ヒットにはニーズに応えたものと、人を魅了したものがある

80年代〜90年代の邦楽の歌詞って今にしてみると面白い。
日本語に混じり、突然英語が出てくるでしょ?

サビだけ急に英語になったり、突然「雨上がりのストリートに佇むキミはアナザーデイ」とか(笑)
意味がわからんのもある、あ、今のは僕がテキトーに考えたんだけど(笑)
当時はそれがかっこよかったけど、今は日本語を大切にしている歌が好きです。

歌詞の内容も、恋愛、家族愛、友情など、人にまつわるものが多いけど、絵画的な曲が好き。
風景を音にしたような曲。

ブラジルを代表するアーティストに、セルジオ・メンデスがいます。
独自のスタイルでボサ・ノヴァを世界に広めた人です。
彼の曲に、今の季節を音にしたような、田舎の新緑を表現した曲があります。
使ったモチーフは「カエル」

普通、使わないでしょ?カエルなんて(笑
僕が知るかぎり、「カエルの歌」しか知らない。
歌詞は、言語なし、ゲロゲロ言っているだけ。
そんな曲をヒットさせちゃうんだからすごいよね〜

媚びない、自分の世界に人を誘い魅了する。
商売もそうでありたいですね。

 

Everything’s gonna be alright.
ワクワクすることに積極的なあなたが大好きです。

 

 

 

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket