*

たまには仮面を脱いで、子どもゴコロを解放しよう!

昨日は、松本市で「子どもゴコロ解放パーティ」をやりました。
服屋さんを借りきって、ワインとおいしいピザと音楽に包まれ、子どもゴコロを思いっきり解放しました。

普段、僕たちは何かしらの「仮面」をかぶって生きています。
「社長の仮面」「親の仮面」「社会人の仮面」…

仮面をかぶることで、本来の自分が抑圧されてしまいます。
特に、子どもゴコロが抑圧されると感情の不具合を起こし、心に影ができてしまいます。

それを思いっきり解き放つためのイベントです。
今回で3回目、だいぶ定着してきました。

普段、店員さんに気を遣ったり、恥ずかしさから敬遠しがちな服を思いっきり着てみる。
すると「意外といいじゃん!」ってなる。
見たこともないカッコいい自分が鏡に映ると、仮面がはがれ心が軽くなります。

12814204_579353922214538_675977373218586111_n

12809695_986635008081251_6655293569831898855_n

その勢いで踊る。
僕がDJを担当したのですが、ファンキーなダンスチューンで自分を表現する。

「踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らにゃ損損」ってわけ。

 

12802752_986635104747908_197691903409027818_n

世の中「◯◯すべき」「せねばならない」が多い。
それはしかたがない事だけど、だからこそたまに自分のインナーチャイルドを解放すると良いんだよね!

こんな曲にカラダを揺らしながら…

The Salsoul Orchestra Feat Loleatta Holloway

“Runaway”

 

Everything’s gonna be alright.
ワクワクすることに積極的なあなたが大好きです!

 

 

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
人の心に響く言葉を使うリーダーは、どんな言葉を選んでいるのか?

組織開発とリーダーが使う言葉には大きな相関関係があると思います。 元気

上司が教えなくても自分で勝手に答えを見つける質問術

「大切なことは何度も言う」「口酸っぱく伝える」…社長、上司が一生懸命な

「実現したい!」と思う経営計画書にしたければ物語を盛り込むべし

組織が活性化しない原因は、社員が悪いわけでも人材育成のやり方に問題があ

社員は心から職場を「安全な場」と思って働いているか?

人間は恐怖を感じると自分の身を守ることに集中しますよね? 本能だから当

任せるから育つのか? 育ったから任せることができるのか?

「早く社員に任せたいが、まだ社員に自発性が育っていないから任せられない