*

社員のヤル気と成果は、お客様に喜ばれる仕事をしているかどうかで決まる

社員が自発的に動くためには、言われなくても動きたくなるように仕事を面白くする必要がある、いつもそう考えています。
社員を教育しても自発性はなかなか高まりません。
仕事を変える方が手っ取り早いのです。

どういう仕事だったら面白いか?
今日はそんなことを考えてみました。

現場は正解を知っている。現場感覚は正しい

僕が、社員研修の依頼を受け現場を観察すると、ある共通項が見つかるんです。
それは、現場のスタッフはお客様に喜ばれることが大好きだということ。
今、お世話になっている会社もFBの投稿を見ると、お客様と仲良くなるための仕事が多い。

これは現場の正しい感覚だと思います。

「喜ばれることが楽しい」
そして、それが成果に繋がることを知っているからです。
IMG_8687
現場から離れたお偉いさんの考えは理屈は正しいが、そうは問屋が卸さないって事が多いです。よくあるのが「足繁くお客様のもとに通い、ニーズを聞き出して、個々のお客様に合った提案をしなさい」ってやつ。
確かにそうだけど、そもそもお客様は会ってくれないし、会ってくれても自分のプライベートな情報は話してくれません。

そのことを現場スタッフはよく知っているから、まずは人間関係をつくろうとするわけです。

人間関係があるのとないのとではこんなにも差が出る

以前に、新聞店を経営する友人が食品を販売したことがあります。
その時の細かなデータを見せてくれたんですが、とても頷けるものだった。

1個900円ほどの食品なのですが、既存客には2.5%の反応がありました。
対し、新規客(お付き合いのないお客様)の反応率は、たった0.35%だった。
その差、なんと7.1倍!

その理由は明白ですよね?

人間関係があるかないか?です。

友人がその結果を見て気づいたことは「営業を仕掛ける時には、全てが決まっている」ってこと。
日頃から地域の方との関係性づくりが大切だということです。

人間関係を創るためには、相手に喜ばれることをしなきゃいけません。
自分の個性を発揮して「面白い人」「気になる」と思われないといけない。

簡単ではないが、とても面白い仕事ですよね。
そして、それが成果に直結する。

これが言われなくてもやる、自発性の源だと考えています。

さて、今日は旭川で指示ゼロ経営「販売を面白くするバージョン」です!
どんな出会いがあるか楽しみです!

あなたも素敵な1日をお過ごしください!

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
商売を「喜びの循環」の視点で観るとやるべき事が見えてくる

商売は利益ばかり追っていると儲からない、人の喜びを追求すると永く繁栄す

これからはキッチリとしたカタチのない「フローな経営」が上手くいく

これからの時代の経営は「できるだけカタチをつくらない方が上手くいく」と

共に和を創る会社を目指そう

世の中には様々なノウハウがありますが、それを取り入れ成功する会社とそう

僕が高校生にアドバイスした、強烈な管理下で自由を手にする思考

僕のブログは経営者、経営幹部に向けた記事が中心ですが、結構、社員さんが

賃金に「◯◯手当」といった成果報酬をつけない方が良い理由

社員の賃金に「◯◯手当」といったインセンティブ(成果報酬)をつけている