*

協調性を「みんなに合わせる力」と捉えると、組織の活力は低下する

公開日: : 最終更新日:2016/12/15 組織育成

昨日は北海道、旭川で指示ゼロ経営セミナーでした。
グループワーク中心で進めますが、とてもハイレベルだった。
1人1人が個性的なのに、みんなで力を合わせられるってすごい。
今日は、協調性について考えたいと思います。
IMG_1587

ちーんとした組織だったらバラバラな方が良い

企業が社員に求める能力の上位に「協調性」が来ますよね?
協調性がなく場を壊す人は嫌われますからね。
でもね、協調性を「みんなに合わせる力」と捉えると、それはそれで組織は活性化しません。
そんなものは馴れ合いだもん。

僕は馴れ合っている組織だったら、協調性がとれていないバラバラ状態の方がマシだと考えています。
なぜならば、個性が発揮されているから、次は彼らのコラボに進化する可能性を秘めているからです。

集団には3つのフェーズがあると言われています。
1つは村社会、もしくはボスの支配が強く抑圧されている状態です。
どちらも個を発揮することはできない。
協調性を強要すると暗黙のうちに村社会ができる危険性があるんだよね。

2つ目は、個は発揮されているけど衝突してバラバラな状態ね。
3つ目は、個を発揮したままセッションする状態で、これが抜群の創造性を発揮します。

3番目が理想ですが、もし1段階目にいるとしたら、とりあえず自分の考えを自由に言える2段階目に持っていくことが大切です。

個を発揮しながらコラボする組織を創る

JAZZのジャムセッションが3段階目の状態です。
指揮者がいずに1人1人が個性を思いきり発揮しているでしょ?
そうすると、最初は合わずにチグハグするんです。
それが、1人のプレーヤーがノッてくると、それに触発された仲間がフォローするという形でセッションになっていきます。
息が合った瞬間の何とも言えないグルーブ感、宇宙と一体化したような興奮は病みつきになります。

会社の組織も同じだと思います。

最初からまわりに合わせるのは協調性とは言いません。
上司の指示に従順に従うのも協調性じゃない。
個性を発揮できる、時には突っ走ることができる雰囲気が大切ですね。

そのためには管理は緩い方が良い。
何から何まで事細かく決められていたら参加の余地がないもんね。

目的地は決まっている。
それをみんなが望んでいる。
大まかなシナリオがあって、皮算用したらシナリオ通りに行けば目的が達成できるという確信がある。

そうなったら、後は、そのシナリオの演者(社員)に最適な演技をしてもらえばいい。

そうやってダイナミックな組織ができる、そう考えています。
さて、これから長野に戻ります!
あなたも素敵な1日をお過ごしください!

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
経営は「自分の望み」を「みんなの望み」に昇華される営み

成長する事業かどうか?のモノサシの1つは「メディアが取り上げる」「

儲かる会社、社員の自発性が高い会社には「たくらみ」がある

企業の活動はここぞという時に、一気に波に乗ることが大切だと思います

自然界に矛盾はない。経営の歪は社長の「力づく」が生んでいる

「押してダメなら引いてみる」という名言があります。 自然

よく行動する社員を育てたかったら「失敗してもいい」と伝えよう

僕はセミナー講師として、参加者の多くが実践してくれることを望みます

アイデアを確実に形にするために、まず最初にやるべきたった1つのこと

何か新しいことを始めようとアイデア会議を行った。 「じゃ