します。
イタリアンとかフレンチとか、ジャンルで選ばない時です。
僕が知りたいのは、例えば「カミさんと旅行で行きたいんだけど、量はそんなに多くないけど、気の利いた料理が出る店」とか、抽象的な情報です。
ようするに妻と、酒を飲みながら思い出をつくりたいのです。
だから、そんな時は、その土地のレストランに詳しそうな友人に聞きます。
 
生活者が知りたがっている情報がこれまでとは全く違ってきている、そう実感しています。
だから「◯◯屋」といったタウンページ的なカテゴリーが通用しなくなっていると思います。
同じイタリアンレストランでも、そこで体験できるものが違うとなると、もう異業種と言っても過言じゃないよね?
 
この視点に立つと、今って、生活者の欲求が多様で抽象的になってきているから、新しい職種、職業が生まれるエキサイティングな時代だと考えています。

「あなただから出来ること」が職業になる

新しい職業を作った友人がいます。
岡庭勇太さんという20代のイケメンです。
 
okaniwa
 
職業は「HP」
「なんじゃそら?」って感じですが、「ヒューマン・プランナー」のことです。
それでも「なんじゃそら?」って感じだと思いますが、要するに、「ワクワクと充実した人生を送るためのお手伝いをする屋さん」です。
岡庭くんのブログはコチラ
 
タウンページには載ってないよね?
働き方、生き方…仕事もプライベートも併せて、その人らしい充実した人生を送ることを目指す職業です。
 
今はモノの豊かさではなく「心の豊かさの時代」だと言われていますよね?
それって、よく消費の話として使われます。
冒頭の、Wi-Fiの話とかね。
 
でも、働き方でも同じことが言えますよね。
お金のためだけでなく、仕事を通じて人生を豊かにしたいという欲求を持った人はものすごく多い。
 
岡庭くんは、自身の病んだ経験があるからこそ、その重要性を知っているのです。
まさに彼だからできる職業であり、自分自身を「ヒューマン・プラン」した結果です。
 
僕がいつも言う、「人は、その人だから出来ることがあり生まれてきたのだとしたら、その個性で人に喜ばれた時に人生が開花する」という信念に似ていると思いました。
 
あなただから創造できる「心の豊かさ」があると僕は信じています。
それが具体的なカタチ…商品名と価格がついた時に、それはこれまでにない新しい職業になると思います。
 
そうなったら人生、すごく充実すると思います。
 
それでは今日も、あなただけの価値を創造しましょう!
The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
これからはキッチリとしたカタチのない「フローな経営」が上手くいく

これからの時代の経営は「できるだけカタチをつくらない方が上手くいく」と

共に和を創る会社を目指そう

世の中には様々なノウハウがありますが、それを取り入れ成功する会社とそう

僕が高校生にアドバイスした、強烈な管理下で自由を手にする思考

僕のブログは経営者、経営幹部に向けた記事が中心ですが、結構、社員さんが

賃金に「◯◯手当」といった成果報酬をつけない方が良い理由

社員の賃金に「◯◯手当」といったインセンティブ(成果報酬)をつけている

組織の創造性を高める表彰制度 創造性を破壊する表彰制度

表彰制度を取り入れている会社は多いと思います。社員のモチベーション