*

【受付中】全員参加で会社の未来を創る「BMR研修」

公開日: : 最終更新日:2017/01/27 BMR研修, セミナー情報, 特にオススメ記事

「社長が掲げるビジョンに向かい、1人1人が個性を発揮しながら自発性と最高のチームワークを発揮し行動する組織を創る」

これが夢新聞を活用した「BMR研修」(Beings Management Resources研修)の狙いです。

※夢新聞とは、個人や企業の夢・目標が実現した未来を描くワークショップです。未来の日付を入れ、実現した様子を絵と文章で表現します。

新聞に載るような飛躍した目標を描くことで思考の枠が広がります。

これまでに全国5500人以上が参加しました。(2017年1月時点)

導入のメリット

■社長のビジョンがイキイキとした動画のようにリアリティを持つ。

■社員さんがその実現を強く望み「我々のビジョン」と捉え当事者意識が生まれる。

■社員さんが自分の才能、特性を発見し、それを活用した計画を立てることができる。

■チームの目的のために自分にできることを自ら立候補し行動する体験学習ができる。

プログラムの内容

1、個人の強み、個性を発見する「マイストーリー・マトリクス・ワーク」

2、チームの真の重要性を再発見する「スクエアパズルワーク」

3、社長が自社のビジョンを社員さんの前でプレゼン。

4、社長・経営陣は新聞の1面を作成。社員さんは社長のビジョン実現のためにできることを、部署(支店など)ごとに考え、部署の未来物語を1枚の新聞に描きます。そこには「マイストーリー・マトリクス・ワーク」で発見した1人1人の強みを活かした個人の活躍が書かれます。チームワークの重要性…自発的に役割を決め行動する大切さを身をもって体験できます。

また、部署間の連携、助け合いなど、実際の現場を想定したプログラムになっています。

社員数1人(社長を含め2人)から数百人規模まで対応できます。

※実際の様子はこちらの記事を御覧ください!
「SUMIYA化粧品店さま」

「山本呉服店さま」

「ロマン産業さま」

IMG_9228

IMG_2789

■費用(すべて税別価格です)
社員数6名以下の場合15万円
社員数10人~20人の場合20万円
社員数20名以上の場合30万円
※別途、交通費、宿泊が必要な場合は宿泊費を頂きます。

■研修時間:およそ6時間

■お申込み・お問い合わせは下記フォームからお願いします。

お問い合わせ内容*
(複数選択ができます)
お名前*
メールアドレス
メールアドレス(確認用)*
会社名
お電話番号*
※連絡がつきやすい番号をご記入くださいませ。
備考欄
※できるだけ詳しくお問い合わせ内容をご記入くださいませ。

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
社員が育たないのは社長が社員を子ども扱いしているから

社員が一人前にならない原因は、社員を子ども扱いしているから、僕はそ

「まずやる」「後で改善、修正しよう」…最もシンプルな成功法則

道は頭で考えても見つからない、行動で観えてくる

才能や能力を、それを持っていない人のために使う人が繁栄する

以前に、師匠に「キミの才能は、その才能をもっていない人のためにある」と

これからの人材育成は「教え育む」から「教え合い、学び合う」に変わる

社員研修に力を入れている企業は多いと思いますが、社長の期待通りの効

常識を疑うと常識に縛られてしまう。常識から解放される王道とは?

「常識を疑う」…よく聞く言葉ですが、簡単なようで結構難しいことだと