*

小さくて個性的な地元のお店が、僕たちの思い出を創ってくれた

僕は、全国どの地方都市も同じような風景…大きな道沿いを大手の看板が埋め尽くす風景が美しいと思えません。
風景だけ見たら区別がつかないほどに、あの電機店、あの紳士服店、あのハンバーガーショップの看板で埋め尽くされている。

僕も利用するし、なくなったら不便だと思います。
でも、もう、地方都市の個性は大きな道沿いには少なくなりました。

一方で、どんな街にも昔から地元のお客様で成り立っている小さなお店があります。
そこに美しい光景が広がっていると思います。

僕の街には美味しいうなぎ屋さんがあります。
ふる里の味と言いますが、僕の町の代表はうなぎだと思います。
みんなその味で育ったから、帰省すると多くの人がうなぎ屋さんに殺到して、この時期は予約が取れません。

天竜川沿いの狭い道沿いにあるからクルマのすれ違いに苦労します。

だからいつも歩いて行きます。
IMG_0108

子どもの頃、親戚が集まると必ず行きました。
セミがけたたましく鳴く住宅街を歩くと、どこかの家から甲子園のラジオ中継が漏れてくる。
店に近づくと、うなぎの香ばしい匂いが漂ってくる。

僕は、こういう風景が美しいと思います。
だから、小さな商店にはがんばって欲しい。

また、こうした当たり前の風景の中から幸せを感じられる感性を大切にしたいと思います。

便利であれば幸せか?

そんなことを思いながら、これから歩いて新盆まわりに行きます。
その中には、その昔、個性的な商店を営んでいた方もいます。

最高のリスペクトを込めて手を合わせたいと思います。

それでは素敵なお盆にしてください!

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
手を休めることなく働いている会社は危険。適度なゆとりが儲かる会社の秘訣

1人1人が手を休める暇もなく働いている会社はダメ助け合うチームは成

伝説のゲームから学ぶ、仕事を楽しいものに変える3つのポイント

世の中には仕事が楽しくてしょうがないという人もいます。一方で苦痛だと感

社員が「ご機嫌で」働くことを目的に置いた企業が繁栄する時代になった

社員の幸せと業績には相関関係がある僕が社会人になった頃、「足で稼ぐ

社長と同じように会社を思う社員が欲しければ「統合の経営」をせよ

多くの経営者の悩みに「社員の他人事」があると思います。 会社の業績に関

10年後に若者から選ばれる会社になるために今すべき事

僕がPTAをやっていた時に「お子さんにどんな人に育って欲しいか?」とい