以前から言われる「これからは中小企業の時代」という言葉に真実味が帯びてきた

今、社会で起きている様々な問題は「土台無理なことに挑戦している」ということに起因していると考えています。
例えるならば、20歳を過ぎて、これ以上身長が伸びないのに、何とか伸ばそうとするようなものです。

「身長」にあたるものは「大量生産・大量消費で成長する経済」です。

最近、僕はGDPの成長率に関心があり調べたのですが、1950年〜1990年くらいの間にピークを迎え、その後は鈍化傾向に転じています。
NHKの「生活満足度」の調査でも、この時期から「生活に満足している」という回答が増え、現在では、満足が86%が占めています。

歴史を紐解くと、人類はずっと物質的な欠乏と戦ってきました。
ビジネスの役割は欠乏からの解放で、解放と比例してGDPを伸ばしてきました。

もう、そのミッションはほぼ完了したと言って良いのです。
加え、日本は人口減少期に入りました。それなのに伸ばそうとすれば歪が生まれ、心を病む人が増えるのは当然です。

モノの市場は大手が得意とします。規模のメリットを活かし、高品質なモノを安価で売ることができます。大多数の消費者が望むモノを大量に作り、新聞広告やテレビCMでガンガン宣伝し、消費者の生活者シーンに押し込んできました。
しかし、市場が減っていく環境では、熾烈な競争が繰り広げられ、勝った者がすべてを総取りすることになります。

心の充足の時代は中小企業が活躍します。
近所の酒屋には、店主がセレクトした美味しいワインがありますが、その多くが生産数が限られているので、大手は相手にしません。店主のお陰で個性的なワインを買うことができ、家族で豊かな食卓を囲むことができています。

これまた近所の食堂は、メニューはどこにでもある普通の店ですが、店主が温かく、第2の我が家にようにくつろぐことができます。常連客は「ファミレスには行きたくない」と言います。

両店とも、それが「お金を稼ぐために必要だから」ではなく「そうしたいから」という動機でやっていることも大きな特徴で、そこに従事する人にとっても心の充足を生みます。
大量生産の働き方は、指示ゼロ経営とは違い、徹底した管理下で分業化されます。顧客の顔も観えません。すると、自分が誰かに喜ばれているという、働く上での至高の悦びを得ることができません。
そもそも、顧客がモノを買った時に感謝することがないのです。
モノの世界でないものが、心の充足の世界にはたくさんありますし、上限はありません。

伸びなくなったら、心の成熟を目指すのは、人間もビジネスも同じだと思います。

モノの充足が画一なのに対し、心の充足は多様なので、それに応えられるのは小さな企業しかありませ。

自社はどんな心の充足を提供するのか?
あなたは何を目指しますか?

記事が面白かったという方は、是非「読者登録」をしてください。
読者限定セミナーや無料相談など、登録者限定の秘匿情報があります。

それでは今日も素敵な1日をお過ごし下さい!


▷セミナー、イベント、社内研修のお知らせ

4月24日(水)開催 指示ゼロ経営の基礎中の基礎を学ぶ「説明会」
指示ゼロ経営の基礎中の基礎を知ることができます。

5月23日(木)開講 指示ゼロ経営マスタープログラム10期
・自発的に共創するチームワークの条件 ・短時間で豊かなアイデアを出す会議の進め方
・全員参加のプロジェクトの組み立て方 ・自律型組織特有の部下との接し方
・自発的、継続的にPDCAを回すための仕組み
自分たちで課題を見つけ協働で解決する組織の絶対条件を学びます。

社内研修、および期間限定顧問契約のご依頼はこちら
みんなで学び一気に指示ゼロ経営の文化を創る。
2024年の受付を開始しました。
現在2社受け付けております。

講演会を開催したい方
所要時間90分。経営計画発表会や新年決起大会の後に!
・自発的に働く意義と愉しさが体感できる。
・事例9連発!「自分たちにもできる」と行動意欲が高まる。
2024年4月以降の予約を受付ております。