*

夢は、1人で描くよりみんなで描いた方がいい

昨日は、スターバックスコーヒーで夢新聞ワークショップを行いました。
定員8名のところ13名の参加希望があり、急遽、会場レイアウトを変えていただきました。

スターバックスコーヒーは「地域コミュニティーへの貢献」という指針を持っています。
カフェって、僕のように第二の職場として使う人もいますが、ほとんどが誰かと会う場として使っていると思います。

会って何かを話す。
打ち合わせだったり、愚痴を言い合ってスッキリしたり…

昨日、行った夢新聞は、夢を語り、夢と夢が出会う場でした。

夢は、自分ひとりで描くより、みんなで描いて語り合った方が楽しく、上手くいくと思います。

スターバックスっていつも選曲が良いんですが、昨日かかっていたこの曲はシビレましたね〜

夢に向かって走り出そう、そんな気持ちになれる曲です。

Sheryl Crow

「Peaceful Feeling」

 

Everything’s gonna be alright.

ワクワクすることに積極的なあなたが大好きです。

 

 

 

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
人口減少社会でも繁栄する商売の創り方

本格的な人口減少社会に突入しました。 日本中、ほとんどの企業が大きな影

責任は「取るもの」ではない「果たすもの」である

仕事に責任はつきものです。 誰だって無責任な人は嫌いですよね? 「言っ

あなたが情熱を感じてきた事が、あなたの事業の未来を形づくる

「◯◯すべき」という言葉が多い会社は窮屈で自由な発想が生まれません。

現場のことは現場で解決する…主体的な現場を創るための社長の心得

企業でよく「末端」って言葉を使いますよね? 「末端の人たちの仕事」なん

何屋といったカテゴリーに縛られず「自分の表現の場」と考えると道が拓ける

タウンページにある業種のカテゴリーが役に立たない時代になったと実感して