*

商売を「笑売」に、商工会を「笑交会」に

「商いは飽きない」と言いますが本当に飽きることのない愉しい世界だと思います。
また、商売は「笑売」と言う人もいます。
別にお笑い芸人でなくても、例え葬儀社であっても、喜びの創造であることに変わりはありませんよね?

「喜びの創造」…その基本は絶対に忘れちゃいけない、そう考えます。
逆にそれを忘れて、やれ◯◯理論やら◯◯戦略なんてカッコつけていると商売は繁栄しないと思います。

インテリな横文字を使わなくてもいい。

なぜ、ビジネスは難しい用語だらけになったのか?

その昔、渋沢栄一翁は日本経済の発展を目的として、商工会、日本経済新聞社、一橋大学などの設立に貢献しました。
日本経済新聞社は弊社の取引先ですが、その事を承知している社員は少ないと思います。
会社が大きくなってピカピカのビジネスパーソンが増えた。
使う言葉も難しい。

「ステークホルダーがコミットメントできるだけのエビデンスを整え、相互のシナジーが最大化するようにアジェンダを考えるべき」

ウチのハルちゃん(柴犬♀)の英語の方が分かりやすい。
数字を1個だけしか言えないが(笑)

商売はいつからこんなに難解になったのだ?と思います。

さて、そんな中、とても素敵な商工会議所の職員と出会いました。
先月、指示ゼロ経営セミナーを企画、コーディネートしてくれた中沢源雄さんです。
(写真、、左から、僕→大石壮太郎社長→中沢原雄さん)

IMG_8741

先日、中沢さんと、セミナーでゲスト講師をしてくれた大石さんと打ち上げをしました。
その中で、すごく分かりやすい日本語で自分がやりたいことを語ってくれました。

「笑交会」の設立。

まさに「喜びの創造」に立脚した事業構想でした。

心を使っているだけが心の豊かさの時代に対応できる

商売が笑売なら、商工会は「笑幸会」だと中沢さんが言いました。
上手いこと言うな〜と思っていたら、大石社長が「それを一歩進めて『笑交会』ってのはどう?」と返しました。

「笑いが交わる会」

渋沢栄一翁は天国で微笑んでいると思います。
商売を学ぶために一橋大学がある。
情報媒体として日本経済新聞がある。
商人が学び合い創発するために商工会がある。

本来の目的に立脚した再構築のビジョンだと思いました。
「景気が悪い〜」とか不吉な様相で傷を舐め合う場ではなく、前向きな商人が笑顔で交わり未来を創る場ができたら、そこから斬新なアイデアが生まれると考えます。

商売運も良くなるよね。

現代の生活者が求める「心の豊かさ」に対応するためには、こちらも心を駆使しなくちゃいけません。
理屈と計算で解が出る領域ではない。
心で思いつくものだと考えます。

ピカピカのビジネスパーソンが好きな言葉の1つに「ジャストアイデア」(ただの思いつき)があります。
論理性に欠けるという揶揄が入った言葉ですが、1%のヒラメキがなければ99%の努力はしようもありません。

そしてヒラメキの多くは「笑交会」から生まれます。
商工会だけじゃなく社内にも「笑交会」が必要ですね。

創発できる場は商売が「笑売」になり、やがて「笑倍」になり繁栄の波に乗って行くのだと思います。

今日も笑顔で仕事をしましょうね!

それではまた明日。

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
他人事な社員が仕事を自分事と捉えるには「働き方」のビジョンが必要

企業の活性化にビジョンは欠かせません。 目を閉じれば情景が浮かんでくる

嘘でもいいから飛躍した未来を描く!社長のための未来創造ワークショップ

「今の仕事をもっと工夫して頑張ればもっと成果が出る」…そんな会社は多分

あなたの会社を救うのは数パーセントの好奇心旺盛な社員たちである

自発的に動く社員は「風土」でつくられる指示されないと動かない、挑戦

管理教育で育った人が企業で自発的に行動するようになるには?

象を子どもの頃からクサリでつなぎ行動範囲を制限すると、大人になってクサ

人材育成は足し算よりも「引き算」で上手くいく

日本には「引き算の美学」があります。 英語で言うと "Simple"