*

真剣な社長は人を育てる。深刻な社長は組織の場を壊す

point02

人は環境に順応する生き物です。
だから、人材育成の最も重要な要件は「育つ環境を整備すること」だと考えます。
誰でも、その環境に身を置けば出来る様になる、そんな場づくりです。

部下を指導しても「いい感じ」の接客はできるようにならない

例えば、感じの良い接客をするお店ってありますよね?
「感じが良い」って言葉で定義しづらい領域です。
マニュアルが通用しない、感性で身につけるものです。

僕は、感じが良いお店に共通することの1つに「みんながご機嫌で働いている」ということがあると考えています。

「ご機嫌」

これって指導すれば出来るようになるのもじゃない。
ご機嫌になれる環境を創ることでしか実現しません。

先日、あるレストランに入ったら、店長と思しき人が接客のことで部下を叱っていました。
昔、松下幸之助翁が、お店を潰す秘訣に「お客様の前で部下を叱ること」と言っていましたが、こちらの機嫌まで悪くなってしまいます(笑)

福が逃げるよね。

この店長がすべき事は、部下を指導することではなく「いい感じ」で接客できるような環境を創ることだと思います。

「もっといい感じで接客しなさい!」
「ハイ!教官!」(古っ)

これはないですね(笑)

「きっと良くなる」という、人生に対する信頼があるか?

技術は研修で身につきますし、仕組みづくりも大切ですが、お客様が本当に求める「真の心地よさ」は場づくりでしか実現しないと考えます。

みんながご機嫌で働いていれば、お客様にとって心地よい場ができる。
そう考いうこと。

じゃあ、どうすればそういう場ができるかといえば、それはリーダー自身がご機嫌でいることです。

でも、自分の機嫌をとるって結構難しい。
重い責任を課せられたリーダーなら尚更ですよね?

じゃあ、どうすればご機嫌でいられるの?って話です。

ご機嫌でいるリーダーには「真剣さ」はあっても「深刻さ」がないと思います。

良い意味で楽天的。

深刻に陥る時って、目の前の事象に縛られている時です。
その先が見えなくなっている時。

受験生の多くは深刻に陥ります。
受験の成否で人生が決まると思ってしまうんですね。
でも「受験が全てではない」…そう思えた時に気持ちが楽になり、真剣になれるのだと思う。

広い視野と、先を見据え「きっと良くなる」という、人生に対する信頼があって初めてできることだと考えます。

何が起きるか分からないけど、自分が乗り越えられないことは起こらない。
それはある種の「諦め」だと思います。

それができると「起こっても、怒らない」でいられるのかな?

それでは今日も素敵な1日をお過ごしください!

誰も縛らない、誰にも縛られないあなたが大好きです!

 

 

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
勉強熱心は良いことだが、学んだ知識に縛られ発想が乏しくなっていないか?

学ぶことは人生を、ビジネスを豊かにしますが時として学ぶことでバカになる

人は善良で真面目ゆえに会社を機能不全にしてしまう

よく「仕事が終わったら次の仕事を探せ」と言いますよね? 就業中は暇な時

何度言ってもミスをする社員が一緒で変わった「ある情報」とは?

誰にでもケアレスミスはありますが、現場のミスは顧客離れに繋がるので、で

人間関係の摩擦に「上手に折り合いをつけ」成果を出せるのがプロ集団

職場に人間関係の摩擦はつきもので、避けることは難しいと思います。 和気

小学6年生の少年から学ぶ「あえて他人と違う道を選ぶ生き方」

今、そしてこれまでの人生で何かに熱中した経験は誰にもあると思います。