*

社員のサボりや不正をなくすための監視より効果的な方法

社員や上司の目を盗んでサボる、不正を働く…そんなことが起きたら悲しいですよね。
その防止に様々な策が練られますが、その多くは徒労に終わっています。
どんなに管理、監視を強化しても抜け穴はあるからね。
さらに、監視には大きなコストが必要ですので決して得策とは言えないと思います。

監視をせずに、どうすればサボりや不正がなくなるのか?…今日はそんな記事です!

ダイドーのレンタル傘はなぜ返却率が高いのか?

先日、ネットで面白い話を目にしました。
「傘は天下のまわりもの」ということで、福井市の女子高生らが慈善活動で「愛の傘」という傘の無料貸し出しサービスをしていたそうです。
「していた」と表現したのは今はしていないからです。
返却率がすごく悪く活動に終止符を打たざるを得なくなったそうです。
この話を聞いた多くの方が「日本人のモラルは地に落ちた」とネットに書き込みをしていました。
てか、女子高生たちの教育に悪いよね…

その一方で、ダイドーの無料レンタル傘は返却率が7割を超えているそうです。
2015年から始めたこのサービスは、ダイドーの自販機に傘が入ったボックスがついていて自由に持っていける仕組みになっています。
返却率が7割を超えることについて、ネット上のコメントは「やはり日本人の道徳心は高い」というのが大半でした。
どっちなの?って感じですが、その要因を同社はこう分析しています。

まず、傘の品質が高いこと。
返さないと罪悪感を感じるほどしっかりした傘であることが高返却率の要因の1つだと考えているのです。
そして、一番大きな要因は傘に「DyDo」のロゴが付いていることです。
誰の目にも「あの人、利用したな」と分かる…つまり、人の目を気にするからちゃんと返すというわけ。
的を射ているし、人間の本質が見える分析だと思いました。

もともと日本は村社会です。
変な事をする人が出ないように、互いに監視し合うことで安心を担保してきました。
だから、コミュニティの目がある時…災害の時の配給は並ぶことができる一方で、コミュニティから外れた旅では「恥のかき捨て」ができてしまうと言います。
(参考文献:日本の「安心」はなぜ消えたのか? 山岸俊男 著)

この話を聞くと「サボりや不正をなくすためには『みんなの目』を活用すれば良いのか?」となりがちですが、そうではないと僕は考えています。

その理由は監視は「しない」ことには効果的ですが「する」には弱いからです。

信頼で成り立つ集団はコストは低減されるしクリエイティブにもなる

村社会では、変な行動を「しない」ことを促しますが、同時に斬新なことを「する」ことも妨害してしまいます。
村社会的な企業って「みんなと同じ」を最優して、飛び抜けることを嫌いますよね。
だから変われない。
時代に取り残されてしまいますよね。
時代が大きく変わろうとしている今、そんな風土では生き残れないと思います。
「しない」ではなく「する、やる」を促す風土が必要だよね。

だから「信頼で成り立つ」という風土に変える必要があると考えるのです。
1人1人が独立した個性的な存在でいる、でも1つの目的・目標に向かい繋がっている集団です。
指示ゼロ経営的な集団ね。

この風土はジャズのジャムセッションに似ていると思います。
ジャムセッションはプレーヤー1人1人が自由に演奏します。
楽譜はなく、基本的なコード進行だけ決めて演奏に入るのですが、最初はぎこちないんだよね。でも時間が経つと、だんだんと息が合ってくるんです。
1人1人の個性が最高に発揮されながらも全体が調和する、その時のグルーブたるや鳥肌モノです。

非常に創造性を発揮する集団のあり方ですが、これって互いの信頼関係で成り立つカタチだと思います。

そんな風土では変な不正は少ないと思います。
なぜなら、みんながその風土を愛するからです。
安心を監視が確保してくれる村社会とは違い、1人1人の行動に責任が生じるからです。
大切なものを傷つけたりしないと思います。
監視にかかるコストも低減されます。
絶対とは言えませんが「しない」が抱えるリスクよりも「する」で発生するリスクを取る時代と考えています。

もし、自社が村社会的な集団であれば、それを変えるのは容易なことじゃないと思います。
でも、変えられるのは社長の決断しかありません。
創造的、建設的な破壊を社長自ら起こすことだと思います。

それでは今日も素敵な1日をお過ごし下さい!

 

【現在受付中のセミナー】

■脱人材不足!自発的な人財を集める採用術セミナー
「知名度が低いから」「小さな会社だから」…色んな理由が上がりますが、それは違うと思います。
小さな会社でも自発性が高い人財は集まります。
「求人広告には求職者が知りたい情報を書く」「その企業に夢を感じる」「既存社員が、採用と育成に関わる」の3つの条件で採用は改善します。
詳しくはこちらをご覧ください!
http://www.shijizero.jp/archives/4957

■【第5回たくらみ合宿 受講者募集中です】

業界の常識を覆す飛躍的なたくらみを具体的ななカタチに!
たくらみを社内外に伝染させムーブメントを起こす!
2泊3日の合宿です。
http://www.shijizero.jp/archives/5020

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
僕が高校生にアドバイスした、強烈な管理下で自由を手にする思考

僕のブログは経営者、経営幹部に向けた記事が中心ですが、結構、社員さんが

賃金に「◯◯手当」といった成果報酬をつけない方が良い理由

社員の賃金に「◯◯手当」といったインセンティブ(成果報酬)をつけている

組織の創造性を高める表彰制度 創造性を破壊する表彰制度

表彰制度を取り入れている会社は多いと思います。社員のモチベーション

任せるとは「信頼はするが期待はしない、失敗した場合は自分で責任を取ること」

「任せるのが怖い」「任せたのについ口を出してしまう」「任せたのに期待を

道義を優先させ利益を後回しにする事が繁栄の法則だと思う

「先義後利」という言葉があります。道義を優先させ、利益を後回しにす